196: 修羅場ステーション 2018/07/05(木)16:40:18 ID:tI4
長いこと盲目だった。思い出すと相手にも自分にも腹が立つ。

当時私学生20歳一人暮らし。
元彼とはバイト先の工場で知り合った(30歳、バツイチ、社員)
喪女の私に頻繁にお出かけの誘いや告白をしてきた。
初めは断ってたけど、なんか気になり始めちゃって交際開始。

私は元彼にとって結構生意気な女だったらしい。
ちょっとしたお願いでも、嫌だったり面倒だったらはっきり断る(例えば「学校終わったらバイト先に会いに来て」とか「腹減ったからなんか買ってくるか作って」とか)
それでも8、9割のお願いは叶えてたけど。

1ヵ月も経てば私が嫌だと断ると軽くビンタされるか、手首を壁とかに押さえつけられる(手首に手形の痣ができるくらいの強さ)ようになった。
ガタイが良くて体育会系だった私は、友達に指摘されるまでそれがDVだとは気付けなかった。
DVとは分かったものの、元彼に伝えもしなければDVに怯えて元彼の言うことを聞く、ということもなかった。

なんだかんだで3ヵ月経過(この間に私は別の理由でバイトを辞めたので元彼ともあまり会わなくなった)
ある日の私の誕生日に元彼の車で少し遠出した。
自然公園で池の周りを散歩してると、
池の中に魚がいたので近付いた。
そして元彼と普通に笑いながら話してたらいきなり池に突き落とされた。
幸い池は浅かったので溺れはしなかったけど、
この日のために買った服は泥まみれになった。
さすがの私もこの時はめちゃくちゃキレた。
元彼はヘラヘラしながら「お前が可愛かったからつい…」
「暑かったからちょうどいいでしょ?」って言ってた。
怒る気も無くし、落下した時岩に当たって膝から結構出血してたので帰りたいと言うと
「それじゃ俺の車汚れるから1人で帰って」
と言われたので1人でデパートで着替えて電車で帰った。
謝罪メールもなかったので、これは別れを告げるまでも無いな…と思いもう関係は終わったものだと思って過ごした
1週間後の午前5時。
テレビの音で目がさめると、渡した記憶のない私の家のスペアキーをいじりながらテレビを眺める元彼。
「あ、起きた?なんで連絡してこないんだよ。
暇だからお前と一緒に暮らせる家探してたわ~」
と言われた。寝起きで頭が回らなかった私は何故か朝ごはんを作って元彼と一緒に食べた。
ここから5ヵ月ほど付き合うんだけど、池の事件については一切触れないし、何故か私は普通に元彼が好きだった。
(ちょっと記憶が曖昧です)

長いらしいので一回切ります。



スポンサードリンク