622: 修羅場ステーション 2018/01/14(日)16:29:48 ID:nBO
年始に姉から聞いた話。

姉の娘、つまり私の姪は小学校中学年なんだけど、担任の先生が、
ふんわり言葉ととげとげ言葉というものを授業で取り上げたらしい。

ふんわり言葉というのは、相手を傷付けない優しい言い回し、表現のことで、
とげとげ言葉は名の通り、強くて人を傷付ける言い回し、表現のことを言うそうだ。

姪の担任はまず、一週間程クラス全体でふんわり言葉を使うように呼び掛けた。
すると、皆ちょっとよそよそしい感じにはなったものの、特に何も問題なく過ごせたらしい。

しかし、その後、姪の担任は「今日は一日、皆でとげとげ言葉を使ってみましょう!」とやってみたらしい。

どうも担任は、一日とげとげ言葉を使う
→ちょっとピリピリした嫌な空気になる
→「ほら、とげとげ言葉って嫌だね、
みんな、ふんわり言葉の大事さが分かったでしょ!」
とやりたかったみたい。



スポンサードリンク