スポンサードリンク

お婆さん

363: 修羅場ステーション 2018/03/22(木) 12:49:42.07
うちの猫は元野良猫だったもので、外に出ていて、
人懐こいので、近所の猫好きな人がなでて行くんだけど、
この間「この猫、久しぶりに見た。いつ来てもいないから、いなくなったかと思っていた」
と、たまたま庭に出ていた私に言ったお婆さんがいた。

もしかしたら、うちの猫だと知らなかったのかもしれないけど、
だったら初対面の私にいきなり話しかけるのも変だし、「いなくなったかと思っていた」はなんなの?
死んだと思ってたってこと?と嫌な気持ちになった。
「寒かったから家の中にいたんですよ」と答えたんだけど、何も言わずに去っていた。

たぶん、あの猫、見かけないけど死んじゃったのかも、とずっと思っていた、
その自分の気持ちを誰かに受け止めてほしい、ということだったんだろうけど、
知らない赤の他人の気持ちなんか、共有したくないわ、ほんとに



スポンサードリンク

120 : おさかなくわえた名無しさん 2008/10/29(水) 11:14:17 ID:6ZaxBphZ
女性車両に男が乗り込んできた。 
明らかにわざと。 
偉そうに車内を見回し、1番綺麗な人の隣に体をべたっとくっつかせて、 
脚をおもいっきり(綺麗な人の脚に自分の脚がくっつくように)広げ座ってた。 
これだけでも最悪だけど、混んでるのに荷物を席におき、 
近くにはお婆さんが立ってた。 
男が荷物退かせば余裕で一人座れるのに… 
スポンサードリンク

このページのトップヘ