スポンサードリンク

うつ病

868: 修羅場ステーション 2018/03/18(日)13:50:18 ID:JRn
愚痴。
妻に勧められて病院で受診したら鬱病だと診断された。
それ以来妻や義実家からはすっかり病人扱いで「生活のことは心配しなくていいからずっと休んでて」と気を遣われる。
俺のことを気遣ってくれる好意は本当にありがたく思う。
だけど、言葉は悪いけどはっきり言って余計なお世話…。

正直自分の身体に異変が生じてるのはずっと前から自覚があった。
多分家庭環境のせいで子供の頃からずっと苦労してきた反動だと思うけど。
自覚できる症状としては不眠症、食欲の減退、それから感情の起伏が少なくなった。
でもそれはもう6年ほど前から。妻と出会う前の話。
今までずっと異変を自覚してたけど、それでも身体は動くし、ちゃんと働いてきた。

だから今さら「病人なんだから休め」と言われても…。
病人だとしても出来ることはあるんだからやらせてほしい。
やっと手に入れた人並みの生活環境なのに。
俺にとっては「鬱病」も含めて自分なのに。

だけど家族として心配してくれているみんなの気持ちも十分に理解できるから難しいところ。
本心を言えば俺の好きにやらせてほしいけど、みんなの気持ちを無下にするわけにもいかないから今は言われるままに休んでる。
それがもどかしくてもどかしくて。



スポンサードリンク

426: 修羅場ステーション 2018/03/23(金)23:39:02 ID:Oct
同僚が鬱病になった
なった原因は会社ではなく、実父の死とその直後から始まった継母による犯罪絡みの嫌がらせ
会社にまで嫌がらせにきてて、相当疲れ切ってたから本当に可哀想だった
同僚が会社に来られなくなり、諸々の対応は奥さん引き継いでしていた
奥さんも疲が見える顔はしてたけど、凛としていて、目には力が宿ってたのが印象的だった
同僚は休職することになった
そのため必要な書類を奥さんに会社まで届けて貰い、俺が確認してる際
心配した室長とマネージャーが扶養に入ってる奥さんに「(収入面的に)大丈夫ですか」と声をかけたんだけど
「大丈夫ですよ、今は女性でも家族を支えられるだけの仕事がある世の中ですから」
と揺るぎなく答えていた

それからも診断書やサインが必要な書類を届けたり、扶養から外れる際の手続きをしに時々届けて貰ってたんだけど
一人で同僚を支え、収入を得ていて、とてもかっこよかった
女性は強いと改めて思わされた

しかしそんな奥さんを見て、周りの世帯持ちたちが「奥さんが強すぎるから同僚は鬱になったんだろう」と話していて驚いた
「あんな気の強そうな奥さんが家に居たら、家で心が休まらない」というのだ
「男は守るものが有るから強くなれるのに、あんな強い女なら男が強くなれない」とも言っていた
世帯持ちはみんなウンウン頷いてたが、まるで理解できない
同僚も奥さんも20代後半
世帯持ちの男性たちは大体30後半~40代だったと思う
どういう価値観なんだ?
40代の後半の室長とマネージャーは立派な女性だと関心していた



スポンサードリンク



327: 修羅場ステーション 2018/03/21(水)08:29:14 ID:jVI
自称鬱(診断が出てないどころか病院に行ってすらない)で勝手に仕事を辞めて以来「休養が必要な時期だから!」と言い張って仕事を探すでも家事をするでもなくただダラダラとゲームとお菓子に塗れた生活を送っているう◯こ製造機が実家に仕送りしたいんだとさ。
しかもそのお金はどこから出すつもりかと聞けば、わ た し の 小遣いだって。
「僕の貯金は夫婦のいざという時のために取っておくべきものだし、生活費から出すと嫁ちゃんの負担が増えちゃうから!それに嫁ちゃんの小遣いでやってるとなったら俺親族からの株も上がるし!」って意味わからん。アホかよ。
てめーの親族から株が上がったところでなんのメリットがあんだよ。



スポンサードリンク

684: 修羅場ステーション 2018/02/23(金)18:19:56 ID:TUl
会社に退職願出してしまった
同じ会社の特に接点ない人が、私の本名を使ってSNSやってたせいで大変な目にあった
そのSNSはHNの他に本名登録が必要らしい
私の名前は白鳥麗子みたいに、なんていうのか、お嬢様と間違えられそうな名前
その名前を「パッと見て気に入ったから」という理由で使ってたらしい
そういやたまに「白鳥さん、SNSやってるの?」と聞かれてたし
否定すると「隠すのは勝手だけど、やるなら内容考えたほうがいいよ」とキツイ言い方で言われて腹が立つこともあった
先輩から「三年目で仕事覚えて全能感に浸ってるのかもしれないけど、調子に乗ってると痛い目みるからね」と言われたこともあった
そのときは母親が脳梗塞で倒れ、あっという間に亡くなってしまったので、調子に乗るどころか精神的にきつくてかなり辛い時期だった
そのときに先輩にそんな言葉をかけられ、母のことで休みたくてもフォローしてもらえなくて本当に辛かった
犯人がわかったのはその直後
その時期私は諸々の手続きに行くため、午前中だけ職場に顔を出し、午後から早退した
本当は一日休みたかったけれど、繁忙期であることと、先輩のフォローがもらえなかったことが重なって休めなかった
私が会社を出た記録があったあと、社内の写メ&愚痴がSNSにアップ(禁止行為)されることが何回か続いた
見つけた人が上司に報告し、私が呼び出されて全てが判明した
私自身、ずっと社内で風当たりが強く、先輩からのイビリのような目に合わされて悩んでたから、その時疑問点が全てつながってやっと納得した
相手は私より10歳年上の隣の部署の人
隣といってもフロアは同じなので、存在はつねに認知できるような距離
私の名前を使ってた人は、こちらのフロアの人気で女子力高い先輩の悪口を先輩の名前呼び捨てで書き殴っていて
だから私は先輩たちから嫌われていた
その先輩は有能な方なので、才色兼備なので、嫉妬したんだと思われてた
私の名前を使ってた人は、社内の漏らしてはならない書類が写メに写っていたことで、退職させられた
それからしばらくして、母を亡くしたショックから、弱っていた病持ちの父がついにダメだというところまで来た
最後半年は介護のせいもあり、頻繁に介護休を利用していた
でも私が休むと誰かにフォローしてもらわないといけない
先輩たちの助力も借りなきゃいけない
先輩たちから「私たちのこと、SNSでなんて言ってたか忘れたの?見た目だけの汚婆じゃなかったの?」と言われた
きちんと上司たちを交えて説明したのに、先輩たちの中でSNSをやっていたのは再度私に塗り替えられてた
聞いていた同僚も一緒に説明してくれたけど、「そうだった?」と言われて謝罪も助力もなかった
同僚から「怒りの矛先を向ける相手が怒りを向ける前にいなくなったから、あなたに向けてるんだと思う」と言われた
上司も交えて話し合いがあったけど、先輩たちの態度は軟化しなかった
父が亡くなり、気づけばうつ病なっていた
労災は認められた
数カ月会社も休んだけど、手当金もらうために会社に行かなきゃならない日があって
その日になると足が震えて家から出られなくなった
半年治療に励んだけど、無理だった
産業医とも話したし、上司も協力してくれたけど、「会社に行く」ということ自体が恐怖となって症状が悪化した
会社に行く日以外は普通
親戚からはサボり症、もしくは新型うつ病と言われてる
自分でもそうなんじゃないかと思うことが多々ある
会社が怖い
もう働けない
だから退職願出してきた
ニートになるけどもう家から出たくない



スポンサードリンク

113 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/22(金)11:47:26 ID:lKC
毒親から逃げるまでが修羅場だった。
でも毒親だなんてずーっと思ってなかった。むしろウチの親はよそよりいい親だと思ってた。
苦労して俺を育ててくれてるんだ、頑張ってくれてんだと思ってた。なんでかというと親が毎日
夕飯食いながら「おまえのためにこんなつらい仕事をやってんだ」「おまえを学校に行かすためだ」
「おまえが今食ってるメシを稼ぐために、こーんないやなつらい仕事をやってんだ」
って言い聞かされてきたから、何の疑いもなくそれを信じてた。
ウチは実際貧乏で欲しいものとか買ってもらえなかったけど、貧乏なのに頑張って俺を育ててくれてんだーと思ってた。
スポンサードリンク

559 : 2011/02/25(金) 03:33:20.31 O
修羅場というか、家庭内のゴタゴタかもしれないが書く。

俺が中学生の時、父親がうつ病で自刹した。
葬儀などの為にうちに来ていた父親の両親が帰り際に何故かタヒ亡診断書をコピーしてくれと言ってきた。
ただでさえ見たいような代物ではない上に、自刹だと判る内容。
一体何の為かと訊いてみたら、
「○○に生命保険掛けてるから」
息子が亡くなったら自分(親)に保険金が入る設定をしている事にもびっくりしたが、面倒なのでコピーした。
(後日、父親に無断で保険を掛けていた事実も判明)
スポンサードリンク

このページのトップヘ