スポンサードリンク

学校

815 : 名無しの心子知らず 2012/09/04(火) 08:30:30.63 ID:G7XpCSSm
2学期が始まって1週間。 
その間にやられました。 

娘は自由研究に植物を使った物を造り、それをまとめました。 
お店(園芸店)でも1000円くらいで売ってるものを自作しました。 
提出して次の日に避難訓練のお迎えで学校に行ったのですが、そこでママに目を付けられ、盗まれる。 
その時は犯人わからず。 
次の日、枯れた時用に作ってあったものを持っていきました。
スポンサードリンク

383 : 本当にあった怖い名無し 2013/11/04(月) 14:28:58 ID:2aRXtGo4i
自分が中学の頃にやった復讐もどき。書き逃げごめん。スレチかもとは思う。スッキリもしないと思う。 

私は先天性の身体障害があり車椅子生活。友達は少ない方で、オタクで喪女。 
父親から遺伝しての障害だったので、一人っ子。そしてブス。 
人生ハードモードだから、両親が死んだら自分はひとりで生きていかなきゃいけないっていう意識が強くあって、勉強だけは頑張っていた。 
スポンサードリンク

507 : 名無しさん@HOME 2014/01/30(木) 00:35:32
忘れられない最悪な出来事。 
小3の時、担任の男性の先生は明るく親しみやすい感じの 
いい先生だった。三十台半ばだと思うけど、先生の机の後ろに 
先生の名前の本が置いてあったりして、がんばっている人で 
教育界でもそれなりに頭角を表している感じなのかな、と信頼してた。
スポンサードリンク

970 : 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)17:19:03 ID:O0X
まとめを読んでいたら、卒業式シーズンなので、卒業にまつわる話が載っていて思い出した。
他にもいるんだなぁと思って読んでいたわけだけど、うちの娘も卒業式で、
ハンデのある子たちのお世話係をさせられる事になった。
しかも数人いるのに、それ全部。
理由は、数人中の数人が幼稚園から一緒で、うちの娘は取り扱いが上手かったから。
それ以前も、運動会や遠足、キャンプ、就学旅行、と、必ず一人二人は一緒のグループ
でもグループには他の子もいたし、娘がそれほど負担に思っていなかったから黙っていた。
スポンサードリンク

65 : 本当にあった怖い名無し 2013/11/15(金) 01:23:58 ID:AcCm0L6W0
俺と友人がAと取り巻き達にいじめられてた 
何とか復讐したいけどその時のAは優等生でイケメンで俺達は全体的に中の下 
どうすんだよって思ってたら「だったらせめて近くにいよう」って案が出た
スポンサードリンク

667 : 可愛い奥様 2012/11/18(日) 00:03:14.97 ID:5uQBhq+y0
女子校に通っていた高校一年生の時の水泳の授業の時だった 
水着に着替え終わって、水泳授業が始まる前に 
プールから少し離れた更衣室にゴーグルを忘れたのを思い出して、更衣室に取りに戻った
スポンサードリンク

580 : なごみ 2012/01/06(金) 20:04:43.11 ID:IVA+Copa0
正月休み中、暇を持て余して昔笑ったコピペを読み返してたら思い出した出来事。 

私は北海道出身なんだけど、うちの高校では掃除当番ならぬ、早朝の雪かき当番があった。 
人数は生徒4〜5人+先生1人で、玄関から校門前までの間の道を作る、みたいな感じ。 

そんなある日の当番のメンバーに、クラスのムードメーカー的なおバカ男子2人がいた。 
そして監督の先生は、それまでに数々のお茶目な武勇伝を残してきた教頭先生だった。
スポンサードリンク

900 : 名無しさん@HOME 2012/10/25(木) 09:53:57.69
ここ暫く中学生の娘が登校を渋って週に1〜2回休んでた 
友達関係の愚痴を聞いてたんだけど、昨日とうとう帰宅した途端に号泣し、 
その時に娘宛にメールが届き、それを見せられて愕然とした 

まず号泣の理由は学校で仲良し4人の1人の子から 
「3人で相談したんだけど、あなたが一緒に居たら楽しくない。弁当も他の子と食べて欲しいし関わらないで欲しい」 
と言われてショックだったから。
スポンサードリンク

235 : 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)13:26:15 ID:7pw
いまだに思い出すと感情的になるから、読みやすく書ける自信がないんだけど、
小学校2年生の時のクラス替えでA男と同じクラスになった。
それまでほとんど口も利いたことがない相手だったのに、
なぜかいきなり「お前馬鹿って本当?」と聞かれ、
「は?」ってなってる間に「バーカブース私子はゴミ〜♪」と囃し立てられ、
それからも何かにつけて「バーカ」「ブース」「死ねー」と言われ続けた。
スポンサードリンク

このページのトップヘ