スポンサードリンク

別居・離婚

932: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)01:04:41 ID:dPo
こんばんは相談よろしくおねがいします。
すごく長文です。
自分でも混乱していて、まとめながら書かせてもらっています。

私30才パート主婦
夫43才会社員
子供幼稚園、未就園児の二人です。

出会って10年、結婚しては5年ですが、結婚前から喧嘩が多いです。
私は夫から言わせると、世間の主婦の方から比べると相当レベルが低いと言われます。
家の前に三輪車や子供の自転車を置きっぱなし、自転車の鍵をかけ忘れる、電気の消し忘れ、家の中の収納整理が下手くそ、お弁当を朝作れない時間まで寝坊してしまう、不満が多いと言われています。
私から見た夫は、仕事が多忙で頑張って仕事してくれていますが、自分の考えが正しいと思っているところがあります。
帰宅してからのご飯のタイミングや、献立(夜に丼パスタなどはNGや、和風や洋風などが混ざっていると組み合わせがおかしいと言われるなど)の決まり、夜の生活の回数など、自分基準は正解、私の考えは甘えや間違っている、レベルが低すぎるなど言われています。

今月も多数喧嘩がありました。
○夜の生活のお誘いを翌日パートがあるからと断った
○自転車の鍵のかけ忘れ、三輪車の置き忘れ、
○子供が夫と寝ることを嫌がり私と寝ると言うと機嫌が悪くなりそれに対して拗ねてるの?と聞いたこと
○夫が帰宅時に子供がゲームに夢中でおかえりと言わなくて不機嫌になり、その後私のおもちゃを片付ける様子が怒っているとみなされて

などの原因で、月に何度も喧嘩というより、夫が怒り→私を無視のパターンを繰り返していました。

今日もその流れで、作ったご飯を食べないと言ったので、私も冷静になり、あなたも冷静になれる時に話したいと伝えました。
何度も子供の前で怒りをぶちまけるので、子供を寝かせてからと夫に伝えましたが、それで余計に逃げるのかと怒られることが多々ありました。
その事を、怒ってる人に話を中断するのは悪かったと思う、それは悪かったと謝りました。
でも、夫はそれでも怒り出し、話し合いするレベルじゃないとブチ切れられました。
10年だらし無いところを直せと言っているのに、その事を出来ずに棚に上げてもの申すなと言われました。
夫はお酒で失敗して暴れたり、粗相したりすることが何度かありました。
酒のことを失敗した時などに追い詰めてくるな、自分が世間の水準に近づいてからしか物申すなと言われました。

私の言い分ですが、家事はできる限りはしているつもりですが、それはお前の仕事であって当たり前だからと言われます。




スポンサードリンク

615: 修羅場ステーション 2018/03/27(火)20:08:18 ID:P4r
うちの父親の神経がゴミクズ。
私は2歳年上の姉がいる。両親は私が産まれてすぐに離婚したので母子家庭。
離婚理由は父は男の子が欲しかったのに2回続けて女の子を産んだ母に呆れ果てたというのと、私を産んだばかりで、更にイヤイヤ期の姉もいて体力も無かった母に夜の生活を断られたから。
母が私達を必死に育てている最中に浮気して相手の女を妊娠させるというクズ要素を詰め込みまくり。このときにできた子が異母弟。
別れる時に養育費は一切払わない!男の子を産んでくれたプリンちゃんにつぎ込むと宣言したようで、絶望のドン底に落とされた母は、よろしい!その代わり一切合切関わりを持たないと約束させた。
母実家は裕福だったので、祖父母の援助と職場復帰した母のおかげで何不自由無く暮らせた。
姉は頭が良く、大手企業に就職して役職もつき、その年代の女性にしてはかなり稼いでいた。
私は平々凡々だったが、暮らしていくには問題なかった。母も軌道に乗り、祖父母からの援助を返している。祖父母は返さなくて良いと言ってくれているけどね。
そんな時に姉に父から手紙で連絡があった。実質絶縁していたのだから、どこから連絡先を入手したのかと思ったら母の兄が姉の一人暮らしの住所を教えてた。



スポンサードリンク



285: 修羅場ステーション 2018/03/25(日)00:19:39 ID:9LW
夫との離婚の話し合いの最中に同席した長男・長女に向かって
暴言を吐き、それが原因で家族間の信頼関係が更に悪化してしまったのですが
その事に対し慰謝料の増額を請求する事は可能なんでしょうか?

あまりにも理不尽で寝れずに憤っています…



スポンサードリンク



1: 修羅場ステーション 2018/03/22(木)21:28:30 ID:sd8
ずっと生活を支えてきた妻が資格を取って仕事はじめたら離婚したいと言い出した
ずっと考えていたことだから決意は固いと言うがそんな素振りなかったのに
騙された



スポンサードリンク



130: 修羅場ステーション 2018/03/23(金)10:22:26 ID:MEA
もう離婚したから今更と言えば今更なんだけど。
夫(元だけど便宜上夫でお願いします。)が勝手にマンション借りてた。
まあ3万ほどのワンルームで、独身時代の貯金とおこずかいでやりくりしてて、
家計からの持ち出しはなかったんだけど、一人になれる場所がほしかったんだって。
結婚してから住んだマンションにも自分の部屋確保してんのに、これだよ。
こっちは子供がいて自分一人になることすらできないってのにさ。
ものすごく頭に来たけど、自分で自分に冷静に、冷静にって言い聞かせて話し合ったよ。
こっちはさ、仕事して、家事して、子供の面倒見て、義実家との付き合いも考えて、
もうパンパンってくらいやってるけど、毎日11時とか帰ってきてるの見てたから、
一人でやってたのに、ほんとは、定時か、遅くても8時には仕事終えてマンションに
寄ってたと知った時、愛情メーターがマイナスに振り切れたわ。
結局そんなに一人になりたいならどうぞってことで、離婚しようとしたら、
2年以上かかって離婚だよ。
こんなこと言っちゃいかんと思うが、ふとした時に子供のやることやなんかが夫に似てると
心の底から一人になって自由になりたいって思うわ。
自分の産んだ子だから何とか面倒見てるけど、夫のことが嫌になった瞬間から
子供に対する愛情も冷めた気がするわ。
離婚する前は自分の子供と他人の子供の間に明らかに越えられない壁みたいなものがあったんだけど、
今はそれがない気がする。
なんというか、自分の子供をものすごく冷めた目で見てしまうというか。
今もたまに、夫から連絡があって復縁をのぞまれるんだけど、絶対に無理だなと思う。
あの時は幸せすぎて孤独を味わってみたい気分だったんだと。
今の私は早く子供が成人して一人になりたいなとしか思わないよ。
こんな母親といるより父親といる方がいいのかなとふと思うときがあるが、
夫は子供の親権をほしがってない。
ほんと世の中上手くいかない。



スポンサードリンク



411: 修羅場ステーション 2018/03/23(金)17:13:56 ID:EMe
父がスレタイ。
私が幼い頃に両親は離婚した。
それからずっと母に育てられて、父とはたまにご飯食べに行くくらいの仲だった。

この間、父と2人で飲みに行ったら父が酔っ払って過去の話をし始めた。
離婚理由はなんとなく父の不倫だろうなって思ってたけど、
ハッキリ聞いたことはなくて今回初めて聞くことになった。

当時、私がまだ1歳くらいの頃父はある小さな会社で営業マンとして働いてた。
景気も良くて頻繁にスナックだのキャバクラだのって飲み歩いてたらしい。
ある時会社の社長と2人で飲んでいると、賭けをしようってなった。
それが「どっちが先にスナックの女を1人落として持ち帰れるか」って内容だった。
そうなると、なんとなく妻子が邪魔に感じたらしく
勝負の日は社長と父の妻子で泊まりの旅行に行かせることした。

結果、どっちが勝ったかは忘れたけど無事お持ち帰りして、
ズルズル不倫。不倫相手が妊娠して離婚。
これが父から聞いた話だった。
私の顔が相当引きつってたのに気付いたのか、
「昔は営業マンは女を落とせなきゃ笑われたんだよ、良くある話。
それに、母さんは子ども達にばっか構って一緒に寝てくれないし…」
とか言い訳し始めて本当に無理になった。
ていうか娘にそんな話して笑い話にでもなると思ったんだろうか。
血縁者であることが恥ずかしい。



240: 修羅場ステーション 2018/03/17(土)12:34:21 ID:skt
県外に嫁いで何年も帰省しなかったA子が帰省した。
昔の友人数名と会いに行くと顔がボッコリ腫れて誰?!状態。
「何年も旦那にDVされてた。恥ずかしくて誰にも言えなかった」
でも殴られ続けて命の危険を感じ、親に電話して迎えに来てもらったと…
「旦那ヒドイ!」「離婚するよね?」と口々に言う中
B子とC男だけは
「殴られる方にも原因があるんじゃない?」
「あなたが旦那を追いつめすぎなんじゃない?」
「口の利き方が悪くて怒らせるんじゃない?」
「自分を改めた方がいいよ」
その場にはA子のご両親もいるのに。
止めたけど全然二人は自分の意見を曲げず、A子父が静かに怒って二人を帰らせた。
それだけでも神経わからないんだけど
A子の離婚が成立して何年か後
実はあの時B子も彼氏にずっとDVされてたと知ってスレタイ。
私は我慢してるのになんでアンタは逃げるの!とでも思ったのかな。
もうB子ともC男とも付き合いが切れてるので心境は聞けないけど。



1: 修羅場ステーション 2018/03/17(土) 16:11:37.97 ID:sdfDbVWR0
20代前半の2人の子持ちの専業主婦
結婚生活疲れたから別れたいけど子供のために思い留まるべき?



スポンサードリンク

このページのトップヘ