スポンサードリンク

修羅場

544: 修羅場ステーション 2018/03/29(木)14:23:23 ID:Lq9
この間の飲み会で、会社から帰って家に明かりが点いていると「やっぱり家族っていいな~」と思うって同僚がしみじみ呟いていて、それを聞いて落ち込んでしまった。
共働きだけど家事はほとんど私がやっている。
帰宅時間が微妙に私の方が早いから、私を出迎えてくれる人なんていない。
旦那が休みの日に家事をして待っていてくれるわけでもない。
私がいないからと趣味友と出かけたり、夕飯を義実家に食べに行ったりしてる。
料理を作ってもらったり、お風呂を準備してくれたり、帰宅した時に幸福感を覚える経験がないと気付いて若干今が内心修羅場。



スポンサードリンク

610: 修羅場ステーション 2018/03/27(火)13:40:12 ID:oSn
甥のせいで両親と絶縁し、更には両親が離婚したのが一番の修羅場

これは私が高3の頃の夏休み
当時の我が家は魚をくわえた猫を裸足で追いかける主婦が主役のアニメを実写化したような家庭だ(皆さん、あのアニメで再現すれば面白いと思いますよ?)
両親と姉と小二の息子(甥 Tヲとしよう)と私の5人家族
あのアニメの違いは主婦の旦那ポジと弟ポジはいないことくらいかな?(姉はバツイチで出戻り)

事の発端が起きたのは夏休み
私はバイトで給料が出たため、アイスを家族分買って帰り、夕食後皆に振る舞った
しかし私は当時ダイエット中で、一日二食8時以降は水だけで何も食べないでいたため、私の分は翌日部活から帰った時食べようと思っていた
翌朝、私は朝食を終えるとすぐに学校に
部活を終え、汗だくになった私は帰宅後すぐにシャワー
母が作ってくれた昼食を食べてからデザートにアイスをと冷凍庫を開けると、ない!
ごみ箱を調べると、そこには空のアイスの蓋とカップが・・・・
しかも蓋にはしっかり私の名前が書かれていた(私は万が一のことを考え、油性マジックでひらがなで名前を書いた)

その時家にいたのは母と姉と甥のTヲだけ
私は居間に三人を呼び出し、誰が食べたか問い詰めると、「ごめんです~(実際はこんなこと言ってないけど)」Tヲが謝ってきた
私が買ってきたアイスが美味しかったから、またないか冷凍庫を漁ったら見つかったので、名前が書いてあったけど食べたらしい
ブチキレた私は「Tヲ氏ね」と言い捨てると、財布片手に31に向かい、アイスを食べまくって帰宅
Tヲは帰宅した私に謝ってきたが、私はそれを無視して自室に籠った
後で姉が新しいアイスを買ってきたり、連絡を受けた父が同じものを買って帰宅したが、それでも私の怒りは治まらない
見かねた母がやってきて、「Tヲくんも反省してるんだから、いい加減許してあげなさい」と言ってきた
姉や父に言われるならともかく、まさか母に言われるとは思わなかったよ

というのも母は後妻で父とは連れ子再婚(母は初婚だが父は再婚で、姉は氏別した前妻の子)のため、姉や甥とは血が繋がってない
母の実子は私だけ(ちなみに私がこの事を知らされたのは高校入学の時に)
まさにリアルであのアニメだよ(その主婦の両親も連れ子再婚で、母親は主婦の実母じゃないし)

とにかく、この件がきっかけで私と母の間にも溝ができてしまい、高卒の時に両親・姉に絶縁を言い渡して家を出たよ
私が出ていった後、母は「あんたのせいでW(私のこと)が出ていった」と散々Tヲをいびり始め、父に離婚を言い渡されたことを姉から聞いた
その時姉から「あんたがTヲを許さないからこんなことになったんだ!」と怒鳴られた
姉さん、あんたもあの時自分の息子が叔母とはいえ人のものを勝手に食べたにも関わらず、叱りもせずにいただろうが(その後帰宅した父に母子共に叱られたけど)

これは私、というより私達一家全員にとっての修羅場だったのかもしれない



スポンサードリンク

318: 修羅場ステーション 2018/03/18(日)00:43:00 ID:MEh
同じ様な事をしていた友人二人の明暗がくっきり別れてしまった事。

中高からの友人AとBは結婚相談所のサクラのバイトをやっていた。
サクラと言っても本格的なものじゃなくて、お茶一回いくら、その後デートしたらいくら
もし気に入った人がいたら本格的に付き合っても良いみたいな
少し割の良い無料会員みたいなものだった。(相談所のシステムとしては女性入会料金ありな所)

Aは一回30分~1時間数千円のバイトと割り切って見合い(顔合わせ)を繰り返し
Bはもうちょっと悪質で、お金を持ってそうな男だと仮交際の段階まで言って
そこで色々奢らせたりデートでプレゼントを買わせた後、気に入らない理由を色々作って
はいさよならしていたらしい。

Aは一回だけちょっと気になった男がいて、真剣交際の段階まで行ったらしいんだけど
結局相手の家族に紹介された段階で怖くなったとかで相手をFOしてバイトも辞めた。
Bは結婚してからもしばらくサクラのバイトをしていたけど、一度B夫にバレそうになって
すぐに辞めたと聞いた。

その後AもBも結婚してそれぞれの家庭を作ってたんだけど、ある日Aが男に刺された。
サクラのバイトしていた時に真剣交際まで行った男だった。
男は結局結婚は上手くいかず、Aも忘れられずに悶々としていた所
たまたま夫と仲良さそうに歩いているAを見かけて、今の自分が上手くいってないのは
Aに騙されたせいだと思い込み衝動的にやってしまったらしい…



スポンサードリンク

886: 修羅場ステーション 2018/03/19(月)11:33:49 ID:Qti
愚痴。
彼女にプロポーズしたが彼女母が「まず一年同棲してみれ」と強硬に言い同棲になった。
アパートは俺名義で契約、家計完全折半。家事も折半。
しかし俺が「仕事帰ったらまずゲームしてゆっくりしたい」とかやってるうち、段々家事が彼女に偏ってきた。
気づいていたが何となくズルズル彼女に任せてしまい、ある時悪気なく「部屋汚くない?」と言ってしまい彼女爆発。
同棲解消の危機になったが、俺が謝り倒し、改心すると誓って執行猶予をもらった。
その執行猶予期間、俺の兄貴の離婚話が持ち上がった。
原因は兄嫁の育児ノイローゼ。
兄嫁が育児休暇明けて仕事に復帰したのに兄貴が家事育児を手伝わなかったのでノイローゼになった。
それを彼女にポロっと話したら、「やっぱり同棲解消する!」と言われた。
結婚して子供が生まれて逃げられなくなってから、兄嫁と同じ目にあわされたんじゃたまらんと彼女は主張。
反省して家事してたのに、実は家事だけじゃなく金遣いとかゲーム優先なのとかも気になっていたと後出しされた。
兄貴を恨む気持ちとか、彼女に対する怒りとか不信でグチャグチャで
俺が家事なまけたのがそもそも悪いのはわかってるが、俺は反省していたのに兄貴のことで怒るとか理不尽でないだろうか。


スポンサードリンク


837: 修羅場ステーション 2018/03/15(木)13:32:49 ID:pkb
完全アウェイの夫友人の忘年会に強制参加させられた時の話。
私は途中からずーっと放置され、夫は奥の席で女の子と盛り上がり中。
時計を見たら23:50で、このまま店の片隅で独り年越しを迎えるのはさすがに堪えるので静かに外に出た。
気付いた夫が「どこ行ってたんだよぉ~w」と追いかけてきたのでブチっときてしまい思いのたけを叫んだんだけど、
普段誰かを糾弾する事なんてないのでパニックになり
「おなごどくっちゃべりでーだげだねがー!(女の子とお喋りしたいだけじゃん)」
「えっかげんにせやんがー!(いい加減にしろよてめえ)」
「わのあばほっぽらがしておもしぇがったいんたなー!(自分の嫁放置してお楽しみでしたね)」
とお国言葉がマシンガンのように飛び出してしまい
謎の言語を喚き散らす女と腕を掴みながら「え!?え!?何て!?」と聞き返す男と茶化す通行人とで年の瀬の繁華街を地獄に変えた。
「何!?ちょっと!ゆっくり!」と言われても標準語が出て来ないため夫もパニック。バベルの塔作るの大変だったろうな。
自分の思わぬ癖に気付いてちょっと笑えた。



スポンサードリンク

306: 修羅場ステーション 2018/03/15(木)01:30:12 ID:hGY
W不倫して家族を捨てた母親に、ずっと見知らぬ姉と比較されて育った。

クソみたいな家庭で育ったので、わかりやすく書いたつもりだけどわかりにくかったらごめんなさい。
ほぼ根暗な自分語りです。

私の両親はそれぞれ×1の再婚組。
W不倫が妊娠で発覚して、それぞれの家族を捨てて再婚した夫婦。
その時仕込まれた子が私。

うちは貧乏だった。理由は慰謝料やら養育費だと思う。
父親は元の家族のことは一切口に出さなかった
母親は毎月のように支払いが焦げ付いたとヒステリーを起こしていた。
あくまで想像だけど、W不倫してあっさり元の家族を捨てるような両親が支払いから逃げなかったのは法的にきちんと拘束されていたからだと思う。
母親は呪詛のように元の旦那さんや、父親の元の奥さんのことを罵っていた。

両家の祖父母や親戚の風当たりの強さから、
私は物心がつく頃には自分の出生が汚いものだと漠然と理解していた。
ツラの皮が厚い母親は、近隣に住む祖父母宅に顔を出しては金の無心をしていたし、誰も呼んでいないのに親戚の集まりには真っ先に駆け付ける人物で、その際に決まって私を連れて行ったから嫌でも察した。

周囲の大人の会話から父方に兄二人、母方に姉二人がいると知っていて、
見知らぬ兄姉に対する情めいたものを抱いた(一人っ子の憧れに近いと思う)ことはあったけど、自分がこの人たちに恨まれる身の上だってことも肌で察していて、小学校にあがる頃には一日中塞ぎ込んでいる暗い子になっていた。
今にして思えば、自分の出生を責めたところで私にはどうしようもないことなんだけど、割り切ってしまえるほど強かな子でもなかったから小学校3年生から学生時代はずっと胃潰瘍と付き合っていた。

何よりのストレスは母親の言動だった。
「姉子ちゃん二人は頭がよかったのに、どうしてこんな簡単な問題もわからないの?」
「姉子ちゃんたちはその年には何でもできたのに」
「姉子ちゃんたちは活発で足も速かったのに、私子は誰に似たの?」
母親はいつも私と姉二人を比較して、私を責めた。
母親からすれば自慢の娘二人と、不出来な末娘なんだろうけど、
その自慢の娘二人を裏切って最低な形で捨てたのは母親本人。
母親の思考回路が理解できなかったことと、
不倫の結果生まれたのが私だと言う事実が板挟みでいつも何かに生まれてきてごめんなさいって謝っていた。
そんな根暗な子だから友だちもいなくていつも一人だった。
家にも学校にも居場所を作れなくて保健室で寝てばかりいた。



スポンサードリンク

1: 修羅場ステーション 2018/03/15(木) 04:09:00.785 ID:YjJlhL8Y0
すべて現地フィリピンの話なんだが
2chにも載せて、まとめに取り上げられてどっかの日本人が本人に教えてばれてしまったんだが。

ちな前スレタイトルは1年前の
「フィリピーナに日本人随一の騙され方した俺に質問ある…?」



スポンサードリンク

47: 修羅場ステーション 2017/02/26(日) 00:54:16.51 0
彼氏とメールのやり取りしている時に違和感を感じて、次の日の夜マンションに行ってみた。
入口はオートロックだからそこから入らずに塀をよじ登って入って、彼氏の部屋のドアを開けたら
「おかえりー」って白衣もったお姉さんが出迎えてくれた時が修羅場だった。



スポンサードリンク

このページのトップヘ