スポンサードリンク

修羅場

932 : 愛と死の名無しさん 2009/07/30(木) 17:00:57
昔出席した結婚式の話だが、当日新郎と新郎妹が揉めて、 
逆上した新郎妹が、高砂に座ってた新郎のヅラを剥ぎ取った事があったな 
もちろん新郎はヅラだという事を伏せていたんで、 
場内が一瞬で凍りついたよ 

固まる新郎新婦と客に、「ほらほら~皆さんこいつハゲですよ~w 
ハゲがハゲ隠して結婚なんてふざけ過ぎwww」 
と新郎妹が言い放った途端、新婦がドレス姿で飛び掛った 
スポンサードリンク

9 : 匿名 2014-04-02 22:27:30
解決済みですがお茶請けとしてドゾー

我が家は共働きで子梨。今のうちにある程度お金を貯めてから子供をつくる計画に入る予定。
なので、夫婦間では「3年頑張ってから子供つくる旅行いこうね」とバカップルしてましたw
実家にも義実家にもしばらく働くから子供は無理って遠まわしに伝えていたけど
この遠まわし表現がダメだったみたいで、トメには合うたびに「子供マダー」されてた。
スポンサードリンク

55 : 名無しさん@HOME 2012/04/18(水) 14:11:52
吐きださせてください。 

結婚の約束してた彼氏が、妻子持ちでした。 
私、31歳。男35歳。 
3年つきあっていて、バレたきっかけは、彼の部屋にあった「扶養控除申請書」。 
私の部屋に転がり込み、掃除も料理も私にやらせておいて、実際は 
単身赴任だった、というオチでした。 
その場で問い詰め、窓ガラス割るぐらいの喧嘩しました。 
彼は逆ぎれして、そのまま「頭を冷やせ!」と出て行ったので、彼の荷物全部まとめて、 
実家(と聞いていた彼と奥さん子どもが暮らす家)に送りつけました。 

奥さんとも連絡とって話し合い、奥さんのところは再構築するそうなので、 
ちょっぴり慰謝料ももらいましたが、気は晴れません。 
スポンサードリンク

1 : 名無しさん@おーぷん 2014/10/05(日)20:52:05 ID:Q7myWbvly
まあ誘拐と勘違いされたんだが

アラサー「この人お父さん?」
娘「たぶんね」

この会話から始まった。まず「この人」って言われたのがウザい

結局駅員挟んで話し合いする事になって
アラサーが泣いた 
2 : 名無しさん@おーぷん 2014/10/05(日)20:52:43 ID:T9kS477Yt
お前の娘も大概ヤバそうだな
スポンサードリンク

270: 修羅場ステーション 2017/10/20(金)20:30:42 ID:Cel
吐き出したくて書く。人がしぬから、嫌いな人は読まないでほしい。
俺と嫁は、中学校から一緒で高校から付き合いだし、嫁が短大にいって就職後2年、俺が大学卒業してすぐの頃に結婚した。
まわりの友達より結婚早かったけど、なかなか子供ができずに、ようやく子供が産まれたのは35過ぎてから。
子供は正直諦めていたから、できたときも産まれたときも本当に嬉しかった。
特に嫁は、保育士だったから子供大好きだし、仕事しながらもずっと我が子がほしくてたまらなかったと思う。
常に二人とも子供が一番だった。
喜ばせたいし、いいやつに育ってほしいし、何より何をしていてもしなくてもかわいくてたまらなかった。
子供に弟妹をつくってあげたいと思って治療もしたが授からず、一人っ子のまま。
元気に腕白に育ち、4歳のときに病気が見つかった。
そして、2年たたずに亡くなった。小学校には入学できなかった。
息子の夢だった建設重機の運転も、できなかった。18才になったら免許がとれるからあと12年だね!
楽しみ!早く18才になりたい!パパは18才になるのすぐだった?と何度も言っていたのに。
すぐだよ。18才なんてあっという間なのに、何で待てないでしんだんだ。
俺嫁二人とも、それから何年も記憶がない。
俺が気づいたのは息子がいなくなって5年くらいたって、部屋に息子のおもちゃが転がっているのをみて、なぜか急にもうあいつはこれで遊ばないんだとふとわかって、やっと現実がわかった。
そこからが地獄のようだった。
嫁は、俺と違って宗教にはまった。
息子の入院中から、これが効くあれが効くと民間療法みたいなやつの勧誘がすごかった。
当時は無視していたけど、それをしていれば助かったんじゃないかと今でも思う。
嫁は、亡くなったときに来たいろんな宗教のなかで、亡くなった人の幸せを祈るみたいな宗教にハマった。
亡くなった人があっちで楽しく暮らせるように100万、亡くなった人が生まれ変わるときによいように100万、という感じで、亡くなった人のための祈祷やら修行やらを現世の人がやってそれに金がかかる。
あっという間に貯金はなくなり、嫁は借金もした。
じさつは亡くなった人と同じところに行けません、という教義らしく、それはしなかった。
金づるがいなくなったら困るからだろうなと思うけど、その教義のお陰で嫁は生きてる。
歪だが、ようやく夫婦で他愛ない話もできるようになってきた。
が、その頃嫁が妊娠したとわかった。そのとき40代半ば。
嫁はとにかくナーバスになっていて、一日中心音を聞いている。
息子が本当に健康で、長引く風邪だと思ったら急に病気が見つかったもんだから何も信用できなくなっている。
こんな感じの親のところに来るなんて、不幸じゃないか?
そして、自分達も息子と比べてしまわないか?
と不安になっていた。
が、多少細々としたことはあるものの、とりあえず健康に産まれてきて、3才になり、よく話す。
かわいくてかわいくてたまらない。
で、この前たまたまわかったんだけど、俺の子じゃなかった。
血液型が違ってたことで判明して、調べたら親子じゃないと出た。
自分でもびっくりしたんだけど、嫁にすがって離婚拒否。子供と離れたくなかったんだ。
それでも嫁は子供つれていなくなって、音信不通。
もうなんというか、これ生きてる意味あるのか。
二回も子供がいなくなった。
俺の親がまだ生きてて、子供に先にしなれるのだけは経験させたくないから俺は生きてるけど、親がいよいよの時は、さっさと消えてしまいたい。

スポンサードリンク

123: 修羅場ステーション 2017/08/01(火) 01:11:12.44 0
2年前のお正月、義実家に親戚が集って2階の座敷で飲んでいた
私は飲まずに料理やお酒を運んで接待
酒に酔ったコトメにぶつかられ、階段から転げ落ちた
結果、首・両手首・両足首という首という首を捻挫
持っていたお盆のグラスが割れ、額や頬を計12針縫った
額から顔まで包帯でぐるぐる巻き、首にコルセット、両手両足首をシーネと包帯で固定
そんな無様な姿で車椅子に乗って帰った私を見て、
「余興ですか~ウケる~」とゲラゲラ笑ったコトメに夫激怒
それ以来、お正月の義実家には帰っていない

スポンサードリンク

8: 修羅場ステーション 2017/05/17(水) 07:40:14.43 ID:MzdEqX7G
バールを持った自販機強盗を見てしまい追いかけられているところを自称ボディーガードのストーカーが撃退した。
近くの灯りのついている家に飛び込んで通報してもらい二人まとめてお持ち帰りしてもらった。
警察がストーカーを彼氏だと思い込んで話が通じないあたりがプチ修羅場でした。

スポンサードリンク

27: 修羅場ステーション 2017/05/22(月) 23:01:59.21 ID:1cXGjeQ+
友人の披露宴でスピーチ頼まれていて、文章推敲し美辞麗句過ぎずに、しかしおめでとうの気持ちを込めた自分でも会心の文章ができました
当日、快晴の中、幸せそうな新郎新婦。そして披露宴で遂に私の名前が呼ばれて立ち上がった瞬間、感じた何かがドバッと出た感覚
まだ予定より2週間早かった・・。
スピーチの文章は頭からきれいに消え、とにかく一刻も早くトイレに行きたい。
しかし友人に恥をかかせる訳にはいかない。
そしてマイクの前に立ち、さりげなく裾を見ればまだ汚れていない
「女は度胸!」とアカペラでジャンニスキッキのアリアを歌い、喝采を浴びながらそのまま友人一人引っ張って退出
「ナプキンよこせ!!」「え!?持ってない!!」「何とか助けてくれ!」「トイレットペーパーぐるぐる巻き!!」
と式場入り口で小声で怒鳴りあい、喉がお互いがらがらになりました
あの瞬間のドバッ、は女性ならお分かりのはず。男性は・・お腹壊して駆け込んだトイレでもういいかな、と立ち上がった瞬間にまだ水様のがドドッと出た感覚を思い出してみて下さい

何でジャンニスキッキにしたか
短くてそして有名な結婚の歌
新婦を軽くからかいつつもおめでとうの気持ちも出せる
そして何よりそれしか私が思い付かなかったんです!!早く終わるには歌うのが一番

スポンサードリンク

163: 修羅場ステーション 2017/11/16(木) 19:46:28.15 ID:0xKoWbGv
兄が貰い物だという肉を持って遊びに来る予定になっていて、夫より先に兄がやってきた
兄からその他のお土産を貰ったり適当に話していたけど飽きたのでマリカーして旦那の帰りを待っていた
夫が帰ってきた音がしたけどなかなか入ってこないので、仕方なく様子を見に行くと夫が泣いてた
玄関の男物の靴を見て、私が浮気してると思ったんだという夫
それをリビングで聞いてた兄はクローゼットに隠れてるしめちゃくちゃ
寝惚けてる時だったかもしれないけど今日兄が来るって言ったのに
マリカーしてたから私がそこダメ、待って、あー、とか言う声が聞こえたんだって(兄は無言でゲームするタイプ)
3人で美味しくお肉をいただきました
夫が怒って出ていったり、逆上したりしなくて良かったし、即座に誤解がとけて本当に良かった

スポンサードリンク

このページのトップヘ