スポンサードリンク

衝撃

914: 修羅場ステーション 2018/03/22(木)08:04:54 ID:GaR
黒くもないが
去年、夏の夜に雨戸閉めようとしたら窓の外の屋根でバサバサと不吉な音が
イヤな予感通り鳥らしきものが部屋に侵入せんとしてきたので思わず万力で雨戸をたたきつけ防いでしまった…
感触があったけどたぶんカオも首もへし折れてたと思う
暗かったのでそのままにし翌朝そーっと開けてみると雨戸のヘリにへばり付く様に羽と千切れた雀の死体があった
気持ち悪かったけど小さな箒と塵取りで剥がしながら始末しといた
故意ではないが鳥をコロしたのはあれが初めてだった
たまにヤモリだの虫だのが侵入することはあるが雀が夜間に、も初めて



スポンサードリンク

330: 修羅場ステーション 2018/02/03(土)00:15:17 ID:hND
高速道路を走っていたら急に後ろから爆音が!
ヴァァっガーン!って音がして何事かと思えば風の巻き込み音が増えた感じが
何だ何だ何だと軽くパニック
何事かと思ってサービスエリアで確認してみるとリアウインドウガラスが跡形もなく消えていたwww
えぇー?!なにこれなんでや!
謎は深まるばかり
リアウインドウにもともとついてたかっこいいリアウィングも一緒に吹き飛んでるし最悪だ…



スポンサードリンク



246: 修羅場ステーション 2018/01/27(土)12:27:27 ID:OPB
思春期の息子がいるカーチャンなのだが、先日私のクロゼットに入れてた「いちご100%」を息子が読んでいたので
「読み終わったら戻しておくんだよ」と言ったら息子が非常に驚いていた。
夫の本で、夫が隠しておいたんだと思ってたようだ。
そらカーチャンだって生まれてからずっとカーチャンだったわけじゃないんだからいちご100%くらい読むよ。
ていうかあんたが生まれる前に始まった漫画だよそれ…と思って
13年も前に終わった漫画だと改めて気づいて、なんか衝撃。
ちなみに東城派でした。夫はさつき派。



スポンサードリンク



243: 修羅場ステーション 2018/01/27(土)08:54:03 ID:5zE
自慢です。
25を超えてからよく見たら美人だよね?的な誉められ方をするようになったこと。
産まれた頃はそれはそれはブスな赤ん坊で、祖母がこの子は将来結婚できないかも…と泣いて私のために貯金を積み立てていたくらいだった。
(祖母が毒とかではなく当時の写真を見ると確かに餅のモンスターみたいで絶望感ある)
小学校に上がってからもキモブスと男子にいじめられたり、親も親戚もとてもかわいがってくれるけど顔がかわいいとはけして言わない。
子供でもそれなりに立場?を察してかわいい服は選ばないように気をつけたり、ごっこ遊びでは率先して悪役をやるようになっていた。
中学高校もスクールカースト最下位を常にひた走り、男子内クラスブスランキングでも一位を獲得するなど華々しい活躍を見せていた。
だから自覚がないだけで実は普通~美人だったとかじゃなく、ある段階までは絶対にブスだった。
今写真で見ても高校まではブスなのは間違いない(ゆにばーすのハラちゃんぽいタイプ)
毎日毎日見てるから何がどう変わったのか自分じゃわからないけど、よく見ると確かに今はドブスってほどでもないな?とも思う。
この歳になっても顔が結構変わること、毎日見てるとわからないことが衝撃的だった。
誉められると嬉しくなって、もしかして今なら彼氏作れるんじゃね!?とか思ったけども、
今までブスとして居直って生きてきたせいで化粧もおしゃれも異性との接し方も何もわからなくてどうしていいかわからない。



スポンサードリンク



222: 修羅場ステーション 2018/01/23(火)01:50:20 ID:xjv
母方の親戚は遺伝的な疾患なのか、皆小柄。男性は150cm台、女性は140cm台がほとんど。
そんな中母は156cmと一族の中では高身長となり、
親族達は「ついに呪縛から解放された子ができたか!」と喜び、末っ子だった母はかなり可愛がられたそうだ。
が、皆小柄と共に共通しているのが「右足が悪い」
加齢と共に足が悪くなり、還暦を迎える頃にはたいてい足をひきずらないと歩けなくなる。
車椅子生活な親戚も多い。
案の定母も足を引きずり、ゆっくりとしか歩けなくなった。

私は165cmあって、親族から「さすが母の子だ!良かったね」と言われていたが、30歳を越えた今右足に違和感を覚えている。
母に打ち明けると、「やっぱりね」と。
自分では気づかなかったけど、私、しゃがむということができなかった。
右足のかかとの関節がうまく曲がらなくて、右足だけつま先立ちのような形でしゃがんでいたらしい。
(恥ずかしながら無意識だった。自分では普通だと思っていた)
当然ウ○コ座り(ヤンキー座り)も無理。
和式トイレが苦手だった理由もこの年になって分かったことが衝撃的だった。
水泳は得意なのに平泳ぎだけ出来ない理由もこれか!と衝撃だった。
(足首が曲がらないため水掻きが片方しかできない)

もう1つ衝撃的だったのが、私含め母方親族は若い頃スポーツ万能なこと。
私→市のマラソン大会で表彰経験有り、中高バスケ部
母→短距離走で全国出場経験有り、卓球で国体出場
母姉①→バレーボールで全国(略
母姉②→テニスで国体(略
母兄→柔道黒帯
他にも従兄弟たちは小柄ながら皆サッカーやら野球やらで好成績。
なのに皆成人してしばらくすると足が曲がらなくなるみたい。
遺伝かよく分からないけど遺伝すごい。
そして将来ほぼ確実に訪れる足を引きずって歩く日を想像してへこんでいる。



スポンサードリンク



207: 修羅場ステーション 2018/01/21(日)03:55:59 ID:bhW
今まで生きてきた中で一番、というには大げさだけど
「ピーターパンの冒険」をアニメで(ディズニーじゃなくて日本の連続テレビアニメ)
知った口でパンは優しくて正義感が強い最高のイケメンで実はフックのことも憎らず思っていると思い込んでいた
中二は原作本読んで原作の残酷さに衝撃を受けた
原作のパンは他人を傷つけることに躊躇がない残酷な性格でフックをワニに食べさせる
ティンカーベルは数年後に消滅
忘れっぽいパンはティンカーベルもフックの存在も忘れてしまう
親から愛されなかったパンは愛なんて概念も知らない、だから他人に愛を与えられない
母性に溢れたウェンディを母親の代わりに求める。
フックもどうしようもない冷酷で身勝手な人間なのに部下(ディズニーでおなじみの眼鏡かけた太っちょの爺さん)のミシンの音きいて
母親を思い出して泣いたりどうしようもなく悲しい人だったりね
NHKの名作アニメは原作をかなりマイルドに仕上げてるのね



203: 修羅場ステーション 2018/01/20(土)21:40:57 ID:eb6
男と付き合ってものすごく驚いた事があった。
とにかく女の1.5倍以上食べるしどこいってもバンバンドシドシ音出さないと生活できんのか!ってぐらいうるさい。
電気付けっ放しや風呂温めたあとなかなか入らず冷めて追い焚きとかザラになった。
トイレが汚いというか、ながさないそして臭い。洗い物があろうと無視して流しで歯磨きうがい。
それでいて家事の殆どが私、彼の収入がたかいのに生活費は完全折半。

もしかしたらこの人だけかもしれないけど、とにかく色々衝撃すぎて本当は解散しようかと思った。
けど父に「戸籍が汚れないとはいえ同棲した事実はちょっと調べたらわかるぞ」
「きちんと話し合ってお前が手綱を引っ張るくらいやれなきゃ同じ目にあうぞ」と言われて嫌われるの覚悟ではっきり不満をぶつけた。
喧嘩にはならなかったけど納得いかない感じで揉めた。
妥協策としてトイレは彼、お風呂場は私。
居間台所は当番制になった。
家賃と電気ガスと水道食費は月一交代制。
「雑費なんてむだだ」って言っていた彼だけど実際台所みてあれがないこれがないと色々買い始める。
基本的のはあるのにちょっと高めのいいやつを買ってきてそっちを使い始める。
トイレも汚いだのなんで壁やマットが汚いんだ!っていうので「それあんたの小だよ」っていったらショック受けてた。
コントロールが完璧で外してないと思っていたらしい。
絶対たっていたのにその日から座ってするようになって芳香剤や飾りに凝るようになった。トイレペーパーの減りが早いって怒るようになった。
もう担当場所が変わるたびに雑費雑費だらけw
人にまるなげしていた時は雑費に金をかけるな!節約しろってうるさかったので本気にしょうげきだった。



スポンサードリンク



198: 修羅場ステーション 2018/01/20(土)14:45:59 ID:2YN
初めて身内以外の葬式に出た時がスレタイだった。
俺の実家があるのが笑いも出ない程のど田舎なんだが、そこでは葬式の後に参列者全員で猟銃や鎌を持って山に猪や猿、鹿なんかを狩りに行くんだ。
葬送狩りってやつで、故人の妻や夫(未婚なら両親、妻夫がすでに亡くなっていれば子供)が故人に引っ張られない為に身代わりを捧げるってもの。
これがまじで結構大変なの。
雨が降ってようが雪が降ってようが山に入んなきゃならないし、猿鹿はいいけど、猪をやるときなんかはたまに怪我人まで出るし。子供らはしょっちゅう遭難しやがる。
まぁ、と言いつつも大勢であーだこーだ言いながらやるのは楽しくもあるんだけどさ。
でもこれ一般的じゃないんだなw
てっきりどこでも葬送狩りやるもんだと思ってたからよく世話になってた友達親の葬式に呼ばれた時、いつも通り喪服と作業着と長靴を準備してたら兄貴に、
「あれ普通はやんねーから。うちのとこが特殊なだけだから作業着と長靴は持っていくな。頭おかしいと思われるからな。」
って止められたわw
まさかwって疑ってたけどまじでやんなかったw
誰に聞いても葬送狩りなんて知らない、聞いた事ないって言うからよっぽど特殊な風習なんだとその時知った。
実家を出てからの年月の方が長くなった今では、実家あたりの葬式に行く時に長靴を持っていくのを忘れてしまうw



スポンサードリンク



179: 修羅場ステーション 2018/01/15(月)02:41:03 ID:9jE
ネットだとあんまり珍しい話じゃないっぽいけど親戚が統合失調症にかかったこと

俺の同年代(30前後)の従姉妹が数年前からとあるプロスポーツ選手のおっかけをやってた
たまにその話を聞いてたんだけど「その選手と親しくなってきた。付き合うかも」と言い出した
最初は「へー、そんなこともあるんだなぁ。良かったね」って思ってたんだけど、話を聞いているうちに
「練習試合中に目と目があった。あれは私への愛してるのサイン」「試合中にテレビを通じて私に愛を告白してくれてる」
とか言い出して、なんか変だぞって思って詳しく聞くと実際には会話したことも数m以内に近付いたこともないらしい
これやばいんじゃないって思って親戚の両親にも話をしてみたけど「あの子昔からちょっと思い込みが激しいでしょ」で済まされた
正直俺自身彼女と会うのは年に数回程度だし、自分の仕事が忙しくなったこともあってそれからしばらく親戚とは合わない年が続いた
そしてある年に久しぶりに親戚の両親に出会ったところ、従姉妹は仕事をやめて引きこもってしまったとのこと
なんでもそのスポーツ選手が結婚してさらに海外に行ったあたりで、彼と自分が付き合えなかったのは何とかの陰謀とか言い出すようになって
職場の人間も私を監視してるとか言い出して引きこもってしまったとのこと
俺も親戚両親に頼まれて一度会ってみたものの
「あなたも私を監視してるんでしょ。でもいいのよ。やつらに脅されてるんでしょ。仕方ないわ。やつらは強大だから」
とかギョロギョロした目で言われて心底ゾッとした
赤の他人ならともかく小さい時から親しくしてた相手に目の前で意味不明なことを言われると現実感が薄れるんだなって思った
一応病院にも相談してるらしいけど本人が拒否してるから入院が上手くいかないらしい

そして、彼女の症状を聞いてると10年くらい前に亡くなった祖母のことを思い出した
祖母も亡くなる前に「みんなが私を監視してる!隣の人が家の塀を増設して我が家を縮めてるのよ!隣の人もいつの間にか別人になってる!」
さらにはテレビを見て「今このニュースキャスター、私を変な目付きで睨んだわ!私に死ねって言ってるのよ!」とか言い出した
みんな祖母は70近いからちょっと早いけど痴呆なんだなって扱いで、俺もそうだと思ってたんだけど
今考えると祖母は家事はきちんとしてて記憶力も良かったし計算も正確で言動だけが変だったことを考えると統合失調症だったんじゃないかって気がする
(ちなみに祖母はそれから数年後に癌で亡くなった)

それを考えると俺の一族は統合失調症が遺伝する一族なのかって気がしてきて正直怖い
何か変だなって思うことがあった時「これは本当に変なことなのか?それとも俺が統合失調症で何でもない事を変だと思い込んでるのか?」
って疑心暗鬼に良くなってしまう



スポンサードリンク



このページのトップヘ