スポンサードリンク

衝撃

210 : 1/2 2015/05/23(土)19:47:25 ID:sXw
全体的に神経わからん!という話を・・・


2年前に離婚するまで元旦那妹と私夫婦3人で暮らしてた(義両親は鬼籍)
結婚と同時に義実家で義両親と妹と同居→義両親他界→妹が大学出るまでの約束で同居って流れだった。
スポンサードリンク

343: 修羅場ステーション 2017/10/12(木) 23:42:16.31 ID:W90WbF5z0
とあるお世話になった方の家に挨拶に行く事になって、トメも私も訪問着で行くつもりだった
当日、身支度も済んでさあ出掛けるって時に、トメが
これじゃあ私(トメ)があなたの引き立て役じゃない…と言い出して
仕方なく私は地味目の洋装のスーツにかえて結局出掛けたんだけど、
その時の事がいまだにイライラしてしょうがない
35以上年下なのに何張り合ってんの、気持ち悪い!気持ち悪い!

スポンサードリンク

415 : 愛と死の名無しさん 2006/12/16(土) 17:19:22
教会式をした友人(新郎)に招待された。 
誓いの言葉の時、それまで日本語で進行していた 
『どう見ても純日本人です本当に略』な神父が何を思ったのか 
アヤシイ英語で新郎新婦に問い掛けだした。
スポンサードリンク

949 : 名無しさん@おーぷん 2015/02/07(土)05:50:07 ID:4gP
学生時代にいわゆるヤンキーだった奴に弁当の唐揚げつまみ食いされたら、
「こんな美味いもの食った事無い」とガチで泣かれてからそいつが更生、
一年以内に偏差値を10以上伸ばして良い所の学校に合格した時。
スポンサードリンク

921 : おさかなくわえた名無しさん ID:zJyg+3as
彼氏と一緒に彼氏の友達の家に遊びに行った時の事。
鍋でもやろうぜって話だったのに、
家についたら何だか知らない男が一人いる。
家主の先輩らしいけど、
鍋ぱーちーでなく、 宗 教 の 勧 誘 だった。
ノリノリで家主&その先輩はいかに素晴らしい宗教か、
信じなければタヒぬだの不幸があるだのお約束のトーク炸裂。
スポンサードリンク

183 : 名無しさん 2014/04/25(金)15:37:25 ID:???
スレ主旨の話題に戻すね
って言ってもぷちだし
オチもないしちょっとヤな話だけど。

3年くらい前の雨の日、そこそこ賑わう近所のショッピングモールにて。
2階の店を見に行こうとエスカレーターに向かった。
吹き抜け部分にあって、周りがちょっとした広場になってる。
スポンサードリンク

15: 修羅場ステーション 2017/10/24(火) 23:41:31.04 ID:gGqGHVi4
未成年で結婚した姉貴がダンナのDVで離婚することになり実家に戻ってきた。
怠け者の糞ダンナの生活費まで稼ぐ奴隷生活だった姉貴は自分名義の借金まで作ってきて、
両親は私立大にいる俺の学費で手一杯だから一括で払ってやる余裕もない。
とりあえず食費はどうにかしてやるってことで借金だけは自分で払うことで決定。
俺もバイトで稼いだ金のうち一部は姉貴に渡して援助していた。
出戻りの姉貴がやってたバイトは代行運転だったが、よくペアを組む男が勘違い野郎。
独立して代行運転の会社をつくり二人で稼げばバイト代の数倍になると言っていたらしく、
目の前の借金に四苦八苦していた姉貴はそいつの誘いに乗ってしまう。
俺が姉貴の相談を受けていたのが幸いだった。
姉貴を通してそいつを近くのファミレスに呼び出し事業企画書を持ってこさせることにした。

スポンサードリンク

800: 修羅場ステーション 2018/02/26(月)10:28:45 ID:5pG
くだらない話だけど失礼。
俺は仕事で朝に帰ってくることも多くて、妻は普通に朝出勤するからすれ違いになる。
そんなとき妻は俺の朝食・昼食を作り置きしてくれる。これはすご~くありがたいし感謝してる。
だけどメニューが手作りのホットケーキやガトーショコラというお菓子系が多い…。
妻の実家に行ったときも朝昼はホットケーキ等が出てきたからおそらくそういう習慣なんだと思う。
俺としてはそういうものはおやつであって主食ではないと思ってる(重ね重ね言うが作ってくれてることには物凄く感謝している)。
だからそれとなく「いつもありがとう。でも朝からあんな手の込んだもの作るの大変でしょ?適当にご飯の余りとかをお茶漬けにしたりするから大丈夫だよ」と言ったんだけど、その言葉で火がついてしまったようで最近さらに手の込んだお菓子を作ってくれるようになってしまった。
今さら「ご飯食べたい」とかストレートに言い出しづらい状況になってしまってちょっと困ってる。
せっかく作ってくれたものを残して他のものを食べるわけにもいかないし。
まあ夜はガッツリご飯だからまだマシなんだけど…。



スポンサードリンク

このページのトップヘ