スポンサードリンク

浮気・不倫

51 : 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)11:35:44 ID:0GH
元息子の口からサラっと不倫相手の名前が出てきた時が修羅場。

不倫相手との約束がドタキャンされて休日家にいたら
元息子に「あれ、なんでいるの?」」と言われムっとして「いたら悪いか」と言い返すと
スポンサードリンク

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 00:32:19 ID:lCkmrF2n0
元嫁が何人もの男を囲ってるのは知っていたけど、俺はそれを見て見ぬフリをしてたんだ 

まだ娘も小さかったし、小学校に入学するときに片親だと周りに馴染めないのではないかと思っていた 

だから俺は表面的には嫁を労る良い夫を演じ、内心では常に嫁に対する嫌悪感を持っていた 

そんなある日、俺は息抜きに娘と二人で温泉旅行に行ったんだよね 

無論、旅行に行ったことは嫁に隠してた。嫁に隠れてコツコツと貯めたヘソクリを使って旅行に行ったんだよね 

楽しかった 

それで俺たち二人が家に帰ると、嫁と義父と義母が待っていたんだよね 
スポンサードリンク

911 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/03(火) 13:59:23.31
もうじき終わりそうだから、埋めがてら書き逃げ。 

実弟と嫁がデキてた。 
「弟クン、離婚で寂しそうだったから慰めていて、それでつい・・・」 
だとさ。 
親も親で、「お兄ちゃんなんだから、赦してあげれば・・・」 
だと。知るか! 
奈落の底へ叩きこんでやる 
スポンサードリンク

10 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/03 21:48:18

もう十年くらい前だけど俺の高校時代の同級生の話。
奥さん不倫してて、相手は同級生が勤める会社の社長。 
証拠不十分で浮気を追及したものだから、奥さん逆切れして、
家を出て行った。そして離婚。会社社長と再婚。
スポンサードリンク

49 : 名無しさん@おーぷん 2015/01/19(月)09:15:21 ID:od1
夫が浮気した。
元々もてるような男ではなかったし、稼ぎが良いわけでもなかった。
けれども優しくて誠実で、いつもにこにことしていて、そこに惚れて結婚した。
共稼ぎで頑張り、子供達(姉妹)も出来て、仕事・家事・育児を夫と共に頑張った。
でも夫は浮気した。
相手は会社の若い女子社員。
後で分かったけれど、父親がおらず、夫のような年上で人畜無害そうな外見の男性が好みだそう。
スポンサードリンク

720 : 本当にあった怖い名無し 2012/10/08(月) 02:07:05.99 ID:amo4ugOhO
大学の時、浮気した彼氏と浮気相手だった友人A子にした復讐 

二人が浮気しているのを知らないそぶりを貫き我が家で三人で飲み会開催。ただし料理には浮気発覚後から私が常用してた睡眠薬入り。
スポンサードリンク

965 : 名無しさん@HOME 2008/08/28(木) 10:12:37
夫に 
「浮気相手と住め。 
子どもの幼稚園あるから私は実家には帰らない。送迎用に車は置いてけ」 
と言ったら 
「できるわけない」だって。何でできないの? 
会いたくて仕方ないなら毎日会えばもっと楽しいんじゃない? 
わかんない。 

おまえらの楽しいデートは私達家族との日常の上にあると気付かないの? 
諸々の面倒事を抜きにしてイベントだけ味わいたいなんてムシがよすぎ。 
相手の女だって月一なら自分も部屋も磨き上げてニコニコできるだろうさ。 
つか、自分の子どもに何て説明してるんだ?たまに現れる男のことを。
スポンサードリンク

20 : 可愛い奥様 2013/09/03(火) 11:37:36.00 ID:JgJbvAhd0
うちの旦那の不倫相手の場合、旦那に惚れて近づき、勝手にATMになって、自分から旦那にせまって無料夜の店嬢になった人 
メールやら色々不倫相手が書いてること読んだのでそれは間違いない。 
給料は私がすべて管理してて、小遣い渡してるんだけどそれじゃ足りなかったらしく 
旦那の事好きになった女があれやこれや会う度ATMになってくれるからなかなかやめられなかったみたい。
スポンサードリンク

702 : 名無しさん@おーぷん 2015/08/11(火)05:49:17 ID:cFw
弟夫婦がようやく離婚したんだが、理由は元弟嫁の浮気・貯金使い込み・パチ狂い。
あまりの惨状にあちらのご両親も土下座せんばかりの勢いで謝ってたのに、本人だけは
状況を理解してなくて、結局裁判までして離婚したよ。
弟は1年の半分も日本にいない職業で、もちろんそれを承知して結婚したくせに
「さみしかったの!」と定番の言い訳してて、調停員にも裁判官にも匙投げられてた。
スポンサードリンク

このページのトップヘ