スポンサードリンク

友達

479 : 名無しさん@HOME 2011/11/23(水) 18:42:52
酢豚話切ったれw
俺は完全部外者で巻き込まれたのもほんのちょっとだけど。

小さな居酒屋で友人Aと二人で飲んでいた。
客が少なかったのでカウンターで店長も時々混ざりながらまったり話していたんだが、
そのときAのケータイが鳴った。電話はBから。BはAの友人で俺とは面識があるが、
連絡先も知らない。単に顔と名前が一致するだけの知人。
で、BはこれからB彼女の浮気現場に突入するから手伝えと言ってきたらしい。
スポンサードリンク

188 : 名無しさん@おーぷん 2014/08/16(土)17:37:35 ID:UW3S9uE1E
今修羅場真っ只中。
秋に結婚式をすることになって、最近連絡ができなかった友達の実家に直電したら、「あなたのことは、ずっと嫌い。迷惑」て言われた…。
頭がすごく良い子だから、結婚式に出席して欲しかったのに。
スポンサードリンク

266 : おさかなくわえた名無しさん 2013/06/05(水) 16:11:45.32 ID:xjVWgE81
もう五年前くらいの出来事、当時私は高校生だった。
向かいには私よりひとつ下の女の子A子がいる家があって、家族ぐるみで仲が良かった。
幼い頃から一緒だったし、姉妹みたいなもんだったと思う。
私が中学時代に同級生に苛められた時も、A子は毎日校門の前で待っててくれて一緒に帰ってくれたり、
心が優しくて、苛められっ子の先輩と一緒にいるなんて恥ずかしいなんてチラとも考えない子だった。
スポンサードリンク

686 : 名無しさん@HOME 2011/06/21(火) 02:15:40.52 O
イヤミを言う、私物を捨てる、料理を捨てる等するトメが来た。
その時友達が来ていて、その友達は良トメさんを庇って怪我をしていた。
その話を聞いたトメ、
「まあ、友達さんは嫁の鑑!うちの嫁には無理だわ~」
と言いながらこちらをチラチラ見てる。

スポンサードリンク

538 : 名無しさん@おーぷん 2015/06/03(水)11:46:59 ID:wgi
元友人Aに今の職業を、ほんのりと馬鹿にされてつらい。

学生時代、私とAは隠れオタクで、よくイラストを描きあったりブログで交流をしたりしていた。
時が経ち、Aは大学進学とともにブログも閉鎖し、一浪してニッコマにすべりこんでいた。
私は美術系のそこそこのランクに現役で進学した。Aがフェードアウトして以来交流はなかったし、課題もきついものばかりだったが楽しくオタクライフと両立していた。ここまてが前提。
スポンサードリンク

573 : 名無しさん@HOME 2011/04/26(火) 22:42:56.58 0
別スレでも離婚の話が出てて思い出したプチ修羅場。
去年だったか、おととしだったか。元知人が「離婚する、今すぐする、取るモン(慰謝料)取って離婚する」と息巻いていたことがあった。
しかし、元知人は浪費癖が酷く、旦那に内緒の借金がある上に、無職の専業主婦で、離婚しても収入のあては無い。
素人考えでも、慰謝料請求どころか、家事放棄と借金を理由に無一文で叩き出されてもおかしくない人だった。
それは本人もわかってたみたいで、これまでどれだけ旦那の文句(仕事で帰宅遅い、太ってきた、etc)を言ってても、
離婚したいなんて言ったことはなかった。
スポンサードリンク

753 : 友やめ 2010/03/08(月) 10:23:09 ID:4IeuACq30
少し前の友やめ。

オリジナル字書きで活動している仲間のひとり、A。
「文学賞に入賞した!デビュー決まった!」と大はしゃぎで連絡してきた。
それはすごいことだと詳しく聞けば、自費出版会社が客寄せに行っている文学賞。
入賞者には担当がつき出版費用が値引きになるというもの。

しかしそれでも応募の中から選ばれたんだからすごいことだし、
本人が大喜びしてるんだからまあいいんじゃない?と
仲間内では話していた。
スポンサードリンク

862 : ともやめ 2008/11/28(金) 17:29:11 ID:utWxHooKO
昔学校の出席日数が足りず、友人と補習を受けることになった。
が、必ずと言っていいほど友人は出席せず、忠告はしたし個人の自由だからとほっといたら、
スポンサードリンク

109 : 名無しさん@HOME 2012/08/22(水) 21:40:04.27 0
数年前のこと。主に友人の修羅場
ここでいいのかわからんが書かせていただく

友人からうちの嫁(妊娠5ヶ月くらい)が浮気しているようだと連絡がくる

友人宅で詳しく聞くとその友人の婚約者(嫁とも面識あり)が嫁携帯にTELしたが出ない→自宅にTEL→若い?男が出るが即切られた!ということらしい。
スポンサーリンク

このページのトップヘ