スポンサードリンク

友達

49 : 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)11:23:10 ID:xaHF76bmk
3年ほど前、友人A(既婚男性)から「妻が浮気されてるかも」というメールが送られてきた。

その書き方だとAが浮気していることになるんじゃ?と思いつつ、俺は「大丈夫か?」と返信した。
スポンサードリンク

592 : 友やめ 1/2 2010/01/29(金) 09:28:21 ID:JO4yEy1vP
生活板のほうがいいのかもしれないけど、
うっかり思い出してムカついてしまったので吐き出させてください 

高校の時からのオタ友Aが兄と結婚した 
それ自体はめでたいな、というかいつの間にくらいの気持ちだったんだけど 
結婚した途端兄嫁という立場を振りかざすようになった
スポンサードリンク

162 : ONE ◆MSmb6.k0tc 2014/05/24(土)12:54:10 ID:772To4AqP
友人からメールが来た。
(結婚式の)受付は職場の同期に頼むからもういいよ。
招待状は破り捨てて。
はっきり言って申し訳ないけど、彼女が気味悪がってるし
俺もお前のことずっと友達だと思ってたけど、あんなに悪意があるような人間だと思わなかった。
お前には世話になったから今でも大切に思ってるけど、でも彼女の方が大事だからもう連絡しないで。
謝罪はいらないから、もう関わってほしくない。
スポンサードリンク

1 : 名無しさん@おーぷん 2014/05/21(水)17:52:14 ID:lb4a90nPu
今お花畑状態で全く話を聞かないから困ってるんだ
どうしたらいいだろうか 
3 : 名無しさん@おーぷん 2014/05/21(水)17:54:06 ID:NhKy15CLR
1回痛い目見ないとどうしようもない 
5 : 名無しさん@おーぷん 2014/05/21(水)17:55:10 ID:A2ryYbDCT
無理だな

イッチの友達は多分女耐性ゼロのほとんど童〇野郎だろうし 
7 : 名無しさん@おーぷん 2014/05/21(水)17:55:53 ID:lb4a90nPu
まぁ経緯書いてくわ。

俺28歳大学院生、友28歳会社員。
大学、院でぱっとさえない者同士仲良くなった。
俺はキモメンで友はダサメンといったところか。
ほかにもブサメンな友が2人いて、俺たち4人はいつもつるんでた。
スポンサードリンク

73 : 友やめ1/3 2009/11/26(木) 20:07:20
ジャンル仲間のAをCOした。 
Aの辞書には「我慢」や「遠慮」という言葉はないらしい。 

例えばAを含む数人で居酒屋でアフターした時の事。 
一品料理を色々注文し、皆で取り分けるようにしていたんだが、Aは自分が 
好きな料理が運ばれてくると、配分を全く無視して自分の皿に好きなだけ 
取っていってしまう。 
人数分きっちりしかないメニューでも、お構いなしに半分以上持って行ったり 
する事も多い。 
スポンサードリンク

713 : 1 2005/11/27(日) 16:40:34 ID:roCnKFvA
何だかネタ臭い話で恐縮ですが、マジで精神おかしくなったAとCOした。 
というかせざるを得なかった、かれこれ10年ぐらい前の話。 

出会いはリア中の頃。 
Aはかなりの美人で、無口で大人しいタイプでした。 
学校、通学路、イベント会場等、あちこちで萌えられており 
知り合ったのもオタ男に絡まれて泣いていたA、私が助けたのがきっかけでした。 
同じ学年だったせいかすぐ仲良くなり、Aは我が家に遊びにくるようになりました。 
スポンサードリンク

682 : 名無しさん@HOME 2012/03/27(火) 01:03:28
車つながりで。 

助手席に友達を乗せて高速道路を走っている最中、突然シートベルトを外してドアを開けられたことがある。 
スポンサードリンク

44 : 名無しの心子知らず 2013/03/17(日) 20:47:39 ID:quy3mMQP
流れ切って投下。 
文章下手で長くなってしまった 
フェイク入れてます。 

結婚が決まったので、報告も兼ねて高校の同級生のAとBの3人で食事に行った。 
私は会社員、Aは子持ち主婦、Bは独身学生。 

A子は姑さんと旦那さんが見てくれるから、というのでよく一緒に行っていたファミレスに集合したんだけど 
Aは「お披露目と幸せのおすそわけしたくて〜」と、どでかいベビーカーに赤ちゃん乗せて来てた。 
スポンサードリンク

577 : おさかなくわえた名無しさん 2013/10/29(火) 02:03:51 ID:/YvBTqsw
友達が基地外になった。その瞬間に立ち会った。 

数年前の夕方、友人Aが家に遊びに来ることになって、自転車で駅まで迎えにいった。 
Aと落ち合い、私は自転車をおして、Aは徒歩で、細い道をアパートまで並んで歩いていた。 
そしたら、暗闇から、「助けてください。助けてください。」とか細い声がして、 
声の向くほうを見ると、杖をついた50歳ぐらいのおばさんが立っていた。 

このページのトップヘ