スポンサードリンク

家族

874 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/08(日) 13:15:12.57
子連れ同士再婚して5年。
家族仲は良好、夫婦仲も良好なんだが、5年目にして妻が初めて実家帰った。
理由は俺の母親。
今まで我慢してきたけど、過干渉過ぎて辛いってさ。
子育てについて、特に。
スポンサードリンク

170 : 名無しさん@HOME 2012/10/13(土) 22:53:40.30
携帯からだから改行おかしかったらすまん


去年弟が24歳の誕生日に自刹した。


毒親から逃げたくて、高校を卒業した私はさっさと地元を出た。
それから10年たったけど、その間2、3回しか弟には会っておらず、自刹する前は5年近く会っていなかった。


生まれて初めて警察署の遺体安置室?に入った。
弟の顔を見た瞬間に、私と母は泣き崩れた。
弟の遺体にしがみついて泣き叫ぶ母を見ていて、その言葉を聞いて、なぜか私は怒りが込み上げてきて、この女を刹したいと思った。

スポンサードリンク

405 : 名無しさん@HOME 2015/01/26(月) 17:33:28.61
俺氏17歳、4兄弟末っ子。俺だけ両親の実子だった
今年の正月にばあちゃんから聞くまで知らなかったよorz
1番上の姉は軽いダウン症で周りの話から養子だってのは気づいてたけど、姉2と兄まで養子だったとは…

兄に聞いたら「え?知らなかったの?」って言われた
軽いなオイ
逆のが辛いんだろうけど、両親に確認できないでいる今が修羅場
407 : 名無しさん@HOME 2015/01/26(月) 17:44:10.91
>>405
お兄さんも昔は悩んだかも知れないけどね
今は軽く言えるってよっぽど良い家族関係だったんだ良かったね
408 : 名無しさん@HOME 2015/01/26(月) 17:49:04.17
>>405
本人が気付いていなかったなら、家庭は円満だったのかな?
スポンサードリンク

849 : 名無しさん@HOME 2013/11/22(金) 20:14:55.85
長いしタヒ人が出るので注意。

11年前兄が交通事故でタヒんだ。
目撃者、証拠などから相手の25歳男の信号無視が分かったがそれ以外も酷かった。
反省の色なしで、通夜に来たがヘラヘラ笑ってた。
「お互い運が悪かったッスねー俺も怪我してんスよ」と言いながら包帯アピール。
スポンサードリンク

254 : おさかなくわえた名無しさん 2014/11/27(木) 15:21:34.83 ID:gfr727w1I
他版で書いたらこっちの方が良いと言われた。

自分語りすまない
聞いてくれ

吐かせてくれ


俺の父は
スポンサードリンク

79 : 1/3 2012/05/30(水) 00:23:44.56
修羅場絶賛進行形で投下。

俺は男としてこの世に生を受けたが、俺の子供の頃のアルバムはもれなく俺が女の子の服を着ている写真で埋まっている。
二人の姉と、親戚も従姉妹も全員女ばかりで、それらのおさがりが山ほどあったせいだ。そのせいか俺は女装に対して抵抗感が無かった。
成長してからは流石に男物の服を買ってもらいそれを着ていたが、内心はそんな服より女物の服が着たかった。
ズボンよりもスカートが、ジャケットよりもワンピースが、学ランよりもセーラー服が着たかった。先に言っておくが俺はへンタイではない。
それでも周囲の目を気にして、その特殊な性癖は一切人目に晒さず生きてきた。だがついに我慢の限界がきた。
スポンサードリンク

843 : 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)08:02:07 ID:3Ex
読みにくかったらすみません
ふと思い出したのでカキコ

私は二人姉妹の姉のほう、父方の祖父母にとっては初孫だった
私の母から見たウトメ大トメ(私の祖父母・曾祖母)はフィーバー
しかし、生まれてくる子(私)が女だとわかるとがっかり
私は男女どちらにも使えるような名前(つかさとかひかるとか)をつけられ、幼稚園にあがる直前には曾祖母に髪をジョキジョキ切られ、ショートカットヘアとズボンで常に男の子みたいな格好をさせられていた
小学校にあがるときには黒いランドセルをもらった

スポンサードリンク

11 : 名無しさん@おーぷん 2015/01/27(火)00:00:20 ID:A38
自分というより母の修羅場だったと思う話。

私が小学校低学年の頃、今の家から7~8km離れたところに引越しが決まった。
新居は日曜大工が趣味の父が半年ほどかけてリフォーム。
リフォームは基本土日で、朝方に父が新居へ行き、昼頃に昼食を用意した母が私を連れて新居へ向かうのが常だった。

で、ある日の昼頃に私は母と喧嘩をした。理由は確か私が我が儘を言ったせい。
母は「そんなこというなら、お母さんたちが帰ってくる夕方までお留守番してなさい!」と家を出て行ってしまった。
でも私は「お母さん優しいからどうせ連れてってくれる」と思い待っていた。そしたら、母の車の音が遠ざかるのが聞こえた。
スポンサードリンク

このページのトップヘ