スポンサードリンク

家族

386 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/05/09(水) 20:54:05.29
出掛ける前に気に入る靴が無いとヒスりだした。俺関係無いだろ?! 
終いにはいつもの言葉の暴力 
コイツの頭どうなってんだよ 
マジでグーパンしたい 
スポンサードリンク

409 : おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/05(土) 22:04:08.18 ID:WvuTq5fu.net
妹がマ薬でラリって警察に保護されたこと。 

私は田舎出身で5年前に上京した。 
妹が二人おり真ん中の妹(以下妹A)は以前からこっちにいたが、私は一番下の妹(以下妹B)と一緒に出て来た。 

上京して1ヶ月があったある日の朝、父から電話があり、『妹Aが駅前をふらふらしてて警察に保護された』との内容
スポンサードリンク

222 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/06(金) 12:54:23.78
書けるか? 
223 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/06(金) 13:00:05.22
書けた。 
ちょっと待ち時間の間投下。 
約10数年に渡る話。 
十数年前に嫁が浮気、当時5歳の娘と離婚届を置いて浮気相手と逃げた。 
八方手を尽くした挙句、浮気相手と海外にトンズラした事が分かった。 
娘もなんとなく察したようで、元嫁に対する未練や文句を一切言わず、俺と俺両親の生活を覚悟したのもこの時。夜中に布団の中で声を押し殺して泣いてる姿を見何度か見ているが、自責の念で気が狂いそうだった。 
スポンサードリンク

1750 : 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)13:24:01 ID:mT7jSGcSY
小学2年の時に母親が病死して、
一人っ子だった私は学校が終わったら父方の祖母の家で過ごし
父親が迎えに来て一緒に家に帰るという毎日だった。
が、中1の時に父が再婚し、当時まだ年長さんだった弟が出来た。
それがもう嬉しくて嬉しくて、弟が可愛くて仕方がなかった。
スポンサードリンク

552 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/25(月)12:33:41 ID:41q
うちは両親離婚してるんだけど、離婚の原因がお母さんの浮気で、浮気が見つかってから数年間は離婚してなかった
なぜかというと当時の私10歳が、離婚に大反対して大泣きしてそりゃもう大変なゴネっぷりを披露したから
お父さんは離婚したい派で、お兄ちゃん当時14歳も離婚賛成派だった
離婚してお父さんと暮らすと言ってたけど当時の私は全員一緒じゃないと絶対に嫌で
それがだめなら死んでやる!!と騒いだりとにかく必死に離婚に反対した
スポンサードリンク

902 : 名無しさん@おーぷん 2015/07/17(金)12:02:55 ID:pCK
うちは母・自分・弟の三人家族。父は自分が小学生の時に事故で他界した。
子供2人ともとっくに成人し、母が50代半ばになって再婚話が持ち上がった。
相手はバツイチ子なしの同じく50代男性Aさん。
いい人そうに見えたので賛成した。
スポンサードリンク

51 : 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)11:35:44 ID:0GH
元息子の口からサラっと不倫相手の名前が出てきた時が修羅場。

不倫相手との約束がドタキャンされて休日家にいたら
元息子に「あれ、なんでいるの?」」と言われムっとして「いたら悪いか」と言い返すと
スポンサードリンク

323 : 名無しさん@HOME 2010/09/15(水) 17:06:44
相談させてください。 

息子(23大学生)が恋人(19大学生)と一泊で温泉旅行に行くと言い出しました。 
私や夫の感覚ではもちろん反対なので行くなと言ったのですが、息子はガンとして聞きません。 
相手方の両親は許可を出したようです。 それも信じられないというか、何を考えているのか分かりません。 
息子の恋人にもその両親にもまだ会ったことはないですが、不信感しか覚えません。 
スポンサードリンク

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 00:32:19 ID:lCkmrF2n0
元嫁が何人もの男を囲ってるのは知っていたけど、俺はそれを見て見ぬフリをしてたんだ 

まだ娘も小さかったし、小学校に入学するときに片親だと周りに馴染めないのではないかと思っていた 

だから俺は表面的には嫁を労る良い夫を演じ、内心では常に嫁に対する嫌悪感を持っていた 

そんなある日、俺は息抜きに娘と二人で温泉旅行に行ったんだよね 

無論、旅行に行ったことは嫁に隠してた。嫁に隠れてコツコツと貯めたヘソクリを使って旅行に行ったんだよね 

楽しかった 

それで俺たち二人が家に帰ると、嫁と義父と義母が待っていたんだよね 
スポンサードリンク

このページのトップヘ