スポンサードリンク

ほのぼの

417: 2019/01/28(月)13:30:56 ID:mwI
うちのおかん45歳。
若いころは友達もいたらしいが今はぼっち。食事も舞台鑑賞も映画もスポーツも1人か家族(主に私)と行く。
人間関係が面倒くさくなって会社やめて、PTAも町内会とかも最低限のことしかしない。
人と楽しくない会話をするくらいなら、全部自分の趣味や家族との付き合いに充てたいらしい。

毎年欠かさず年賀状をくれる人もいるが、20年会っていないらしい。
家で稼げる仕事を持っていて、時には父の収入も超えちゃうとかで、意外と金回りがいい。
身内のことを言うのもあれだが、身だしなみには気を配っているので年より若くてきれい。
正直ボサ髪イモジャーで仕事しててもかっこいいから元がいいんだと思う。何で私はおかんに似なかった。

春から大学行って(Fラン推薦)、一応卒業後はどこかに就職するんだと思うけど、最終的にはおかんみたいになりたい。
おかんのことは「引きこもりリア充」と呼んで、これからも尊敬し続けると思う。



スポンサードリンク

217: 2019/01/24(木)19:01:14 ID:l8h
今日献血いったんけれど、すごいねこれ、精神的満足感が本当にすごい
もうまず呼び込んでたお兄さんに話しかけただけで感謝される
この時点で「お、私キリストの生まれ変わりかな?」ってなった
そして献血ルームでも終始丁寧に話してくれて、
「あーついに私も猫に生まれ変わったか」って感じ
簡単な問診で「AB型なんですか?たすかりますー」って、
AB型ってだけでありがたがれるって普通に生きててある?
血管みやすい!すごい!って血管褒められるって普通ないよ
お、血圧の値いいねー健康だね-って、もう生きてること全肯定だよ
さらに普通なら10分かかるらしいけれど、私5分ぐらいで終わったから
「え、はやい!健康!すごいですね!」もう訳解んないくらいの満足感
なんだったら水分とっただけで褒めてくれたからね
水飲んだだけで褒められるって地球上に猫ぐらいでしょ普通
本当にすごいわこれ、下手にキャバクラとかSNSでいいねもらうよりすっごい気持ちがいい
唯一の欠点は次は5月まで待たないといけないことかな



スポンサードリンク

942: 2018/12/14(金)18:48:53 ID:MT3
今年の夏、高1の息子がネットにかぶれたか、「家事なんて楽勝、俺が代わってやる。主婦の価値なんてないな!」と嫁に喧嘩を売った。
ちなみに嫁はフルタイムでこそないが9時~15時で働いているから、この時点で何だかなーなんだが。
面白いから嫁と娘(大2)と相談の上、ちょうど夏休みだしやらせてみた。
息子の脳内家事は床掃除、洗濯機を回す、メシを作るで終わりだったようだが、主婦の価値というからには主婦の仕事を全部やってもらった。
もちろん親のチェックありで。
食費は月々使っている平均的な額を渡し、「追加はなし」と厳命。参考のため家計簿を渡し、記入も厳命。
町内会の仕事、ご近所付き合い、親戚付き合い、お中元の手配、お盆の支度、お寺さんへの連絡、お布施の手配、庭の草むしり、菜園の手入れ、生ごみの処理、全部やらせた。
お中元が届いたら礼状を書かせ、お盆に親戚が来たら食事はもちろん、布団の用意、駐車場の確保、酒の手配、聞かれれば教えたが、基本メインで全部やらせた。
親戚が「(息子)ちゃんえらい働くな?」と驚いたためネタバラシ。
親戚は爆笑し「いい経験だな!」とお盆玉を弾んでいこうとしたが「今こいつは一介の主婦なので」と辞退した。
息子は意地になってやってたが、お盆明け、町内会の集金の時点でついに音をあげた。町内に同級生の女の子がいるから行きたくないと。食費もすでに尽きていた。
しかし「男は主婦より偉いんだろ?主婦にできることができないとか、お前ゴミだな」と上の娘に言われ、半ベソで集金に出て行った。
食費は、甘いかもしれんが「貸しだ」と2万追加。
まあ夏休みの宿題もあったんで、25日で解放してやった。
その時は何となくなあなあに終わったんだが、さっき息子が「あんた冬休みも主婦やるんでしょ?」と娘に訊かれて
初めて「ごめんなさい」と頭を下げたw



スポンサードリンク

955: 2018/12/25(火)17:30:49 ID:TZ6
ワイ新婚
のろける
春に見合い結婚した嫁(実家が寺)に「クリスマスパーティをしたことがない。ケーキとチキンがあればいいの?竜田揚げでいい?ケーキはホールで買うもの?」と真顔で訊かれたのが先週
寺生まれであろうとごった煮宗教の日本ならクリスマスは祝うだろうと思っていたから衝撃だった
大学時代に友達の家で鍋パしたことはあるらしいが、主催したことがないから勝手がわからんと嫁談
初クリスマスだから楽しませなきゃいけないかと、ワイ実家に行って物置からツリーを引っぱりだしてきた。30年前に買った年代物
飾ったら猫がめっちゃよじ登って猫ツリーになった
ケーキは近所のケーキ屋で普通のカットされてるやつを四つ買い、コンビニでチキンレッグを買った
サラダだけ嫁に任せ、一本1800円の安シャンパンで乾杯し34丁目の奇跡→犬神家を鑑賞
普段クールな嫁がスケキヨの死体を見ながら「ドラマみたいなクリスマス…」とうっとり言うからワロタ



スポンサードリンク

778: 2019/01/13(日)00:18:40 ID:pEf
うちの上司が年末ジャンボでちょっとした額を当てたらしい。
会社でお昼時間に丸福と描かれたポチ袋に500円玉を入れて、「美味しいコーヒーでも飲んで」と社員に配ってた。
福のおすそ分けだそうだ。
そこに部長が通りかかって事情を知る。

部(・ω・)ノ「おー!おめでとう!!」

上司(・∀・)「ハイ、部長もどうぞ。」

部長(´?ω?`)!?「え!僕も貰えるの?」

上司(・∀・)「勿論です、福のお裾分けなんですから。」

部長(*・ω・)「本当に?え~そっかぁ・・そっかぁ・・」

3時のお茶休憩の時間に部長がお菓子の詰め合わせを休憩室に持ってきた。
福のおすそ分けだそうだ。
部長は早くにお父様を亡くされ、決して裕福ではない幼少時代を過ごしたため一度もお年玉を貰った事がなかったらしい。
ご自分でもすっかり忘れてた事だけど、小さなポチ袋を貰った時にぶわっと温かい感情が広がったそうだ。
「いい歳こいてって感じだけどね」と照れながらお菓子を置いてった。

娘さんと飼い猫に当選金額の9割を持って行かれた上司も、
500円じゃすまない詰め合わせをいそいそと置いて行く部長も、可愛い過ぎんだろーー!!
喪女にはこっちの方がお年玉だわーー!!



スポンサードリンク

726: 2019/01/10(木)23:39:29 ID:5OB
猫って案外記憶力いいんだね
何年も前の話だけど息子が大学進学で下宿したのをきっかけに妻と
「子供が家にいなくなったし猫でも飼おうか」って話してたら近所の野良ネコが病気の子猫を産み捨てたとかで
痩せこけた赤ちゃん猫(茶トラの雄)を妻が拾ってきて家で飼うことになった(完全室内飼い)
で、息子は大学の長期休みのたびに帰省してはその猫を文字通り猫可愛がりし、猫も息子にすごく懐いてた
そして息子が就職してあまり帰省できなくなり、この正月に一年ぶりに帰省してきたんだけど
猫は一年ぶりの再開にも関わらず息子を一目見た瞬間にぱぁっと目が輝きだして興奮しながら部屋の中をばたばた走り回り出して
子猫のころみたいにうにゃうにゃ鳴きながら息子に飛びついて体をこすりつけたりなぜか猫パンチしたりころころ転がりまわったりとすごいことになってた
(ちなみに息子以外の来客には警戒して物陰から観察したりするだけ)
興奮が収まると息子の膝の上にずっと乗りっぱなしで息子は「こいつ俺のこと自分専用の座布団だと思ってるだろ」と笑ってた
夜は息子と一緒に寝て、息子が家にいる間はずっと息子とくっついていた
そして息子が仕事先に帰ると寂しくなったのか今度は俺や妻にいつもよりずっと甘えてきた
一年ぶりでもちゃんと好きな人のことは覚えてるもんなんだね
ただ、こう言ってはなんだけどこの猫が家に来たのは息子が大学進学で家を出てからなので
猫にとっては息子は数か月おきにやってきては数日ほど遊んでくれるだけのお兄ちゃんって感じのはずなんだけど
なぜここまで息子に懐いているのかはよく分からない
息子が撫でて上げたり玩具で遊んであげると明らかに俺や妻がするより喜ぶんだよね
俺と妻にも懐いてるんだけど息子とは態度が全然違う
妻は「息子は優しいから猫はそれが分かるのよ」と言ってるけど、動物に懐かれる才能とかあるのかな



スポンサードリンク

22: 2019/01/03(木)00:04:40 ID:GcP
御齢90を超える祖父がかつて有名アイドル並みにモテるイケメンだったこと
現在の祖父はぱっちりした目元にイケメンの名残の残る可愛らしいしわしわおじいちゃん
しかし若き日のおじいちゃんは歌舞伎役者か映画俳優かってほどの目が醒めるようなイケメンだった
しかも警察官だったから体が引き締まった細マッチョ、戦前は特に制服三割増しの法則が発動されていて本当に格好良かったらしい
のほほんお嬢様をしていた祖母すら、女学校でこの辺に死ぬほど男前の警察官がいると噂を耳にするほど地元一帯でその名が鳴り響いていた
そんな当時の祖父だが警察官として働く大都会の隣町から、時々電車で地元の実家へ帰省していた
そのため毎回帰省する際は祖父に会うためだけに電車に乗る若い女性が大量発生し、祖父にラブレターやプレゼントが大量に渡された
祖母の女学校の同級生にも数人祖父のファンがいて、祖母も何回か付き添いを頼まれて着いて行ったそうだからマジらしい
渡した手作りおはぎをその場で食べてもらえたら泣いて喜び、刺繍したハンカチをプレゼントして「ありがとう」と礼を言われたら赤面して黄色い声を上げる
そんな感じで若い職業婦人や女学生たちが祖父の一挙一動に七転八倒する様は、祖母曰く現代のジャニーズアイドルとその熱狂的ファンじみていたそうだ
でも恋愛やイケメンに興味がなかったので、祖母はそれをすげーなおい…と他人事で見ていた
だからのちに「どこの俳優のブロマイドだよ」ってくらい写りがいい祖父のお見合い写真をもらった時は、本当に腰を抜かしたらしい
結婚が確定したらしたで、祖母は結婚まで祖父ファンから恨み節を直接聞かされたり、恨みのお手紙をもらったりで大変だったそうだ
この正月に実家で祖母と年配の親戚がこれを話してたら、祖父が「沢山の女にモテても嬉しくなかった」って不満げだった
なんで?とこっそり聞いたら「祖母ちゃんが惚れてくれなかった。好きな女に惚れられなきゃ顔が良くても意味がない」と言っていた
確かにそうだなって頷いたけど、同時にこういう人だからモテたんだろうなあとも思った



スポンサードリンク

858: 修羅場ステーション 2018/12/18(火) 20:32:52.56 ID:/wbSnN0Z
今日甥っ子に原付バイクを買ってやったんで昔あった修羅場を思い出して書く
俺が保育園児で5歳の時の話
俺には歳の離れた兄と姉2人がいて長男は社会人長女は大学生次女は高2だった。兄も姉達もとても可愛いがってくれていて俺も3人が大好きだった
当時の俺はある特撮ヒーローにはまっていてそれに出てくる乗り物に憧れていた
母に何歳になったら乗れるかを聞いたら「16歳」と言われたので「手伝いを毎日するからお駄賃をくれそれを貯めて買う」とお願いしたら「いいよー頑張ってね」とニコニコ顔で言ってくれた
この事は2人の秘密にしてその日から俺のお手伝いが始まった
しばらくしたある日兄と姉達が「欲しいものあるなら兄ちゃんが買ってやるぞ」「お姉ちゃんのバイト代で買えるなら買ってあげるよ」と言ってきたが「自分で買うからいい」と答えた
兄姉達もちょこちょこしたお手伝いを頼んできてはお駄賃をくれるようになった
なんやかんやでお手伝いを続けて1年がたって俺が6歳になった時に修羅場が起こった



スポンサードリンク

705: 修羅場ステーション 2018/12/15(土)19:58:26 ID:j9N
肉じゃが作りすぎちゃったわ。
もし私が美少女で隣人がイケメンなら、ベタなあれが出来るのに
残念ながら私はふなっしー似のアラサー喪女で、隣人は顔も名前も知らない。
煮込み料理って肉じゃがに限らず、鍋一杯に作ってしまうわ。
毎回アレンジしつつ一人で完食してるから、作りすぎではなくむしろ適量なのだろうか。
体重は適正から遠ざかって行くのだけど。
ビールと肉じゃが最高。明日はコロッケに改造しよう。



スポンサードリンク

このページのトップヘ