スポンサードリンク

黒い過去

718: 修羅場ステーション 2018/10/23(火)00:17:45 ID:lT5
中学生の頃、多分家の鏡が壊れていたんだと思うけど、自分のことを美少女だと勘違いしてた。モデル歩きとかウインクとかやりまくってた。
そして勘違いしたまま好きな男子に告白。
「好きでもなんでもないけど付き合ってあげてもいいわよ」みたいなことを言ったと思う。
彼は苦笑いしたまま固まってたんだけど、その瞬間を口が窒素より軽い奴に目撃されたせいで一気に針の筵に。
主に男子からブスブス言われまくり、少しずつ洗脳は解けていった。

数年後、私はメイクを覚えた。
といってもぱっちり二重で豚鼻おちょぼ口輪郭難という化粧という魔法がまるで効かない顔面だったから、若干清潔感のあるブスになっただけ。
それでもとんでもない美人になったような気分になった。私は美しくなったのよ!と本気で思っていた。洗脳が解けた今でもマスクをすれば美少女だと思っているから、余計勘違いに拍車をかけたと思う。

ある日、数少ない友人と行ったカラオケでとある歌が歌われていた。
端的に歌詞の内容を書くと、昔の恋人にこっぴどく振られた女性が美しく大変身してモテモテな魔性の女になるというもの。
歌詞に出てくる
「あなたのおかげで今の美しい私がいる。どう?綺麗でしょ?悔しいでしょ?」
というスタンスの女性に対し、
「まさに今の私!」
とすごく共感した。

ある日、成人式のお知らせがあった。
もちろん私は参加を決意。生まれ変わった美しい私を見てもらいたかった。
実際に参加すると、
「あー…久しぶり…」
といった雰囲気で、馬鹿にはされなかったけどすごく扱いづらい人のような対応をされた。
恐ろしいことに私はそれを
「あまりに美しく変身し過ぎて驚いたのね」
と凄まじくポジティブに変換した。

そして好きだった男子+告白を目撃した男子を含む男性陣と遭遇。
向こうがこちらに気づき、最初の言葉を発する前に、私は歌詞に出てくる台詞を私らしく変えて自信満々に言った。

「ねぇ見て、眩しいでしょ?」

その後のことは察してほしい。
気づいたら家の鏡の前でブスな顔をよりブスにして号泣している自分と対峙していた。
みんな、本当に自分の顔面偏差値は知っておいた方がいい。
娘さんがいる人なら、決して盲目的にならず、世間から見てブスか否かをきちんと教えてあげて欲しい。ニ○チェのコントのように。
これ以上可哀想な女性が増えないことを祈って書き込みます。



スポンサードリンク

685: 修羅場ステーション 2018/05/04(金)19:13:31 ID:xZ4
彼女の腕に自傷痕があるのですが、理由を訊けずに3年付き合い
両両親にも紹介しあいプロポーズもして、既に同棲済みの上年末に挙式の予定です
自分が一目惚れした相手だったので、OKを貰った時は天にも昇る気持ちでした
付き合って初めて広範囲に広がる自傷跡を知ったのですが、理由を尋ねたら彼女を追い詰めたり悲しませたりするのではと思うと中々言い出せませんでした
付き合う前も付き合った後も彼女は至って普通の女性で、ヒステリーを起こしたりすることもありません
穏やかな性格ですが怒るときは怒り、きちんと喜怒哀楽をみせてくれて不安定なところはありません
一緒に住み始めてからも適度な気遣いを忘れず、しかしお互い気を張らず、とてもいい関係が築けてると思います
腕の傷も当たり前すぎてその存在を忘れてしまうことすらあるのですが
やはり結婚前には確認した方がいいでしょうか
その時にどう切り出していいかわからず悩んでいます



スポンサードリンク

423: 修羅場ステーション 2018/07/04(水)23:03:48 ID:VkV
正月頃の話
10年付き合いのある彼女と結婚を決めた
そのために彼女の父親に結婚の挨拶をして、その後彼女の母親に挨拶するため命日である1月2日に、彼女の生まれ育った地へお墓参りに行くことになった
そこは彼女の父方の祖父母が住んでいたので、宿はそちらを借りることになっていた
祖父母は今回の結婚をとても喜んでくれて、どうせなら母方の祖父母にも挨拶に行ってはどうか、とても喜ぶだろうと
1泊の予定を2泊に変え、高速乗って車で1時間ほどの彼女の母方の祖父母のところにも送ってもらい、挨拶に行った
そちらでも歓迎してもらい、後ろ髪引かれる思いで帰ってきた
最終日は彼女に地元を見せてもらう予定で、いろんな思い出を聞かせてもらいながら地元をまわった
昔家族と行ったという初詣も一緒に行った
その途中に同級生だったという人たちの集まりとその保護者たちと遭遇
彼女が年配の方と話挨拶したりしている間、俺は数分手持ち無沙汰になることがあった
そのときに何人か、彼女に聞こえないように俺に耳打ちしてくる人がいた
「あの女はやめときな、過去に手籠めにされている」と
少し離れたところにいる、元同級生だった人たちは、耳打ちされてる俺を見てニヤニヤクスクスしていた
彼女によると、そのグループはDQNグループで、彼女に害を加えたのはそのグループとつるんでいた先輩というか、日中からフラフラしてる無職のおじさんだったらしい
彼女と彼女の両親が地元を離れなければならない理由が痛いほどわかった
彼女の過去は知っているし、それも承知で結婚する
彼女の父親が母親の墓参りに行くことをとても渋っていた理由がこんな形でわかるとは

彼女の地元は言うほど田舎ではない
むしろ観光地にほど近く、すぐそばに快速が止まる駅まである
人の出入りもそこそこある
そんな環境でさえ日本は被害者側がのうのうと生活し、被害者のことを排除しにかかるのかと思うとゾッとした
被害者が立ち直ってなお被害者を穢れもの扱いする人たちの神経もわからない

この度彼女と結婚式をあげ、彼女の数少ない地元の友達がSNSで彼女を祝うメッセージをあげた
特定公開だったにも関わらず彼女の友達経由で俺に「あの女はこんな過去がある」と彼女の過去を暴露する人もいた
その相手が誰かは知らない
だが、自分のやっていることがどんなことか理解してやっているのかと一度面と向かってこちらに納得がいくまで聞いたみたい



スポンサードリンク

634: 修羅場ステーション 2018/05/05(土)08:21:05 ID:XCv
午後から友達に連れられて初めてメイク用品を買いにいくことになったけど怖い
ブサだから専門店とか入ったことないし完全に未知の領域だし自分にあうメイク用品なんか絶対無さそう
っていうか専門店の美女店員とか絶対話しかけらんないし仮に話までこぎつけても自分にあったものとかじゃなくてテキトーな高い商品押し付けられそう…
今までも周りからそんな感じの扱いされてきたし拒否したらキレられたり人格否定の暴言吐かれたりとこしょっちゅうだったし…

正直逃げたいすごく逃げたいでも今更行けなくなったとか言えないし鬱すぎる



スポンサードリンク

927: 修羅場ステーション 2018/09/03(月)22:51:41 ID:yxg
愚痴というか。長くてごめん。
30代半ばなんだけど、元彼女が知らないうちに俺の子を出産していたらしく、それが嫁にバレて離婚になった。
元カノとは、23~25才で付き合っていた。
付き合ううちに元カノが転勤になり、車で10分の距離から電車で一時間半(渋谷と小田原くらいの感じか)の微妙な距離になった。
仕事帰りにちょっと会うとかがしづらくなったことと、元カノも転勤&部署移動でストレスがあったらしく、喧嘩の頻度があがった。
俺は別れたくなかったんだけど、どんどん仲直りと喧嘩のスパンが短くなって、結局転勤から半年くらいでフラれた。
未練あったから何度か連絡したけど、つながらなかったし、もう無理だろうと思ってそのまま俺も引越し&携帯変えてしまった。
それで28くらいの時に出会ったのが、嫁。30で結婚した。
嫁は年下だったから当時入社2,3年目で今は仕事が面白いからとすぐに妊娠は考えず、嫁が30前にそろそろ子供ほしいねと話して避妊をやめた頃だった。
元カノから連絡があって、俺の子を出産したこと、子供が病気で移植が必要で、親子なら適合?しやすいんだかなんだかで検査を頼むとのことだった。
迷ったけど、さすがにこれは嫁に黙っておけないと思ったから、言った。
そしたら、あなたのことは好きだけど、他に子供がいるのは受け入れられないからあなたの子供は産みたくないと言われて、離婚希望。
ちなみに元カノと付き合っていたとき、避妊は一般的な方法でしていたから、本当に俺の子なのかと疑う気持ちも正直あって、DNA鑑定してもらったけど間違いなく俺の子だった。
元カノも俺と連絡とろうとしたらしいが、引越し&携帯変更で連絡がとれなかったからいいやと思ったらしい。
それでも会社は変わってないし、共通の友達も数人いるし、探そうと思えば探せたはずなのに。
そう言ったら、別れようと思って別れたんだから、結婚したってうまくいくわけないと思って、連絡つかないならそれでいいやと思ったんだと。
でも俺は自分に小学生の子がいるのも知らずに10年くらい暮らしてしまっていたということに衝撃だったし、それで離婚になったのも、なんかもう。
自業自得だろと思うときもあれば、恨む気持ちの時もある。
知らせてくれていたら絶対元カノと結婚していたし、その時に知りたかった。
しかも移植もさんざん悩んでようやく答えだして検査したら、不適合。
子供も助けられない、嫁に離婚された、元カノも今さら俺と結婚したくない養育費も要らないというし、なんだか、全員不幸になるだけだった。



スポンサードリンク

848: 修羅場ステーション 2017/12/11(月)16:44:24 ID:wBH
自分自身の事ではないのだけれど、黒い話。

まだまだスマホなんてものは無くて、皆ガラケーだった頃。私は大学生で妹は高校生だった。妹は歳の割には見た目も言動も幼いところがあって、両親も私も妹を心配して溺愛していた。

ある日曜日、妹は友達と遊びに行った際に携帯を家に忘れていった。父も母も外に出て、家に一人で残っていた私は魔が差して、妹の携帯を覗き見てしまった。



スポンサードリンク

614: 修羅場ステーション 2018/02/18(日)04:08:50 ID:AOd
小一の頃の黒歴史思い出したから書いていく。
小一の時に学芸会で劇をやることになり、私がやる役は歌って踊るのが得意なパンダその3だった。
でもおかしなことに、パンダが合唱するシーンを練習する時に何故か周りのみんながくすくす笑ってた。
当時の私は理由が全くわからなかった。
で、本番の時も合唱のシーンで上級生が大声でゲラゲラ笑い、大人達はニヤニヤ。
面白いシーンでもないのに何でだろうとその当時は思ってた。
月日がたって、久々に実家に帰ったら例の小一の時の学芸会の映像が収められたDVDが発掘された。
母と一緒に再生してみたところ、みんなが笑っていた理由が判明した。
みんな合唱のシーンでは棒立ちで口もあまり開けずに歌ってる中、私だけ超ノリノリでゆらゆら左右に揺れて大きな口開けて歌ってた...orz
母の話によると、みんな地元の保育園出身だったが私だけ唯一キリスト系の幼稚園出身だった。
そこの幼稚園では「歌う時は元気よく、左右に揺れて口を大きく開けて歌いましょうね」という指示がされていたそうでその癖が小学校に上がっても抜けてなかったそうだ。
これを見た時、母は娘のあまりにもKY過ぎる姿を見て死ぬほど恥ずかしかったらしく、帰ったら速攻げんこつして怒ろうと思ったそうだ。
しかし、先生や保護者、地域の人達からは「あの子、楽しそうに歌っててかわいい~!」と褒められまくったので、怒るのをやめたそうだ。
その話を聞いて本気で死にたくなった。
あの直後に上級生から「障害児」「キチガイ」とからかわれるようになった原因が今になってわかったよ。
もう、関係者全員の脳内から幼き日の私が変に張り切って歌っている姿の記憶を抹消したい...orz
ちなみに、現在の私はあの時のような活発な女の子からは遠く掛け離れてるウジウジしたオタクな陰キャに無事に育ちましたとさ。



スポンサードリンク

108: 修羅場ステーション 2017/12/17(日) 11:22:52.79 ID:wT6bLjC4
自分が生まれ育った地域が特殊で結婚がダメになった事。
私は中学に入る前まで、ある島で母と暮らしていた。
幼稚園や保育園はなく、小学校には舟で通った(渡し舟)。
母は昼だけ仕事の時と、夜出て朝まで帰らない事があり
夜に母親が不在の時は母の彼氏らしき人が家に来てくれた。
宿題したり、本でわからない漢字を教えてくれた。
島の外では全然友達が出来ず、遠足とかは参加しなかった。
母は仕事で、あまり帰れなくなったので、母の彼氏とおにぎりを
作って母親の職場でトタン屋根の平屋に届けた。
母からは「店の掃除をしてる」と聞かされていたけど、実際は身体を売る方の風俗だと気付いていた。
周りの女性もほぼ風俗で道端には注射器が落ちていた。
ある日、母の彼氏から将来何はともあれになりたい?と聞かれて「モデルさんになる」と言ったら
「それもええけど、(私)は繕い物が上手いからモデルさんに洋服作るのもいいな」
「じゃあそうする!」みたいな話をした。
中学に入る前に母から「おじいちゃんとこに行って。話はしてあるから」と言われ通帳と印鑑を渡された、結構な金額が入っていた。
母の彼氏はそれから一度も来なくなり、祖父宅に行く前の夜に一度だけ来てお守りをくれた。
祖父は優しくて、大学にも行かせてくれて、母には何度か会えた。
私は服を作る仕事に就き、同期の男性と付き合った。
彼はプロポーズしてくれたが
彼のご両親が私の身上調査をして
「あんな所で生まれ育った人を息子の嫁に出来ない」と断られた。
彼には身の上は話していたけど、やっぱり無理だとフラれてしまった。
私はあの場所でわりと幸せに育てて貰ったけど、やっぱり普通の家の子供ではなかったんだな、と思うと改めてショックだし悲しい。



スポンサードリンク

24: 修羅場ステーション 2018/07/03(火)23:26:46 ID:v1F
他人の個人情報をヤクザかチンピラか悪徳詐欺かそんな感じの、よく分からない悪い人に売っていた事
当時、職場でお局からのいじめと上司や先輩からのセクハラパワハラで身体壊して精神的に不安定にもなって男の人怖くなって頭もおかしくなってた
結局仕事辞めてほぼ引きこもり生活してたけど、貯めてた貯金が底つきかけてきたし
親は毒親で就職をきに逃げてきたから頼れなくて、友達にもお金ないなんて言えなくて
日に何度も吐いたり手足が痺れたりしてたし、精神的にも不安定で情緒不安定で突然泣き出したりとか
色々おかしいからバイトや派遣も満足にできなくて
ほとんど採用されなかったけど、採用されてもすぐクビになった
今だったら福祉に頼ろうとかも思いつくけどその当時は、もう臓器売るか身体売るか…しか考えられなかった
とにかく死にたくなくて、夢も希望もなにもないけど生きたかった
病院も仕事辞める前にいった以来いってなかったっけ

そんな時、知り合いの知り合いの知り合いのそのまた知り合いの…みたいな
遠い知り合いから稼げるバイトあるけどやってみないかって連絡があった
話聞くと有用(優良)で有益な情報や詳細な情報なら高額で買い取ってくれるって

それなら今の私にも出来そうかもと考えてとある出会い系サイトに登録した
出会い系サイトなのは知り合いの情報とかは売れないし
当時の私の思考が出会い系=悪い人、犯罪者、クズ、浮気や不倫するような人が利用する
ってイメージだったからそういう人を売っても罪悪感もたなくていいかもって

「暇だからメール友達募集してまーす」
みたいな書き込みしたらメールいつぱいきた
そこからやり取りして途中からLINEやメールアドレス教えて(もちろん私は捨てアド)
仲良くしつつ情報採取

簡単なのでも500円1000円で買ってくれたけど、本当に詳しいものやいい情報だとあっちが判断したら5000円~10000円もくれた
情報売ったらお金くれるし、話し相手になってくれるし、サイトで男の人とやり取りしたらメールとかで会話したりでリハビリできるし
みみっちぃけど出会い系サイトってやりとりしたらポイントたまって、それがサイトが指定した額よりこえたら換金出来るんだよね
それでお金入ってくるしで一石二鳥三鳥になってた

しばらくそれやって結構お金たまって
そしたら急にこんなことしてちゃヤバいって覚醒した
サイトも情報買ってもらうのもやめて(買って貰ってた人怖くて厳しくて徐々にだったけど)
男の人の個人情報書いてたメモ帳は灰皿で燃やして
県も府もいくつもこえて引越しして
当時の連絡先全部消して友達と連絡取らないようにしてぜんぶきって携帯変えて

追っ手が来ないか不安で住むところを数度、都道府単位で変えて
ある程度逃げられて追っ手が来てないと思った土地で真面目に就活した
時間はかかったけど正社員になった

そこで友達出来たり彼にも出会って普通に生活して普通に恋愛して結婚して今に至ってる
旦那もこの過去知らないし誰にも言ってないし言えない
売ってた情報がどうなったかやどこに流れたか、やり取りした男の人たちがどうなったかもわからない

まだ完全には精神的に立ち直ってないし
いまは自分と旦那、その周りの人の事で精一杯



スポンサードリンク

このページのトップヘ