スポンサードリンク

505 : 名無しさん@おーぷん 2016/05/26(木)05:31:12 ID:0Nl
別スレに彼氏の残飯係されていた人の話があったけれど、
私は自分の両親に残飯係にされていた。

定食屋で焼き魚を注文して、裏返して骨を取って食べるのが面倒になったら、
私に「食べられないから、お前が食べろ」と皿を押し付けてくる。
スポンサードリンク

私が骨を外して食べ始めようとしたら、身が食べやすくなったので、親は
自分の箸を突っ込んできて、食べやすいところの魚の身を食べ始める。
また、面倒になったら「残りはお前が」と言う。
おでんを頼んで、卵と大根食べたら、残りを私に「食べろ」と言う。
ソフトクリームを買って、食べきれないと・・・以下同文。
外食では、私は自分の食べたいものは満足に食べれなかった。
私が頼んだ料理は、「ちょっと味見」とか「一口よこせ」と最初に親が食べた。
親が頼んだ料理で、親が飽きたもの、親が思うほどおいしくなかったもの、
親がちょっと食べてみたかったものの残りを私は片づける係だった。

結局、親とはほぼ絶縁した。
「それくらいで」とか「もう、お前の好きなものを食べて良いから」とか
「食べ物を粗末にしたくなかっただけ」言われたけれど、食事以外にも、
進学とか就職で親の都合ばかり優先した言動などいろいろあって耐えられなかった。
私の人生を食い散らかすような人とは暮らせない。
自分がいいところだけ取って、後の始末を娘に押し付けるような親とは関われない。
親戚には「我儘娘」「親不孝」と陰口をたたかれたが、叔父(父の弟)が
「〇〇(私の名前)の気持ちがものすごくよく分かる」と言ってくれてから、静かになった。

その後、親からは「今に親のありがたさがわかる、その時、泣きついてきても知らない」
「子供を産んだら、母親は子供の残したものを食べなければいけない事があって、お前のような
神経質な事を言っていられなくなる」と脅しの手紙が時折来るけれど、放置している。
506 : 名無しさん@おーぷん 2016/05/26(木)06:47:21 ID:0AD
>>505
親はそのうち子供の有り難みがわかるよ。
介護要請が来ても全力で回避してね。
508 : 名無しさん@おーぷん 2016/05/26(木)07:42:53 ID:LU6
>>505
>子供を産んだら、母親は子供の残したものを食べなければいけない事があって、
臆面もなくこんなことを書けるのがすごいな。
509 : 名無しさん@おーぷん 2016/05/26(木)07:50:29 ID:jPP
>>505
子どもが産まれたら何でそんな事をされてたのか
親のキチさがよく分かるようになるよ
私がそう
あんなに無心に頼ってくるものを突き飛ばすようなこと出来ないよ
513 : 名無し 2016/05/26(木)08:38:07 ID:83a
>>505
ご両親の考え方や、やってること可笑しい、変。
私には理解出来ない。
子供の残したものを親が食べることはあるけど、
ご両親がやってるのは逆のこと、自分達の食べ残しを
子供に押し付けている。
自分達の気持ちが大事で、子供を振り回す。
離れられて良かったね。
むしろ子供を産んだら、この親の身勝手さが分かるよ。

叔父さんは兄であるあなたのお父さんの被害者かな?
理解してくれる人が居てくれて良かった。

転載元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1463473030/

スポンサードリンク

視聴者の反応

  1. 1 名無しの視聴者さん 2017年01月13日 10:24 id:HoCVi5xN0
    その元父親は馬鹿長男だったんだな
  2. 2 名無しの視聴者さん 2017年01月17日 14:46 id:pbdI09.k0
    普通そういうのは母親の役目なんだけどね
    母親が子供の食べ残しを食べるのは当たり前
  3. 3 名無しの視聴者さん 2017年01月17日 14:57 id:WSC5pgaV0
    我が子に美味しいところ食べさせて余ったら親が食べる。普通にこれで子供を育ててきた。
    あなたはそれができる人だと思うよ。身を持って経験してるからね。毒親なんて生活の中から抹消して自分の人生楽しんだ方がいい。
  4. 4 名無しの視聴者さん 2017年02月13日 14:31 id:t4LjCjq40
    子供の残した物を親が食べる?普通はそれが当たり前なんだが。
    言っちゃナンだが。そのお父さん、どう言う育てられ方されたのかねぇ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ