スポンサードリンク

641 : 名無しさん@HOME 2007/11/07(水) 22:21:47
元旦那は子の命を無視してまで義実家に連れて行った殺人未遂ヤローでした。 
産後の体調が良くならず、義理両親にも孫を会わせてあげられなかった‥ 
そんな中馬鹿がやってくれた! 
「早くパパンママンに孫を抱かせてあげたいぉ!よし!嫁子が寝てる間に連れてっちゃえ〜」 
てな感じで生後3ヶ月半の我が子をミルク・オムツも持たず拉致。 
ちなみに義理実家まで実家から電車で5時間。 
バスに乗って1時間。 
我が子が殺人未遂ヤローに拉致されてから丸1日後、愛しい子供は点滴の管まみれでした‥ 
その後は即離婚をし今は実家で可愛い娘と楽しく暮らしています。 


643 : 名無しさん@HOME 2007/11/07(水) 22:25:30
>>641 
離婚する時旦那はどうだったの? 
なんかストーカーになりそうなバカ旦那だな。  
スポンサードリンク

 


644 : 名無しさん@HOME 2007/11/07(水) 22:28:20
>>641
生後3ヵ月半で片道6時間、ミルクもオムツもなしだとぉ?
馬鹿通り越して基地外だなその元ダンナ。
お子さんが無事でよかった。


647 : 名無しさん@HOME 2007/11/07(水) 22:48:39
>>641
それは警察動く騒ぎのような・・・
それ、発覚した後、元夫はちゃんと反省したのかな?


648 : 名無しさん@HOME 2007/11/07(水) 22:52:37
子供をなんだとおもってるんだろね。
大人だって6時間も水分なしじゃキツいじゃんね


649 : 名無しさん@HOME 2007/11/07(水) 22:55:13
>子供をなんだと
よく泣くぬいぐるみ…くらいの感覚なのかな?


651 : 名無しさん@HOME 2007/11/07(水) 22:59:41
体調悪くて泣きやんでも「ようやく静かになった」とか思ってそうで怖い


653 : 名無しさん@HOME 2007/11/07(水) 23:07:32
救出されるまでをkwskしたい。
旦那がら強奪できたのか、
それとも異変を感じて旦那が病院にかけこんだのか。


655 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 00:15:07
>>641

似た話を気団の寺で見たよ
大分前だけど


689 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 09:57:14
>>641です
赤子拉致した馬鹿男が他にもいたんですね‥

娘拉致から発覚&発見までは簡単に‥
娘拉致し電車乗る直前に義理実家に電話。
不信に思った義理両親から実家に電話、発覚。
すぐに鉄道会社へ連絡、発見した時には拉致から四時間後。
娘は脱水症状手前で殺人未遂ヤローは爆睡中だったそうです。
元旦那は反省する気すらなく逆に責められました‥「脱水症状になるなんて聞いてない!」と。



691 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 10:02:38
>>689
>不信に思った義理両親から実家に電話
良かったね、まともな義理両親で。まさに真のエネミーは配偶者。


692 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 10:06:10
>>689
ええーと、赤ちゃんの事を人形か何かと勘違いしてたとか?


694 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 10:22:38
腹へって、赤泣いてただろうに。
脱水症状直前は、泣く元気もなかったろうけど。

「猫を乾かそうと電子レンジに入れたら死んだ。賠償しろ」
と裁判起こしたというアメリカの都市伝説は有名だね。


695 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 10:24:24
爆睡中に更に赤ちゃん拉致られなくて本当によかった。


705 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 12:40:36
>>641>>689です。
娘はスリングで抱っこ?されていたそうです。
季節は秋で電車内もまだ暖房が付いていなかったのが救いだった‥

我が子の無事を確かめた後は修羅場でした。
例のセリフを言った途端に双方の両親がブチ切れ、一瞬で元旦那の顔は血まみれに‥
元旦那の言い訳は「子供産んだぐらいで寝込むなんて変!具合が悪いとか言ってパパンママンに子供を会わせたくないだけ」
この言葉で離婚を決め、嫌がる元旦那を義理父が押さえ込み無理やり離婚届を書かせ提出しました。
ちなみに寝込んでたのは出産で骨盤がズレ自力で立てなかった為。



708 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 12:45:14
>>705
義理父GJ!


709 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 12:45:28
>>705
別れて良かったね。
間違いなく別れて良かったよ、我慢してたら今頃絶対子供無事じゃないよ・・・


710 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 12:46:57
こういうクズ旦那のせいで、良ウトメなのに孫と会えなくなるんだよな。
かわいそうに。
もちろんクズの製造責任とか、そういうのもあるんだろうけど。


711 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 12:49:41
>>641

うへぇ・・・
激しく乙でした・・・
娘さんがご無事で本当によかった。

私も出産で骨盤が歪んだから、
その辛さよくわかる!

妊娠出産は病気ではないけれど、
新しい命を自分の体の中で育み、
そしてこの世に産み出す行為は命懸けなんだ!
と理解しようとしない男はイラネ・・


712 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 12:51:53
人間の赤さんは、地球上の種のなかで
もっとも弱い生き物だ・・・・って事を
理解しない父親もイラネだね。


713 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 12:52:14
>>705
その元夫、結婚後、出産前などにエネの兆候はあったんですか?
いきなりそんな風にエネの花が開いてしまうなんてことはあるのか、それとも徐々に
変化していったために気づかなかったのか、あまりに怖い話なのでサンプルとして
伺っておきたい・・・


716 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 13:05:37
で、元旦那のロミオメールとか花とかケーキは無いのかな・・?


718 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 13:18:48
てか、自分も普段腹が減ったら食べて水分も取るよね?>夫
いくら乳児の世話をしなかったからと言っても
乳を飲ませる所とか見ていただろうに。
見ていなくても、漫画やドラマでもそんなシーンは普通にあるんだから
頭の隅にでもそんな知識はこびりついていなかったのかなぁ?


724 : 641 2007/11/08(木) 14:10:58
ミルクは忘れたから実家に着いてからでいっかぁ‥と思って、電車乗る直前に義理実家に電話したそうです。
エネの兆候は妊娠後期ぐらいに??とは思いましたが、里帰りしていた為に気つかず‥。
ロミオメールは毎日20回以上、休日には朝から玄関先に居座り程度です。
もちろん会いたくないので、玄関から見えない庭のフェンスを改造し出入り口を作り人様の庭を通り抜け駐車場へ‥w
田舎で近所が仲良しだから出来ましたw
義理両親とは年に数回会っています。



726 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 14:17:13
>>724
それって義実家に「今から見せに行くけどミルク忘れちゃったから
用意しておいてね〜」とtelしたって事?
で、「嫁子さん一緒ならそんな事無いはず(母ニュウでもミルクでも)?
まさか息子と孫だけで来るのか?嫁子は知っているのか?
一体どうなってるんだー」となって義実家が連絡してきたって事か。

なんかもう本当に無事で良かったとしか・・・
オムツもパンパンだっただろうに(;ω;)
義両親とは仲良しなんだね。良かったけどキッチリ〆てくれるよう
改めてお願いしておいた方がいいんじゃないだろうか・・・
いや、そのウトメなら充分にやってくれているんだろうけどさ。


728 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 14:27:38
電車で移動中にウンチでなかったのは良かったのか…。
しかし他の乗客の目には奇異に映っただろうなあ。
お世話グッズ無しの 手 ぶ ら で赤ちゃん抱っこしていたのではorz


732 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 14:44:39
>お世話グッズ無しの 手 ぶ ら で赤ちゃん抱っこ

誘拐拉致(いや普通にそうなんだろうけど)っぽいよね。


734 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 14:56:31
何にせよ、その時の赤ちゃんが現在元気で良かった


722 : 名無しさん@HOME 2007/11/08(木) 13:33:55
赤ちゃんが生きててよかった。
ほんとによかった。


転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1194178402/

スポンサードリンク

視聴者の反応

  1. 1 名無しの視聴者さん 2016年11月15日 13:05 id:VioiT61r0
    そのバカ男がどこかに閉じ込められて「脱水症状になるなんて聞いてない」って言われて欲しい
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ