スポンサードリンク

775 : ◆w0T6LsVKL6 2012/07/05(木) 16:37:50.62 0
男 
「なあもういーだろ? 
やりなおそーぜ? 
あんなバカ女に本気になるわけねーじゃん 
遊びだよアソビ まあ悪かったよ 
浮気したの俺だしな 
でももうしねーからさ 
たのむよ」
スポンサードリンク
 


「アンタさ、自分が惨めになんないの?
人のカレにちょっかい出してんじゃないよ
いい?
私と○クンの間には、もうアンタが入る隙間なんかないの
さっさと次のオトコ見つけなって
まぁ○クンほどのオトコなんてそう居ないと思うケドw」

男→付きあってない。私に付きまとっていた元同僚。
女→店の客。私から男を略奪したと思い込んでる。

どっちも見た目はまともな社会人なんだが…。
お似合いかもしれん。
この二人にアドレス流してたのは別の同僚男。
全部上司に報告したからこいつらに将来はないはず。
転職して今は平和。
776 : 名無しさん@HOME 2012/07/05(木) 17:37:24.80 0
>>775
他人事過ぎてポカーンw

お疲れ様でした・・・
777 : 名無しさん@HOME 2012/07/05(木) 18:28:52.65 0
>>775
勘違い男 + ロミオ 
ってところですかね?www
それに勘違いジュリ + 勝手にアドレス流し同僚(そのままw)のトライアングル・・・
781 : 名無しさん@HOME 2012/07/05(木) 20:55:00.83 0
>>775
コマ切れで頭が悪い内容なので
立て読みのメールかと思ったw
784 : 名無しさん@HOME 2012/07/05(木) 21:20:59.46 0
元同僚の男 → かってに>>775にストーカー行為
また別の同僚(男) → かってに>>775のアドレスをストーカーとジュリに教える

ってことでおK?
785 : 名無しさん@HOME 2012/07/05(木) 21:29:29.10 0
>まぁ○クンほどのオトコなんてそう居ないと思うケドw

たしかに○クンほどの(アホな)オトコなんてそう居ないと思うわw
787 : 名無しさん@HOME 2012/07/05(木) 22:02:54.29 0
登場人物は、>>>775以外に3人

1 ストカー男
ロミオメールを送ってくる

2 女(店の客)
脅迫メールを送ってくる。 1の男とできてる?

3 同僚男
>>>775のメールアドレスを1男と2女に教える

1男と2女はいまどうなってるの? 別れたの?

788 : 名無しさん@HOME 2012/07/05(木) 22:33:27.75 O
実際、このスレ的ロミとジュリって相性はどうなんだろう
金クレ、上から目線、お花畑、他人は自分の奴隷、とか思ってる同士なんて
まともに対峙したら共生できそうにないけど、頭沸いてる同士で波長が合うんだろうか
やっぱり自分のこと棚に上げて同属嫌悪するんだろうか
791 : ◆w0T6LsVKL6 2012/07/05(木) 23:28:26.42 0
>>775です。
書き方が悪かったですね、すみません。

>>787さんの通りです。
客女がストーカー男を略奪(?)し、付きあったようです。

ストーカー男は私と付きあってて客女と浮気したと思っている。
客女は私と付きあってたストーカー男を略奪し、私がストーカー男にジュリってると思っている。
今付きあってるかどうか知りません。

同僚男は私の会社での登録情報を読み、面白がってストーカー男にアドレスを教えて、
その後客女にも教えたようです。
ストーカー男には登録情報を見る権限はありませんでした。
上司によると、同僚男はアドレス以外は教えていないとのことでしたが、
転職先がちょっと遠いのもあって念のため引越し済み。
二人ともきつい処分を下すとのことで、私は良い条件の会社を紹介してもらいました。
792 : 名無しさん@HOME 2012/07/06(金) 00:06:11.93 0
>>791
上司の紹介ならよかった。
乙でした。

793 : 名無しさん@HOME 2012/07/06(金) 00:39:34.01 O
面白半分で人生を棒に振るバカっているよね
お疲れ様でした
794 : 名無しさん@HOME 2012/07/06(金) 05:35:06.85 0
上司がちゃんとした人だったのが救いだね
やれやれ

転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1337956290/

スポンサードリンク

視聴者の反応

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ