スポンサードリンク

1: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:26:13 ID:pTL
別れた方がいい?


スポンサードリンク

2: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:30:11 ID:pTL
両親

離婚
暴力親父・アル中孤独死
難病母親、死亡


兄弟

姉 アル中 生活保護
弟 シンナー中毒 障害残り生活保護
本人 難病 生活保護



4: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:31:53 ID:pTL
本人続き

アル中・言葉の暴力の元夫との間に1人の子持ち。
その子は多分発達障害




5: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:32:12 ID:NeE
「別れた方がいい?」って聞いてる時点で別れるべき

彼女がどうこうの前におまえのその考えがアウト



11: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:36:00 ID:pTL
>>5
だよね

姉の息子
中卒
ニート
家でを繰り返す


叔父
家族がいるのに家に女を呼ぶ
近親相姦しまくり
一昨年死亡。


その他、親族全員60歳までに死亡



9: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:33:15 ID:H7J
役満


10: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:34:53 ID:R8q
呪われてはいないでしょ。
単に…いや、なんでもない。



12: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:36:28 ID:pTL
>>10
単に?
言ってくれよ



13: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:37:46 ID:R8q
>>12
あ、うん、その、世の片隅で生きてらっしゃる家庭かなと。



16: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:40:11 ID:pTL
>>13
日の目をみる人と見ない人がいるなら完全に見ない人の分類だよね…

でもたくさん助けてもらったし支えてくれてるから、だからこそ抜け出させてあげたいと思ったんだけど、無理だ引きずりこまれる恐怖がある



18: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:43:18 ID:R8q
>>16
第三者が聞いたら絶対に別れを勧めるシチュエーションだから、人に聞く意味ないと思う。
本人の意思を固めて下さい。



22: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:46:53 ID:pTL
>>18
そうか、そうだよな…



17: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:41:53 ID:zxi
ACなだけじゃん

家族から引き剥がせば解決



19: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:43:28 ID:pTL
>>17
ごめんACって何?

家族からは離れてるよ、姉とは連絡とってないみたいだし弟は入院してるし。糖質で。



23: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:47:11 ID:zxi
>>19
これやで

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%A2%E3%80%E3%AB%E3%88%E3%81%E3%AB%E3%89%E3%AC%E3%B3

統失は置かれた環境が悪すぎるときにも発症するしね
これもACによるものだろう

回復可能だとは思うが、イッチが共依存にならないように注意な
イッシャにもACを相談するとええで



24: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:48:55 ID:pTL
>>23

ドンピシャで驚いた
サンキュー23



26: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:53:55 ID:zxi
>>24
ACの人は手を差し伸べる人に絡みついて籠絡し
様々な手段で支配しようとするから注意な

イッチがかぶることもないとは思うな イッチはイッチの幸せを追求するべきや



28: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:56:33 ID:pTL
>>26
籠絡かぁ
確かにあるかも…



30: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:00:12 ID:zxi
>>28
それから ACはオトナコドモの意味ではないんやで
機能不全家族のもとで育った子って言うだけの意味や
ただしちゃんと子供らしく育ててもらえなかったことで
おとなになっても子供っぽい愛情を求めることはある よくある

>「私は愛情を求めたらいけないの?」とよく言われてる。

これも支配の手段や 言い換えると
「あなたは私に愛情を注ぎ続けなさい」という呪いやねんな
繰り返されるとその呪いから逃げられなくなってしまう
逃げられなさそうな人を 選ぶんやけどな

いわゆるボーダーラインやで



32: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:09:16 ID:pTL
>>30
暴力とかリスカもないけど、それを除けばそのまんまだ…。

これは…ボーダーライン上かとっくに超えてるか…。


確かにおれ、「俺がいないと彼女はダメだ」と思ってしまってるわ。
でもいつも今日は1人にさせてくれとも思う。いつも一緒にいるから離れたくなる



34: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:14:09 ID:zxi
>>32
ボーダーライン という言葉よりも 「ボダ」という単語で検索してみるよろし

イッチの人生を決めるのはイッチ自身や よく考えて行動するように
人生の先輩からのアドバイスとしては これは治そうとしても
寛解確率は40%くらいしかなく 10年以上かかる
イッチの貴重な若い時代を ボダとの共依存に費やすのか
それとも自分だけの人生を歩むのか よく考えて判断するよろし ワイはオススメしない
これは医療の範疇の話や

逃げると決めたら 完全に逃げんと駄目やで 子泣きじじいよりしつこいからなボダは



20: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:43:30 ID:HuL
関わらない方が良いかと~


21: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:44:19 ID:Gue
女って父の面影を彼氏や旦那に求める事ってあるね
真逆もあるけど



25: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:53:54 ID:pTL
アダルトチルドレンは聞いたことがある。

確かにそうだ。
むかし働けていた時の話を聞くとたくさんのいい経験をしてるなー!と思ったけど、随所に
「大人だけど子供だ」と感じる時があった

「私は愛情を求めたらいけないの?」とよく言われてる。
めんどくさーと思う



27: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:55:56 ID:H7J
蛙の子は蛙


29: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)07:58:26 ID:pTL
さっき共依存の話になったけど、いまいち共依存ってよく分からないんだけどさ、わかりやすい例えってない?


31: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:02:00 ID:zxi
>>29
「俺が居なけりゃ彼女はダメなんだ」と思い込んで
一生懸命愛情を注ぐが 彼女は常にイッチを試すので
リスカしたり暴力とか浮気とか 繰り返す
でも結局それはイッチを試すためのものなので
イッチのそばからは離れない そして最初に戻る



32: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:09:16 ID:pTL
>>31
暴力とかリスカもないけど、それを除けばそのまんまだ…。

これは…ボーダーライン上かとっくに超えてるか…。


確かにおれ、「俺がいないと彼女はダメだ」と思ってしまってるわ。
でもいつも今日は1人にさせてくれとも思う。いつも一緒にいるから離れたくなる



33: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:13:02 ID:pTL
俺個人事業主なんだけど、今仕事がうまくいってるのは彼女の功績によるものがとても大きくて、それで離れられなくなってるのもある。

ここで別れると「用がなくなったらポイッて捨てるんだ」と言われそうで怖い



35: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:14:41 ID:zxi
>>33
彼女の功績 って思い込ませるのに彼女は成功したんやな



36: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:16:00 ID:pTL
>>35
多分それ

先日も、私がお金出すからトラック一括で買いなって言われた。
怖くて断ったけど。



39: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:19:07 ID:zxi
>>36
ワイ詳しいやろ ワイもボダ女性とつきおうたことあるんや
えらくしんどい日々やった 最期には浮気される支那
こっちも死ぬ寸前まで行ったわ

まぁ やめとけ



44: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:28:20 ID:pTL
>>39
うん、すごく勉強になる。ボダもさっき調べた。
ドンピシャ。
本人は不安神経症と言っていたけど、明らかにこっちだ。リスカとか薬物はないけどそれ以外全て当てはまる

やめとくか…別れ話するの怖いなぁ
いや、、正直な話すると別れ話するその時間がクッッッソ面倒くさい。クズですまん



49: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:30:30 ID:zxi
>>44
別れ話すると追跡スイッチがはいるのでヤメロ
蒸発するのだ



51: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:34:05 ID:pTL
>>49
全てバレとるから無理だわ…
一緒に商売盛り上げて来たんだもんよ…

でもおかげさまで別れた方がいい理由はわかった。根拠も理解した。
あとは勇気と行動だな



52: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:39:10 ID:zxi
>>51
検索するとまっさきに出る↓これ 読んどくといいわ
http://agora-web.jp/archives/1439250.html


もしかしたらワイにもボダの卦があるのかもしれんな



53: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:49:11 ID:pTL
>>52
自我が確立しておらず、つねに情緒不安定で、存在しえない親に代わる絶対的庇護者を求めて

これこれこれこれ!!
これから逃げたいと何度も何度も思ってるんだわ。

でも見捨てたりしたらダメなんじゃないか、過去助けてもらった恩を仇で返すことになるんじゃないかと思ってしまう


でも今日ここで聞いたことで意思は固まった。
ありがとうございます



54: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:51:04 ID:zxi
>>53
良かったやで
イッチは自分で幸せになるんや

彼女は自分がACだって気づけばええんやけどな
この苦しさの原因は何なんやと気づければ
あとは医療機関にかかればええんやけどな
でもそれはイッチがやっちゃダメやで 絶対やるなよ



50: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:33:38 ID:zxi
>>44
不安神経症はACが元で発症するとてもよくある例やな
あまは不安神経症って言わずに 全般性不安障害って言う
これだけならカンセリングとSSRI・SNRIとかで治るんやが

土台にはACがあってそこに不安性障害が生えてるだけなんで
上モノだけを治しても意味はない 本人が救われるように
彼女自分自身で努力するしかないんや



37: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:16:51 ID:MP8
>>1は女?
なんとなく女が作りそうな設定の話だ



44: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)08:28:20 ID:pTL
>>37
男だぞ
そして全て嘘偽りない実話だぞ



55: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)09:01:40 ID:wVh
世の中にはめんどくさい人がいるな


59: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)13:24:57 ID:zxi
恐ろしいものでな

3才児神話ちうのは真実なんや
三つ子の魂100までてな 3歳位までに受けた親からの愛情 自己肯定感が
その後の人生を決めてしまうんや ACはこの愛情・自己肯定感をもらえなかった人や
もっとわかりやすく言うと 昔のマッマはコドッモをおぶい紐でおんぶして仕事してたやろ
ああいう体温が伝わる関わり合いが必要なんや

児童心理学やってるイッシャならみな同意見だろう
毒親でない限り 母親の愛情のもとで幼少期を過ごさせるほうがええんやで
だから保育園が普及してきた今 ボダも増えている
ボダはボダを生む 苦しみの連鎖や

これを見た誰かも せめて自分の子は 暖かく育ててやってほしい



63: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)13:35:30 ID:pTL
ちょっと仕事してた

午後イチの現場がの予約時間を勘違いしてて空き時間出来たからまたこっちに戻って来ますた

>>59
多分彼女の子供もACになるんだろうなと思うわ。
彼女の話だと、3歳くらいまで可愛いと思わなかったって言ってるし



64: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)13:37:06 ID:pTL
俺もバツイチで、娘が6歳になるまではマジで溺愛してたんだがな…。
離婚したのでその後どう育ってるかは分からん

いい子に育ってくれてればいいな



65: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)13:39:05 ID:EQq
酒の神に愛されていると考えれば気持ちも晴れるだろ
いや無理か



66: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)13:39:18 ID:bnI
>>1の経歴も大概やないか


67: 修羅場ステーション 2018/04/05(木)13:40:54 ID:pTL
>>66
なんや、離婚歴あるっちんー話だけでわかるんかいな?
いやまぁ大概なんやけどな



転載元: ・彼女が呪われた家系なんだが

☆キチ過ぎる!( ゚д゚)話題の【マジキチ】話はコチラ☆ ☆スカッとできる!ヽ(・∀・)ノ過去の武勇伝話もオススメです☆
スポンサードリンク

視聴者の反応

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ