スポンサードリンク

920: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 09:50:57.86 0
義父母、義弟一家、我が家で外食すると必ず義弟嫁が支払いを家へ押しつけてくるんです。
義父が財布を出すと
「お義父さんたちは老後の蓄えしなきゃ~。ここはお義兄さんたちが…ね(はぁと)」
上目遣いがうざいです。
義母があとからこっそりお金を渡してくれようとはするけど、定年してる家からもらえないと断ってます。
義弟嫁曰く自分たちは子供にお金がかかるから、子供のいない我が家が負担すべきなんだそうです。
じゃあなぜ子供いない時代から我が家持ちなのか疑問です。
奢ってくれとまでは言わないから、たまには折半とかにしてくれてもいいんじゃないかなと思ってしまいます。



スポンサードリンク

921: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 10:07:32.84 0
一緒に外食しなきゃいい


922: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 10:09:51.05 0
義弟一家と外食するの止めよ
義両親と別々に外食行こう
旦那にも理由は話して



923: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 10:30:13.80 0
国自体が子無しから税金を多くもらおうと考えているんだもの
そういう人がでてくると思う
ここは、今お金を使うと将来私達夫婦が亡くなった時
お金は残らないわよと牽制するのがいいのでは



924: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 10:53:58.35 0
レスしてくれた方々ありがとうございます。
夫が義弟に不満を洩らすと「ケチくさいこと言うなよ」だそうです。
別々に食事に行こうとしたこともあります。
偶然義兄嫁が子ども連れて義実家訪問したらカレンダーに書かれてる予定を見てしまい、なぜ誘わないのかと騒いだそうです。
義母が「たまにはお兄ちゃんたちと4人で食事でも」と説明したけど、大勢での食事のほうが楽しいに決まってると譲らなかったらしいです。
義母が困り果てて私へと連絡。義母に被害いくのを見兼ねて了承したことがありました。
そうですね。そのような策でいってみるよう夫にも話します。ありがとうございます。



925: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 11:32:17.92 0
>>924
義弟家は乞食夫婦だな
義両親死後の遺産相続で絶対揉める



928: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 11:59:34.95 0
>>924
義実家関係と外食に行くのはやめる
それでいいと思うよ



934: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 12:41:17.19 0
>>924
自分たち夫婦にもしもの場合は甥っ子姪っ子に面倒みてほしいから奢るんだって言ってたと、義母さんに義弟夫婦へ漏らして貰えば?
もちろん、資産は残さないと付け加えて。



930: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 12:06:37.20 0
乞食が身内にいると最悪だな
外食も自由に出来ないのか
カレンダーに予定を書かなければいんじゃね?義母も馬鹿じゃん?



933: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 12:22:16.89 0
>>930
カレンダーに予定は癖とかじゃね?
年寄りあるあるだよ



931: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 12:12:33.31 0
ケチなやつに限って人様をケチ呼ばわりするよね
おまえらが払うなら行くというしかない



938: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 13:18:22.08 0
お知恵の数々感謝いたします。
お知恵を借りて撃退できるように頑張ります。
遺産は義父が義弟の性格を考慮して、生きているうちに自分たちですべて使い切ると夫に洩らしたらしいです。
夫は同調しました。
負の遺産がないならいいですものね。



940: 修羅場ステーション 2018/03/09(金) 13:25:06.67 0
乞食とは食事しないってハッキリ言えば解決じゃない


転載元: ・【義兄嫁】嫁同士ってどうよ?156【義弟嫁】

☆管理人オススメヽ(・∀・)ノ義実家に対する【DQN返し・スカッと】する過去話も人気です☆ ☆管理人オススメヽ(・∀・)ノ過去の【修羅場・衝撃】話はコチラ☆
スポンサードリンク

視聴者の反応

  1. 1 名無しの視聴者さん 2018年03月15日 22:55 id:2b7Gdmjn0
    夫婦そろって乞食だ(笑)

    「支払い別々で」って言えば一番良い。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ