スポンサードリンク

344: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/19(金) 20:18:36.30 ID:T4vuTr98
小学生の時から単身赴任で寂しかった
進学先が父の赴任先と一緒になったから嬉しかった…のもつかの間、二人暮し二日目で泣かされた
母の、父への態度の理由がやっとわかった

しばらくしてバイト帰りに強盗に襲われ殴る蹴るされた後にレイプされそうになってPTSDになり外へ出られなくなって中退した
学校に行ってないんだから仕事しろと言われるも精神状態は悪化する一方で自殺未遂をした
助かってしまい、生きてるけど

その後精神科に通い薬を飲んでいると「そんなもの飲むな!」と
なんだかんだで双極性障害併発しても「仕事しろ!誰だって楽しいときも憂鬱な時もある!」と

後はブスとずっと言われ続けてきたから整形した
整形前も後も他人から顔を褒められていたけど父は相変わらずブスだと言ってくる(整形したことは気付いていない)

今は「ブス」から呼び方が「オバサン」になった

……それでも自殺未遂から意識が戻った時、父が私の手をずっと握っていたのを思い出すと、憎いのに、嫌いなのにいつか愛してもらえるんじゃないかと期待してしまう自分が嫌だ

帰省したいけど顔を合わせたくないから帰れない

スポンサードリンク

346: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/20(土) 00:20:43.49 ID:XfFwGoe4
>>344
DVの典型的なやり口だね
そんなクズさっさと見切りつけて縁切れ
その時は多分鳴いてすがってくるだろうがな

347: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/20(土) 00:58:50.94 ID:6Nno8/cu
>>344です

>>346
父お気に入りの妹がいるから多分妹を頼ると思う
私は式挙げなかったけど、妹の式のスピーチで「正直姉より可愛い顔の娘が産まれて嬉しかった云々」と言っていたので、私が産まれた瞬間から興味なかったんだと思う

…幼稚園児の頃から薄々気付いてはいたんだけどね

ちなみに私と妹は顔が似てるんだけど、やっぱり私のほうがブスだからなぁ

348: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/20(土) 20:48:09.43 ID:XfFwGoe4
>>347
そんな父親と付き合っていたらますます不満が顔に出て自分の事をブスだと思い込んでしまう

つか既婚?
よく旦那が黙ってるな
俺だったら義理の父でも殴りとばすけどね

351: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/21(日) 17:34:23.92 ID:i1pQixUo
>>348
レスありがとう
既婚です

夫には「また嫌な思いするんだから帰省しなくていい」と言われますが、父は外面めっっっちゃいいので、本当のところは理解してもらえてないと思います
母方の祖母ですら「いつも何かと気遣ってくれて~」と褒めます

母も私と同じようなことを言われています
稀に褒めることがあるとすれば「あそこの嫁は物凄くブサイク。うちは良かったな」と必ず他人サゲとセットです

いっそのこと早く父が逝ってくれれば、と思います
でも物凄く泣くと思います

361: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/23(火) 07:57:49.72 ID:/ewrA+5I
>>351
うちも外面だけは良い
本当のところを理解していないであろう淋しさもあろうけど
仲良くしろYO!話せば分かり合えるYO!とか言う馬鹿タレじゃないだけで良しとしといた方が
自分も配偶者も楽だと思ってる

配偶者が我が事のように胸を痛め慰めてくれるとか創作物にありがちだしつい求めがちだけど
配偶者だって人間で自分を過去の苦しみから救うために存在してるヒーローじゃないから

自分だってこんなクズのもとに生まれ育たなかったら
他人から話だけ聞かされたら「え?うそ…」って半信半疑止まりだったかもしれないし
自分を選んで結婚したうえで無理に会いに行かなくてもというスタンスの時点で
一人の人間として尊重されてると思うからそっちの方が重要だと思ってる

理解共感し慰めてくれるより
理解はできなくても否定せず尊重する人がそばにいる方が
ドラマチックではないけど有り難いと思っている

あとどんだけ外面良くても公衆の面前で姉妹の容姿比較一方サゲって頭おかしい
どういう調子で言ったとしてもまともな人間ならドン引きだから
周囲にも徐々にバレて広まると思う

そうなるよう&あなたが父死んだ際涙一滴も出ないくらい吹っ切れるよう祈る
祈るというか念じとく

スポンサードリンク

視聴者の反応

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ