スポンサードリンク

2019年07月11日

786: 修羅場ステーション 2018/04/04(水)11:52:24 ID:BFM
近所にとっても料理が上手いAさんがいる。
いわゆるメシウマってやつなんだろうね。凝った料理じゃなく一見普通の肉じゃがとか手羽先煮とかなんだけど
Aさんがおすそわけしてくれる料理は何でもすごく美味しい。
Aさんは三軒隣で息子さん夫婦と同居。Aさん本人は60歳くらいかな。
「作りすぎちゃったから」と週1くらい持ってきてくれて、共働きの我が家は凄く有り難い。
去年、義兄夫婦が遊びに来た時、「いただきものなんだけど」と
Aさんの料理を出したことがあるんだけど
義兄嫁さんは「美味しい!」と超感激し、義兄は何も言わず食べてた。

先月急に義兄が来て「Aさんの夫婦仲はどうだ」とか「Aさんは離婚する予定はないだろうか」とか
マシンガンのように質問し出して、私も夫もびっくり。
目がおかしかったから、夫が義兄を連れ出してお店で飲みながら話を聞いたら
義兄、Aさんの料理に惚れこんじゃって
「こんな美味しいものを作る人はきっと優しくて素晴らしい女性に違いない」と妄想がふくらんでいったそうな。
Aさんを一目見ようと家を見張った義兄、帰宅してきたAさん家のお嫁さんを見た。
お嫁さんはスーツが似合うスラっとした長身でモデルみたいな人。
義兄はお嫁さんをAさんだと誤解して恋に落ちてしまった。
「彼女と結婚したい。離婚を考えている」と言う義兄に夫はあきれ返って
「本当のAさんは60歳くらいのおばさん」
「たとえ嫁さんの方がAさんだったとしても、見知らぬ男といきなり再婚する既婚女性なんていない」
「ストーカーになる前に目をさませ」
と言い聞かせて、夜中に帰ってきた。
義兄はメシウマAさんが60歳と知って恋が冷めちゃったみたいで、
夫に「義兄嫁さんには言うな」って釘刺されたけど、私はなんだかなーと思ってる。
身近にこんな神経ワカランな人がいると思わなかった。



スポンサードリンク

691: 修羅場ステーション 2018/04/04(水)16:22:07 ID:3H6
毎年梅雨になる前と夏が終わった頃に、シルバー人材センターに除草作業を依頼する。
便利屋さんにお願いしたこともあるけど、こちらの方が仕事が丁寧で感じが良かった。
地域によってはシルバー人材センターの仕事ぶりは酷いって言う人もいるけど
うちの地域に関しては当たりと言うか、ご近所さんも使ってる人結構いるけどどこも満足してる様子。

と言う話をママ友グループで話したら、その中のひとりに無茶苦茶批判された。
高齢者を安い賃金で、しかも暑い中雑草抜きの作業やらせるなんてまともな人間のやることじゃないって。
でもシルバー人材センターの仕事内容の中にそれが明記されてて、
お年寄りがそれを理解したうえで自分で人材として登録するわけだし
その人に対して仕事を依頼してるわけで、何が問題なのか分からない。
自分がやりたくないからって、そんな環境の中で働かせて何かあったらどうするの!とも言われたけど
自分がやりたくないからお金払ってお願いするわけだし、
うちに来る人はいつも涼しい早朝から来て、9時前には帰っていく。
たまに仕事終わりに縁側でお茶と和菓子出して雑談することあるけど
(いつも指名で同じ人が来てくれるので仲良くなってしまったw)
身体動かすのが好きだけど、この年になると雇ってくれるところもないし
小遣い稼げて好きなことできるんだからもっと仕事入れてほしいって言ってたぐらい。
とまぁ、そんな感じでwin-winなんじゃないの?って言ったら詭弁だって言われたのね。
そのママ友、以前にも大雨の日にネットスーパーで注文した人を批判してたこともあった。
その時も似たような感じで、大雨で買い物に行きたくないからって
それを赤の他人になすりつけるような真似して恥ずかしいと思わないの?って絡んでたけど
大雨でも仕事してる人なんて山ほどいるし、やりたくないなら仕事辞めればいいだけだし
配達が出来ないぐらいの大雨だったら配達中止もあるってサイトには書いてるし、と
他にも色々言われて論破されてた。
大変な仕事してる人を労わる私に酔ってるのか、ただの偽善なのかよく分かんないけど
幼稚園の送迎バスで顔を合わせる機会もやっと無くなってバンザイ。



スポンサードリンク

161: 修羅場ステーション 2017/08/11(金)10:20:23 ID:???
婆の息子がやっと本命らしき彼女を連れて帰省するって連絡あったの
もう相手のご実家に挨拶に行って大歓迎されたから受けたのと同じだけ饗応してねと事後通告されたのが三日前
お正月に帰省した時は何も言わなかったのに何だかこの事後報告は!と爺がむくれてたけど、いやそれ爺が今までやっときた事ですからと言ったら爺はびっくりしてた
爺は爺婆を引き取り同居、一年で爺母の支配欲と過干渉に辟易して単身赴任を希望、ボケと病気で手に負えなくなった爺母の施設入所を断る、これ全て事後承諾だったわ
婆が理と情を尽くして説明した事を理解できなかった、できないふりで押し通したくせに、自分が同じ事を考えされてびっくりするなんで本当にこっちがびっくりだわ



スポンサードリンク

1: 修羅場ステーション 2017/06/12(月)21:17:02 ID:02d
Aさんという俺の好きな人がいたわけだが、そいつに俺の好きな人を
聞かれた
困ったなぁと思ってうまく誤魔化し、帰りに友達にAが好きだと言うことを
教えてAに伝えるように頼んだ

つまり間接告白とでも言おうか
しかし、どうやら友達は伝えたらしいんだが逃げられた(?)そうだ

……明日どうしよう……



スポンサードリンク

243: 修羅場ステーション 2018/01/27(土)08:54:03 ID:5zE
自慢です。
25を超えてからよく見たら美人だよね?的な誉められ方をするようになったこと。
産まれた頃はそれはそれはブスな赤ん坊で、祖母がこの子は将来結婚できないかも…と泣いて私のために貯金を積み立てていたくらいだった。
(祖母が毒とかではなく当時の写真を見ると確かに餅のモンスターみたいで絶望感ある)
小学校に上がってからもキモブスと男子にいじめられたり、親も親戚もとてもかわいがってくれるけど顔がかわいいとはけして言わない。
子供でもそれなりに立場?を察してかわいい服は選ばないように気をつけたり、ごっこ遊びでは率先して悪役をやるようになっていた。
中学高校もスクールカースト最下位を常にひた走り、男子内クラスブスランキングでも一位を獲得するなど華々しい活躍を見せていた。
だから自覚がないだけで実は普通~美人だったとかじゃなく、ある段階までは絶対にブスだった。
今写真で見ても高校まではブスなのは間違いない(ゆにばーすのハラちゃんぽいタイプ)
毎日毎日見てるから何がどう変わったのか自分じゃわからないけど、よく見ると確かに今はドブスってほどでもないな?とも思う。
この歳になっても顔が結構変わること、毎日見てるとわからないことが衝撃的だった。
誉められると嬉しくなって、もしかして今なら彼氏作れるんじゃね!?とか思ったけども、
今までブスとして居直って生きてきたせいで化粧もおしゃれも異性との接し方も何もわからなくてどうしていいかわからない。



スポンサードリンク



203: 修羅場ステーション 2018/01/20(土)21:40:57 ID:eb6
男と付き合ってものすごく驚いた事があった。
とにかく女の1.5倍以上食べるしどこいってもバンバンドシドシ音出さないと生活できんのか!ってぐらいうるさい。
電気付けっ放しや風呂温めたあとなかなか入らず冷めて追い焚きとかザラになった。
トイレが汚いというか、ながさないそして臭い。洗い物があろうと無視して流しで歯磨きうがい。
それでいて家事の殆どが私、彼の収入がたかいのに生活費は完全折半。

もしかしたらこの人だけかもしれないけど、とにかく色々衝撃すぎて本当は解散しようかと思った。
けど父に「戸籍が汚れないとはいえ同棲した事実はちょっと調べたらわかるぞ」
「きちんと話し合ってお前が手綱を引っ張るくらいやれなきゃ同じ目にあうぞ」と言われて嫌われるの覚悟ではっきり不満をぶつけた。
喧嘩にはならなかったけど納得いかない感じで揉めた。
妥協策としてトイレは彼、お風呂場は私。
居間台所は当番制になった。
家賃と電気ガスと水道食費は月一交代制。
「雑費なんてむだだ」って言っていた彼だけど実際台所みてあれがないこれがないと色々買い始める。
基本的のはあるのにちょっと高めのいいやつを買ってきてそっちを使い始める。
トイレも汚いだのなんで壁やマットが汚いんだ!っていうので「それあんたの小だよ」っていったらショック受けてた。
コントロールが完璧で外してないと思っていたらしい。
絶対たっていたのにその日から座ってするようになって芳香剤や飾りに凝るようになった。トイレペーパーの減りが早いって怒るようになった。
もう担当場所が変わるたびに雑費雑費だらけw
人にまるなげしていた時は雑費に金をかけるな!節約しろってうるさかったので本気にしょうげきだった。



スポンサードリンク



198: 修羅場ステーション 2018/01/20(土)14:45:59 ID:2YN
初めて身内以外の葬式に出た時がスレタイだった。
俺の実家があるのが笑いも出ない程のど田舎なんだが、そこでは葬式の後に参列者全員で猟銃や鎌を持って山に猪や猿、鹿なんかを狩りに行くんだ。
葬送狩りってやつで、故人の妻や夫(未婚なら両親、妻夫がすでに亡くなっていれば子供)が故人に引っ張られない為に身代わりを捧げるってもの。
これがまじで結構大変なの。
雨が降ってようが雪が降ってようが山に入んなきゃならないし、猿鹿はいいけど、猪をやるときなんかはたまに怪我人まで出るし。子供らはしょっちゅう遭難しやがる。
まぁ、と言いつつも大勢であーだこーだ言いながらやるのは楽しくもあるんだけどさ。
でもこれ一般的じゃないんだなw
てっきりどこでも葬送狩りやるもんだと思ってたからよく世話になってた友達親の葬式に呼ばれた時、いつも通り喪服と作業着と長靴を準備してたら兄貴に、
「あれ普通はやんねーから。うちのとこが特殊なだけだから作業着と長靴は持っていくな。頭おかしいと思われるからな。」
って止められたわw
まさかwって疑ってたけどまじでやんなかったw
誰に聞いても葬送狩りなんて知らない、聞いた事ないって言うからよっぽど特殊な風習なんだとその時知った。
実家を出てからの年月の方が長くなった今では、実家あたりの葬式に行く時に長靴を持っていくのを忘れてしまうw



スポンサードリンク



このページのトップヘ