スポンサードリンク

2018年11月09日

302: 修羅場ステーション 2018/11/07(水)00:21:01 ID:KiZ
虫注意

子供の頃の話だけど、塾に行く為に玄関で準備をしていたら、どこからともなくカサコソと微かな音が聞こえてきた
最初は気にならなかったんだけど、一度気がつくとどうしても音が気になって仕方がない
廊下を通りがかった弟に話したら、やっぱり弟にも紙が擦れるような音が聞こえるという
それで2人で音の発生源を探していたら、どうも廊下に置いている30kgの米袋が怪しいという結論に至った
で、恐る恐る米袋の紐を解いて中を除き込んだら、一緒に覗いた弟が飛んで行った
弟「ひゃあー!!」
私「うおおお!?」
祖母に貰った米だったんだけど、虫がついていたようで、無数のコクゾウムシが溢れ出てきて変な声が出たわ
虫が苦手な弟は速攻でリタイアし、比較的耐性がある私が虫と格闘することに
とりあえず袋の口を縛り、母に救援を求めて2人でひたすらガムテでペタペタした
途中で帰宅した父がその光景を目にして弟とそっくりな悲鳴を上げていたのが笑えるw
時間の許す限りペタペタして、ドアの向こうから声援を送る戦力外達に時折真っ黒になったガムテを投げつけながら、どうにか溢れた分の虫の駆除は終了
後日、改めて残りのコクゾウムシ退治を行なった
レジャーシートをベランダに広げて米を天日干しにしてみると、面白いほど速やかに虫達が逃げていく
夏場だったのが幸いした
逃げた虫をまとめて駆除して騒動は収束した
米は普通に炊いて食べたのだけど、父と弟は嫌だ食べたくないっておかずだけで凌いでたのに、その後カレーを作って出した母は鬼畜だと思う



スポンサードリンク

65: 修羅場ステーション 2018/02/08(木)16:16:34 ID:Mo4
高校の時に改造バイク乗り回してるDQNと同じ場所に就職してるんだけど
高校の時に乗ってた改造バイクが物置にあって親から早くなんとかしろって叱られてるらしく
俺に「バイクとか乗る…?あげるけど」って言ってきた
けど変な良くわからないパトライトみたいなグルグル回るランプつけてハンドルが斜め上になってるみたいな
お祭りみたいなバイクなんて欲しいわけも無く断った
「誰か引き取ってくれないかなぁ…」と悩んでて上司が物によっては引き取るというので現物の写真を見るもドン引き
上司「あげるって言ってもいらんわこんなの…」と即拒否
DQN「何で俺こんなの乗ってたんだろう…」とその場で落ち込む同級生
なんでも母ちゃんが滅茶苦茶ゴリラのように怖いらしく早く捨てないと家を追い出すぞと言われてるらしい
DQN本人も高校の時とは違い別人のように気が弱くなってて驚いた

上司「パトライト外せば誰か引き取ってくれるんじゃない?」
俺「外したら外したでそれはまた地味で酷い見た目じゃ…」
事務員「バイク屋に売れば?」
DQN「買取拒否されました…(泣きそう」

昼休み毎回こんな会話になってて流石にちょっと気の毒



スポンサードリンク

450: 修羅場ステーション 2016/10/29(土)00:37:52 ID:rQZ
友やめってほどじゃないのかもしれんけど

ブラック企業勤めだった頃の私は愚痴がひどかった。
友人Aも職場でえらい目に遭っていて、やはり愚痴が多かった。
愚痴というか、上司や客への不満と怒りかな。
友達に会って黒い気持ちを吐き出すことで楽になっていた。

だけど友人Bはそれがとても苦痛だったらしい。
「貴方たちはいつも人の悪口ばかり言っている。
たまにはネガティブなことを言わずに過ごせないの?」と怒った。
Bの言うことはもっともだった。
聞きたくもない愚痴を延々と聞かされたら誰だってしんどい。
他人のネガティブな言葉にさらされ続けたら自分まで汚くなる。

だけど私もAも鬱屈が溜まりすぎてて、吐き出すのをやめられなかった。
だからBは誘わずに2人だけで会うようになった。
マシンガントークで上司や客への怒りをぶちまけてなんとか日々をやり過ごしていた。
Bも誘って遊ぶ時もたまにはあったけど、回数は減った。
そのうちBが誘われていないことに気づいて、「誘ってよ」と言ってきた。
「いや、私ら愚痴を言うから、Bとはまた別の機会に」と言ったら
「だから、悪口ばかり言うのやめれば?」と呆れられた。

だけど私にとってもAにとっても、愚痴の吐き出し合いは精神安定剤だった。
結局、段々にBとは会わなくなってしまった。
私もAも転職して、今では落ち着いて、2人で会っても愚痴大会にはならない。
今ならBも誘っても問題なさそうだけど、
別にBとの交友を復活させようまでは思わないかな。



スポンサードリンク

333: 修羅場ステーション 2018/02/08(木)18:59:24 ID:V27
ゼミのグループワークで同じ班になった中にAという男子がいる。
初対面で「メイド喫茶で働いてそうな顔をしてるねww」と言われた。
ハァ?意味わからんと思ってスルー。
その後「×××(知らない横文字っぽいタイトル)のエンバン貸すよ」と言われた。
エンバンの意味がわからなくて「わからないからいいです」と言うと舌打ちして離れていった(後に円盤=DVDらしいと知った)
同じ班の女子と雑談していて、お互いの彼氏のことを話していたら
「見栄張ってるw」とAに絡まれたり、私が知らない人の名前が結婚したどうとかで「昨日泣いた?目が赤いぞ」とからかわれたりした。
Aの言動のすべてがイミフで、気味悪いので避けた。
避けたら余計粘着され、班長の男子が見かねて注意してくれるまで続いた。
グループワークがほぼ終わって、ちょっと早い打ち上げの飲み会をしたんだけど、その時彼氏に迎えに来てもらった。
Aはなぜか私の彼氏をずっと架空の存在だと決め付けていて「画面から出てくるのかよw」とか言っていた。
実物の彼氏が登場して、Aは物凄く驚いていた。
周囲に「本人がずっと彼氏いるって言ってただろう。なんで驚くのかお前の方が驚き」と言われていた。
その後、班長の男子がAから色々聞いてくれて、
Aの中では「メイド喫茶で働いてるのを否定しなかった→図星→オタク女」になっていたと知った。
彼氏は何かのゲームのキャラだと思われてたらしい。このへんはなんでそう誤解されたのか不明。
結婚したどうこうの人はアニメの声優。なぜこの人のファンだと認定されたのかも不明。
「オタク女=下に見ていい」みたいな感覚だったみたい。
ちなみに私は勘助スレとかでよく見る色白黒髪きょぬーなルックスではないです。ネイルもメイクも頑張ってるし。
ていうか私がたとえオタクだったとしても見下げられる覚えはない!!神経わからん



スポンサードリンク

このページのトップヘ