スポンサードリンク

2018年07月10日

187: 修羅場ステーション 2018/07/03(火)12:42:28 ID:orN
社会人になってから付き合った彼女
物静でほんわかした可愛らしい人で、好きな小説家が一緒だった
自分も彼女もその作家の作品は全て揃えているのだけど、彼女は作中の台詞や文章をよく覚えていて、会話の中にちょいちょい挟んできた
中二病臭い独特の言い回しが多いんだけど、そんなに嫌ではなく、むしろ記憶力いいなー、と尊敬していた
そんな彼女は読書以外趣味らしい趣味はなく、休日もあまり外出はせず、テレビも見ない人だった
買い物もあまりしない
本もその作家以外はあまり読んでないみたいだったので、一人のとき何しているのか不思議だった

あるとき、初めて彼女の家に招かれた
独り暮らしの部屋には、ほとんど物がなく、ただ、大きな本棚があって、そこにはその作家の本と、大量のノートが収まっていた
「このノートは何?」と聞くと、はにかみながら見せてくれた
ノートにはびっしりと小説の中身が書き写されていた
「好きすぎて写経してるの」「書いてると言葉が心に染み込んできて、幸せになるの」
とうっとりした笑みを浮かべながら言ってきた
ちなみに、その作家の文章は難解で、一冊の量が多い
別に悪いことしてるわけじゃないし、人に迷惑かける趣味でもないけど、なんだか怖くなって最終的に別れた



スポンサードリンク

117: 修羅場ステーション 2018/07/05(木)09:37:09 ID:X9w
よく「結婚前は目を十分開け、結婚後は目を半分閉じよ」というけど
本当にその通りだと思った
あと自分で自分を変えることはできるけど人を変えることは絶対できないとも

知人Aの彼氏は付き合っている時から好き嫌いが多かった。
知人Aとその彼氏も含むグループで食事をした時も
「俺、これダメだ」「これは食べれない」を連発(主に野菜とか)して
正直一緒に居てげんなりする相手だった。
この手の話で アレルギーが、とか宗教・文化上の理由で、というのではない。
というかアレルギーの人も仲間にいたけど、その人はアレルゲンをさりげなく避ける
人で必要以上に周りに気を使わせることもなかった。

Aは学生時代から付き合っていたのもあるけど、結婚するつもりだったから、
学生のうちは、「好き嫌い多い人は大変だよ」と周りも諭したこともあったけど、
まあ、本人の自由だし、放っておいた。

で、Aが卒業後数年してその彼氏と結婚。

結婚直後から会うと旦那さんの愚痴ばっかり。
好き嫌いばかりして、野菜を食べないとか、偏食だとか。

やっぱりそうなったかーと思ったけど、その旦那さんを選んだのはAだしね。
旦那さんに引きずられてか、Aも体型が変わって、中年になった今、二人で
体調不良なんだそうだ。

食生活は体の基本なんだから、そこに無頓着な人は結婚相手としてどうなんだろうと
正直思っている。が、本人にはさすがに言っていない。



スポンサードリンク

574: 修羅場ステーション 2018/07/06(金)11:47:09 ID:EGR
就職してから物理的な距離ができてた友達がいて、それでも年賀状のやりとりは欠かさずやっていて、相手が地元に戻ってきたら必ず連絡があって顔を合わせていた
ところが私が結婚報告してからぱったり連絡がとれなくなった
これまでお付き合いしている人がいることとか匂わせなかったから、いきなりで驚くかな?とは思ったけど、まさか連絡が途絶えるとは思わなくて戸惑っています

最後に会ったのが今年のお正月、3月に結婚報告、そのときはお祝いのメールをもらったので、新婚旅行のお土産を送ったけどお礼とかは無かった
GWに合わせて毎年連絡があるのに今年はなし
連絡を送ってもメッセージはなく、体調を気遣うメッセージも返事は無い
それまでは毎回友達から休みごとに会おう会おうと言われてたんですが
結婚を堺にこんなに疎遠になるものかと戸惑っています



スポンサードリンク

604: 修羅場ステーション 2018/07/06(金)16:16:35 ID:Lyb
友達3人(AB既婚でAは妊婦、C私未婚、婚約者あり)と久しぶりに会った
ファミレスでおしゃべりした帰りの駐車場で
「旦那の金で昼間っからいい気なもんだな~」とおじさんに絡まれた
スルーして行こうと思ったらAが
「私達の旦那はあなたと違って心の広い人だから友達と会うくらいでネチネチ言わない」と反論
カッとなったおじさんがこちらに向かってきたと同時に外を掃き掃除してたファミレスの店員さんが
「どうしました?」と声を掛けてくれた
おじさんは車に乗って行ってしまったのでホッと一安心
店員さんにお礼を言って車に乗り込んだら、
おじさんを撃退したこととマンガのようなタイミングでの店員さんの登場に大盛り上がり
だけどBC共Aに対して「よく言った!」と褒めるばかりなのが気になって、
自分の主張をハッキリ言えるのはカッコイイことだけど前置きして、
「変な人にはあまり突っかからないほうがいい。
さらにAは妊娠してるんだから突き飛ばされでもして何かあったら大変だよ」と言った私に対して
「ああいう人は女子供の弱そうな人にしか強く出られないんだからガツンと言ってやればいいんだよ。
それに自分だけじゃなく旦那のことまで悪く言われたら黙ってられない」とA
「○○(私)も結婚すればわかるよ」と言われそれ以上は何も言えなかった

その日の夜Bから「何故空気を壊すようなこと言ったの?」とラインが届いて
こちらに向かってきたおじさんにサクッと刺されることも有り得ると上記をもう一度説明
それとAがおじさんに言い返した後にサッと私の後ろに隠れたこともちょっと・・・と言ったら
「Aを心配してる振りして結局自分がかわいいんだね」だって
その後Cからは「○○の気持ちもわかるけど妊娠中のAにストレスかけちゃかわいそうだよ」とラインが届いた
私が?Aにストレスかけたの!?と困惑しつつBと同じことをCに言ったら「少し大げさだよw」ときた
私が折れないと長引きそうだったので一応3人に
「空気壊すこと言ってゴメン、だけど今の時代何があるかわからないから自衛も大切」とラインしたら
「頑固w」と返ってきた

ファミレスで話してた時はすっごく楽しかったのに何で今こんなモヤモヤした気持ちでいなくちゃいけないのか
悲しいというかやるせない気持ちでいっぱい



スポンサードリンク

446: 修羅場ステーション 2018/07/05(木)19:05:13 ID:gcI
出産後の夫の赤ちゃん返りがしんどい。辛い。
前はあまえてくる時だけ幼児化で普段はキリっとしてたのに、今は家にいる間ずっと幼児だ。
赤子に私の注意がそれすぎる(夫基準)とスネて、口きかなくなったり食事をボイコットしてポテチ食べたり。
少しでもきつく言うと「あーあ、もう育児手伝う気なくなったわ~」
「やる気なくなったわ~全部一人でやれば?」
いや元々あなた育児にノータッチだし邪魔してるだけだし。
限界が来たから正座させて真面目に話したら謝ったけど、子供が男なのが気に入らないって言い出した。
「娘を生んでくれたらよかったのに…女の子なら愛せたのに…家にママのこと好きな男は二人もいらない」
何それ。あなたの子じゃん。神経わからん。血管切れそう



スポンサードリンク

583: 修羅場ステーション 2018/07/06(金)13:49:55 ID:0uU
相談お願いします。
私はある銘柄の株を3万株持っています。
亡くなった父から相続しました。
ここ数年1600~1800円あたりをウロウロしている株です。
数年前から夫がこれを売れ売れと五月蠅いのです。
この株とは別に相続した現金や保険金等は自宅ローンの繰り上げ返済に充て、
現在ローンのない二馬力の生活なので、それなりの水準の生活なのですが
夫が言うには、もっといい生活ができるだろうと。
だけど、別に家族の為に使いたくない、独り占めしたいとかそういうことではなく
一度水準を上げると下げられなくなるし、今のままで十分。
これは老後資金に取っておきたいと言うのが本音です。
老後子供たちに金銭的に迷惑を掛けたくありませんし。
私としてはそれが“今は売らない理由として十分”だと思っているのですが
株なんていつ暴落するか分からないので、今売ろう、早く売ろう、と。
そして銀行に預けて手を付けないようにすればいいと。
でも銀行に預けても大した利息も付かないし、
株は持っていれば結構な配当金が付きます。
配当金のおかげで、テレビを買い替えたり家族で海外旅行したりも出来ています。
そこらへんをどう説明しても売ろう売ろうとしつこくてげんなりします。
もしかして借金でもあるのかと疑ったりもしましたが、それは無いようです。
客観的に見て、夫が言うように今のうちに現金化すべきだと思いますか?



スポンサードリンク

137: 修羅場ステーション 2018/07/05(木)20:34:34 ID:nsI
嗅覚って驚くほど記憶を刺激するね
髪を洗うのが面倒すぎて、いつの間にか復活してた「リンスのいらないメリット」を買ったんだけど
使った瞬間、狭いアパートのユニットバスが18歳まで通った銭湯に変わった
ガシガシ髪を洗いながら思わず泣いた
今も髪から漂ってくる香りに涙が出そうになってる
あの頃家族で使っていたシャンプーはメリットじゃなかったはずなのにな
お客さんのメリット率が高かったのか、それとも当時のシャンプーはみんなこれ系統の香りだったのか
銭湯でいつも包まれてた匂いだ!とありありと思い出した
風呂のない団地の中にある銭湯で、特に女湯はいつも混んでいて芋洗い状態
しょっちゅう父と男湯に行かされた
小学校に入ってからも気にせず男湯に入っていたけど
同級生に会ってその時は普通に遊んだのに
後から急に恥ずかしくなって親に「もう男湯には入らない」と言った
銭湯の湯温が熱い地域で、子供にはつらかったけどそれが当たり前だと思ってた
歯を食いしばってソロソロと湯船に入って
入ってしまえば意外と平気で頑張って100数えた
深い湯船と浅い湯船があって深い方は立ってないと入れなかった
親を待っている間、ゴミ箱からシャンプーの空き容器を漁って水鉄砲にして遊んだ
今は据え置き型の大きなポンプ容器がほとんどだけど
あの頃銭湯にそんなの持ってくる人はいなかった
容器に水を入れてるときもやっぱりこの匂いがした
風呂上がりに必ずラムネやパックジュースを買ってもらえる子がうらやましかった
アイスは50円とかジュースより安いのもあったから
アイスの方が買ってもらえることが多かった
100円のアイスは高嶺の花だった
番台にはいつも禿げたおじさんがいてごくごくたまにこっそりアイスを奢ってくれた
年齢が上がっていっても番台のおじさんは番台のおじさんで
裸を見られようが少しも恥ずかしいとは思わなかった
夏の日に銭湯から出て風呂敷包みを片手にまだ明るい道を家に帰る時
涼しい風が吹いてくるとやっぱりこの匂いがしてた
帰りたいわけじゃないけど、懐かしいという言葉では片付けられない、ただただ切ない



スポンサードリンク

34: 修羅場ステーション 2018/07/05(木)20:57:23 ID:RQm
23の時に娘を産んだ。夫は3歳年上。
父親が娘に甘いのは仕方ないのかも知れないけど
私がしようとしている躾をことどこく邪魔する男だった。
例えば食事の間はちゃんとイスに座って食べましょう
イスの上に立ったりしてはいけません、みたいな当たり前のことや
お友達のおもちゃで遊びたい時は順番を守るか
貸してくださいってちゃんと言いましょう
貸してもらったらお礼を言いましょう、みたいなこと。
だけど夫は、まだ小さいんだから物事の善悪なんて分からないんだし
今は自由にのびのびさせようって人。
自由にのびのびは私も賛成だけど、それはそれ、これはこれ。
って感じで躾を巡っていつも衝突していた。
当然娘は甘い父親に懐き、私のことを睨むまでになった。

娘が小6の時、今度は万引きで捕まった。
初犯だからとお店の人が警察には届けずに済ませてくれたが
謝る時も帰路でもずっと仏頂面。
家に帰って娘を怒鳴りつけた。
が、娘は謝るどころかそっぽを向いて口笛を吹いたんだ。
それで思わず娘の頬を叩いた。
あの時は本当に心から娘に腹が立った。
娘はそのことを父親に告げ口し、女の子の顔を叩くとは何事かと
頬を何発も叩かれ倒れ込んだところを蹴りを入れられた。
十月十日大事に大事にお腹の中で育てて、自分で産んだ娘なのに
その日から全く可愛いと思えなくなった。
夫のことも信頼も愛情もなにもなくなって離婚を申し出た。親権も放棄した。
娘はパパとふたりの生活になることを喜び、憎しみの籠った目を向けてきた。
夫も私が居なくなることに何の感情もわかないようだった。
離婚手続きはスムーズに進んだ。



スポンサードリンク

このページのトップヘ