スポンサードリンク

2016年01月

先日、大学から新幹線へ乗って、自宅から近い駅へ降りると、後ろから見知らぬ男に声をかけられた。

そいつの見た目はちょっとガリガリな体格をしていて服装は長袖の白いTシャツに紫のジーンズをはいていて
顔はよくいる中年の男だった。

で、その男が俺に何の用かと思っていたら、

男「すいません、ちょっといいですか?」
俺「はい?」
男「ここから、○○駅の~」

俺(あ、旅行者の人か)

男「○○クリニックってとこまで行きたいんですけど~」

俺「○○クリニック?」(あれ?ホテルとかじゃねぇの?)


すると、男はえ~とと言い、近づいてきて紙のようなものを見せてきた。
だが、俺に見せた紙は地図ではなく診断書?のようなもだった。

男はその「診断書のような紙」を見せながら、
男「ちょっとね?この近くの駅まで行きたいんだよ~。でも俺お金持ってないから~
  ん~お願いしてもいいですか?」
俺「お金がないんですか?」
男「そーなんっすよね~」

貧食かよ・・・と思った俺はとっとと逃れたいために嘘を言った
俺「あ~今、お金ないんですよ~30円なら出せますけど・・・」
すると、男は急に白けた顔になり「そうですか、すいませんね」っと何処かへ行ってしまった。

俺もなんだアイツ・・・と思いつつその場を離れた。

後々、気づいたんだが男が近づいてきた時、腕に刺青があるのを見たんだ。
あれは威嚇だったのかな?

スポンサーリンク

このページのトップヘ