スポンサードリンク

360 : ともやめ1/3 2009/10/23(金) 19:52:54
思い出したともやめ 
こんなやつ世界に一人しかいないんじゃと思っていたんだが…まさか… 



Aとは幼稚園の頃出会ったんだが、行動がものすごく奇行だったため、 
地元でAを知らない人間はいないというくらいの有名なやつだった。
スポンサードリンク

41 : 名無しさん@HOME 2011/07/25(月) 22:42:18.57 0
自分も腐女子でついでにアメトイヲタ 
で兄嫁に迫害されてきたから気持ちはよくわかるなー 

ヲタク=怠け者でコミュ障と頭から決め付けられて、実家の私部屋をまだ生まれてもいないのに「子供部屋にするから!」と息巻いて掃除を始め、 
コレクション類はロクな梱包もせず私の一人暮らしの部屋に着払いで送ってきやがった
スポンサードリンク

621 : 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/30(金) 23:25:01
今まで色々な何かを食べてきたけど 
以前出されたエビフライが最強だった。 
極端な節約で料理では無くゴミを作る事にかけては天才的な嫁。 
極度の偏食で自分のおままごとで作り出したゴミは食べない。
スポンサードリンク

185 : おさかなくわえた名無しさん 2012/05/22(火) 23:57:03.42 ID:sqjCr5O/
自分が痴漢冤罪に会ったこと。 
ちなみに当方女。身長170超え、骨太で見た目は男。 
コンプレックスだけど気にしないようにしてた。 
友人たちはわかってるからそれがありがたかった。 
ある日満員電車に乗ってたら突然右手を捕まれて「痴漢!」と叫ばれた。
スポンサードリンク

881 : ◆wHDrULalGw 2013/02/07(木) 09:15:28
†甘イ快感ニ体ヲ預ケヨ† 
†幼キ理性ヲ本能デ解放セヨ† 
†汝、我ニ抱カレル女ナリ† 

ハッ!(汗) 
ごめんね! 
俺の中の悪い奴(ナイフと血が好きな龍、リュウ)が変なの打ってるみたい(>_<)! 
○○を狙ってるみたいだから気をつ †黙れ† 

†早ク来イ† 
†デナケレバ……ワカッテイルノカ?† 
†ククク…………† 

俺が○○の側に居れば龍は出てこないから! 
だからどこに居るか教えて!! 
あとチョコもほしぃな!
スポンサードリンク

698 : 名無しさん@HOME 2008/04/03(木) 12:16:38
コトメが離婚する事になった。弁護士をしている私の兄を紹介してくれと言ってきたが 
兄は離婚問題を扱う弁護士じゃなし、コトメの希望を叶えてやれる弁護士じゃないので断った 

「役にたたないわね!だからいつまでも子供できないのよ!」 
スポンサードリンク

188 : おさかなくわえた名無しさん 2009/06/16(火) 14:28:20 ID:rpXC8bZL
良いスレ発見! 

先月、大学時代の友人と夜中にドライブに行った。 
暗い道をビビりながら男二人で運転するのが好きで久しぶりにやることになった。 
いつも、「さっき、お地蔵さんあった」とか話しているだけなのだが友人が 
「おい女の子が泣いてないか?」なんていうから確認のために戻ってみた。
スポンサードリンク

579 : 名無しの心子知らず 2012/04/29(日) 06:09:04.53 ID:7oyTkXYg
流れ打ったきりですみません。 
プチ&初心者ですがカキコよろしいでしょうか? 

581 : 名無しの心子知らず 2012/04/29(日) 06:42:38.15 ID:QmDGVDfC
>>579 
どうぞ 

582 : 名無しの心子知らず 2012/04/29(日) 06:52:32.45 ID:7oyTkXYg
どうもです。 

当方ラーメン好きな26のOLです。 
先日趣味のラーメン屋巡りを一人でしていたときのお話。 

その日行ったラーメン屋は厨房の前にカウンター席があり 
カウンターの後ろにテーブル席が2つ並んでいる。
スポンサードリンク

241 : 名無しさん@HOME 2012/01/26(木) 20:39:39.34 0
ここで良いのかな? 

セクハラウトとそれを「スキンシップじゃない」と言ったトメに、旦那とDQ返しした。 
親戚一同が集まるお正月。私がトイレに行くといつものようにウトがついてきた。 
にっこり笑ってトイレ横にあるお風呂場へウトを誘う。脱衣所には、旦那弟嫁さんが待機中。 
え?となるウトの両手を二人掛かりでつかみ私は「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」と叫んだ。 
ギョッとするウトを無視して「止めてー止めて下さい!旦那くん!旦那くん助けてー!!イヤー!!」 
叫び声を聞いてリビングから飛び出してくる旦那。脱衣所のドアを開けようとするが鍵が!!(嘘)
スポンサードリンク

このページのトップヘ