スポンサードリンク

376: 修羅場ステーション 2017/07/05(水) 19:02:23.49 ID:rDBAbgym
勝手に貧乏シンママ扱いされて逆ギレされた・・・

今まで義実家に同居していたが、義両親が家を売ってホームに入ることとなり思い切って家を建てることに。
家が建つまでの間はアパートを借り両隣の入居者にも挨拶を済ませ平穏な日々を過ごすこと1週間、2部屋隣にキチはいた。

前提として私の旦那は4~5日の短期出張が頻繁にある。その日も旦那は出張中で、元気を持て余している2歳の娘と一緒に近くの公園に行こうと玄関をでると、キチとその娘に出くわした。
挨拶をして公園に向かうとキチも付いてくる。たまたま同じタイミングだったのかと思い、気にせず娘と砂場で遊んでいたらキチが話しかけてきた・・・「シンママって大変だよねー、お互いがんばろ!」と。
( ゚д゚)ハァ??←本当にこんな顔していたと思う。
しばらく唖然としていたが、きちんと結婚して旦那もいると伝えると「見栄はんなくて良いから~」とニヤニヤ。
意味がわからなくて黙っていると聞いてもないのにデパートの試食で節約だとか、あのスーパーはちょっと怒鳴れば商品おまけするだの怒涛のDQN自慢。関わってはいけない人種だと判断し、きっぱり結構ですと断りアパートへ逃げ帰りました

スポンサードリンク

171: 修羅場ステーション 2017/03/12(日) 04:12:01.59 0
まだ20世紀だった頃の話。胸糞注意

回覧板といわれて鍵あけたら知らん女がはいってきてスプレー(後で催涙スプレーと発覚)をプシュー
さらに女がとびかかってきてマウントとられて靴や靴べらでぼこぼこにされる
反撃しようとするも再びスプレーふきかけられ轟沈
同居の両親が異常に気づいて母親が110&119コール、様子をみにきた父親とついてったワンコ、スプレー攻撃くらう。ワンコは蹴りまでくらい死んだ
その後女は逃げたが放り出してったスプレーの購入履歴&指紋から足がついて逮捕

被害は自分が鼻の骨をおったりあちこち打撲したり腹部刺されてたりで全治半年、父親がスプレーくらったときに転倒して右足骨折、玄関の物多数ぶっ壊される

で、襲撃理由はなんと勘違い。女の彼氏が不倫してて、不倫相手の住所ゲット、殺してやる!→マンション一棟ずれて無関係のうちを襲撃、自分を彼女と間違えたとのこと
・・・・・・ちなみに自分、当時20台の「男」である。それも無精髭のはえたメタボ体型。あまりの嘘くささに警察が被害者のこっちまで疑い、それはそれで公安に苦情だすレベルでもめた
女は反省していたようだったが犬殺された恨みその他もあって被害届はとりさげず裁判に。が、初犯&同情の余地あり&計画性なしってことで執行猶予つきで一年ちょい
民事も介護離職して無職な自分と要介護者の父、そしてもう老犬だったワンコの被害ではあわせても7桁とどくかくらいしか請求できず、それも大幅に減額された。ぶっちゃけ弁護士費用と訴訟費用で赤字になったレベル

この間先方の女が死んだという報告があり、遺書に許してくれてありがとうと伝えて欲しいとあったそうな
許すなんて言った事もないし、むしろ最期まで勘違いで迷惑かけやがってつくづく腹立たしいので晒しがてら書き込み(俺が捕まらない範囲だがね)

スポンサードリンク

563: 修羅場ステーション 2017/12/15(金) 03:42:27.25 ID:m4weoXeH
流れ読まずに投下すみません。
ついさっきこんな真夜中なのにピンポンが鳴って起きた。
エントランスのチャイムじゃなくて、中に入って扉の前で押した時のピンポンで、何事?と思い覗き穴を覗いたら2つ隣のママさんだった。
お互い子が10歳女で、会えば軽くお話するくらいの仲で、トラブルでもあったのかと開けてしまった。本当に後悔。
ママ曰わく、うちの子の喘息が止まらないのどうにかして!と。
いや、私医療なんかに関わったことの無い扶養レジパートだから無理!救急車呼んで!って言ったんだけど、「旦那が病院勤めなら対応できるだろ、旦那を出せ!」と喚く喚く。
いやうちの旦那、確かに病院つと放射線技師

スポンサードリンク

302: 修羅場ステーション 2017/05/03(水) 20:07:38.62 ID:UnjQ9zL8
年度末に教室の備品をふざけて壊した生徒達がいた。
学校側はふざけていたことが原因なので、当事者達に反省文を書かせた上、罰として奉仕作業をさせた。
壊れた備品の弁償はそれぞれの保護者が折半するとクラスで説明していた。

いっこうに連絡がつかない家庭もあったが、連絡がついた家庭の保護者の中には
「うちの子だけが悪いわけじゃないんですよね?他の家庭は確実に負担されるんですか?」
「反省文と奉仕作業で子供は十分罰を受けたじゃないですか。その上支払いもさせるのは納得できません。」
と学校側に詰め寄ったそうだ。

卒業間際の時期とあってうやむやになり、結局弁償はなかったそう。
会計報告でクラス記念品予算から弁償されたことがわかり、親の間でひそひそ話題になった。
みんなの記念品がその件で節約され、正直後味悪かった。

罰を受けるのと弁償するのは別問題だと思う。
後で聞けば関わった生徒達、過去にも大なり小なり同じような問題を起こしていたとか。
問題行動を起こす子供だけでなく、その親のレベルもそれなりなのかと感じた一件だった。
モンスターって意外と身近にいるもんだね。

スポンサードリンク

47: 修羅場ステーション 2017/02/26(日) 00:54:16.51 0
彼氏とメールのやり取りしている時に違和感を感じて、次の日の夜マンションに行ってみた。
入口はオートロックだからそこから入らずに塀をよじ登って入って、彼氏の部屋のドアを開けたら
「おかえりー」って白衣もったお姉さんが出迎えてくれた時が修羅場だった。

スポンサードリンク

453: 修羅場ステーション 2017/09/11(月) 09:33:37.89 ID:0L7Z7Njh
我ながらテンプレだなーと思った出来事

あるイベントの入場者特典が何種類かランダムにくるグッズだった
開けて中を見ていたら子供連れのきれい目のママさんが近づいてきて、ものすごく丁寧に
「急にごめんなさいね。うちの子がすごくその色を欲しがっていて
申し訳ないのだけど、もし必要ないのでしたら
その色をうちの子にお譲りいただけないかしら?お願いできますか?」
と申し込んできた。丁寧だしトレードアイテムだし、私自身は特に希望の色もなかったので
「いいですよ。交換にしますか?一般価格でのお譲りでもいいですけど…」
まで言いかけたら、そのママが突然
「は?うちの子に『お譲りいただけないかしら?』って言ってんの解んないの?
『くれ』ってことだよ?無料でってことだよ?頭悪いの?ばーか!ばーか!」
とすごい早口で吐き捨てるとそのまま去っていった
言われた私は少し呆気にとられて立ち尽くしてしまったし
最初の擬態が怖いと思った

スポンサードリンク

42: 修羅場ステーション 2017/02/24(金) 22:55:12.69 0
もう15年も前の話だけど、DVされてた階下の女性が家に逃げ込んできて、DV旦那まで突撃してきたときがスレタイ。
こっちは、幼児抱えた妊婦だし、うちの旦那は帰ってきていないし、玄関先で髪引っ張るわ、蹴るわ、挙句に巻き込まれて背中をしこたま打つわで、本当に修羅場だった。
しゃがみこんで呆然としてたら、ちょうどうちの旦那が飛び込んできて、DV旦那にタックルして取り押さえてくれたから、ことなきを得たけど今でもたまに夢に見る。
次の異動先に、その土地も候補に入っていると聞いてドキドキしていたけれど、全く違うところに決まってくれて、ホッとしたので記念カキコ。

スポンサードリンク

409: 修羅場ステーション 2017/07/21(金) 19:25:49.13 ID:MFUZuDZo
アクセサリーを作ってクレクレされたので
自分でパーツ買って自分で作ってくれという遠回しな意思表示としてパーツの通販サイトを紹介して軽くあしらったんだが
「このストーンでこういう感じのピアスとイヤリング作って!」と1粒1万円するスワロフスキークリスタルのURLとメモ帳に描かれた図を添付したLINE送りつけられた。
ストーンは自分で購入してねと伝えると「何であんたの趣味にこっちがお金払わないといけないの?おかしくない?」と頭おかしい事を言われたのでまともに対応するだけ時間の無駄でした。
じゃあ自分でパーツ買って自分で作りな。○○の私利私欲の為に私が金払う筋合いもないわとLINEで送り返してブロックして電話も着信拒否した。どうせ連絡網の時だけだし。
自分がお金払うわけではないから高くて綺麗なストーン選んでやろうっていう卑しい魂胆がマジで気持ち悪い。
そもそも自分でパーツ買って自分で作るっていう発想は1ミリもないのか。
皆も電話番号で勝手にLINEに表示されたりしないように気を付けるんだよー

スポンサードリンク

593: 可愛い奥様 2017/11/01(水) 07:40:31.45 ID:8OJ1Y+E50
うちは子供に私の悪口吹き込まれたから親子で疎遠にしてるけど、それだって決定打にはなってない
言ってない、孫ちゃんが勝手に言ってるだけとか言われて終了
2歳児がお母さんが早く死んだらみんな喜ぶんだよ!とか言うかよ普通
女児がお母さん女の子しか産めないとかダメだねぇって言うかよ


夫も夫で、子供が勝手に言ってるだけでママンそんなこと言わない!冗談だよ!とか言ってるし
言ってないのか冗談とやらで言ってるのかどっちなんだよ
マジでクソ、とっとと消えて欲しい

スポンサードリンク

このページのトップヘ