スポンサードリンク

873 : 名無しさん@HOME 2013/06/11(火) 11:20:52.60 P
トメのイヤゲものや男梅にうんざりしたので、偽実家で微妙に古い鳥肉を 
食わされた時に、革ソファーにゲロぶちまけてやりました。 
嘔吐反応?が強いらしくて、舌の根元を指で抑えるとすぐゲロ吐けるので。 
嫁子「ゲェーッ…あれ、あの鳥肉かも…オゲェーーッ」
スポンサードリンク

111 : 名無しさん@HOME 2013/06/11(火) 16:15:10.66 0
父親が家に帰ってこなくなったのが小学校低学年の時。 
最初は「急なお仕事で…」って誤魔化されていたけれど、中学年になる頃にはよそに恋人作って出ていったんだって分かってた。 
母親のスタンスは一貫して「子供(俺)のためにも悪いところがあったら直しますから戻ってきてください」 
母が病気で倒れて、数年の闘病の後他界。 
そしたら待ってましたとばかり再婚して、彼女を連れて家に戻ってきた。 
「新しいお母さんよ、これからよろしくね」とニコニコ笑ってる継母。 
三人での生活が始まって数年後、親父がまたしても不倫した。
スポンサードリンク

56 : 名無しさん@おーぷん 2015/12/01(火)13:13:27 ID:4FN
旦那の会社、週休二日制9時〜17時半の会社のはずだが
結婚当初から週2日休んだことなど一度もなかった。
毎年10月ぐらいから5月ぐらいまで超繁忙期でその間は月に1日休めるかどうか。
朝は7時に家を出て帰ってくるのは0時前後。出張も多い。
“報酬”はきちんと貰ってたのでブラックと呼べるのかどうか分からない。
でも繁忙期はそんな感じだが、それ以外の時でも週2日休めるのは夏の間ぐらいで残業はすごく多かった。
スポンサードリンク

697 : 名無しさん@おーぷん 2016/07/26(火)05:46:31 ID:lKH
ポケモンGOをしていた人が階段の上から落ちたのを見た
階段の下にいた4〜5人を巻き込んでた
落ちたひとのスマホ画面がポケモンGOだった
スポンサードリンク

946 : 名無しさん@おーぷん 2015/06/16(火)11:51:32 ID:MeG
今年の正月に、某帝釈天に初詣に行った時の話。
今川焼屋があったから、買おうと思って。
私「カスタード下さい」
テキ屋の女(金髪でいかにもDQN)
「ちょっと待って」
なぜか全ての今川焼きを割って中身を確認するテキ屋女。
そして待たされること5分後
スポンサードリンク

339 : 報復スレからコピペ1/4 2012/05/22(火) 13:35:15.89 ID:VNkvkT7l0
報復、と言うほどのものではないけど、投下。 
うまくまとめられなかった。長文不可な方はスルー推奨。 
さすが低能ゆとりwwwと思って許してやってください。 

中学1年生の頃、私はある4人と特に仲が良かった。 
N、私=1組  R=2組  K、S=4組 
基本的には【N、R、私】 【K、S】 という感じに分離していて、 
雰囲気的には、2つのグループが組み合わさって仲良くやってる感じ。 

ある日突然、Nが私を仲間はずれにしてきた。
スポンサードリンク

619 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/05(日)21:44:06 ID:IHQ
他県に住む大学時代の友人がこちらに来るというので、今日の昼と夜の食事を予約しておいた。
そうしたら、予約の電話を横で聞いていた嫁が文句を言い出した。
夜の方の予約した店、鮨屋が気に入らないとヒスる。
元々友人と2人で行く予定だし、そこそこ高い店だけど自分の貯金から支払うし、漁港に近い地域で選ぶのに何らおかしいところはない。
それなのに、嫁は近くに漁港があるんだから回転寿司でも充分なはずだとヒスり続ける。
スポンサードリンク

761 : 1/3 2009/09/19(土) 14:57:03 ID:NruhMRgP
図々しくし過ぎて損した話し。 

家は田舎の土地持ちで、最近実家周辺が開けてきた。 
近所に住宅団地も出来たし、実家の築30数年の日本家屋を賃貸に出す事にして 
すぐ向かいに新築の家を建てて引っ越した。 
そこで不動産屋さんからの紹介で、ある家族が見に来たんだけど 
真向かいが大家と知ると、不動産屋が止めるのも聞かずに家に来て 
「どうせ賃貸に出すならこっちの家にしてくれ」と言ってきた。
スポンサードリンク

616 : 名無しさん@おーぷん 2014/12/06(土)23:01:44 ID:aTD
昨日の夜は会社の取引先の接待だった
とっても重要な接待で、先方の部長さんがクセモノ
誰がどんなに努力しても会話が弾まない
怒っているわけではないんだろうけど、
ずっと起こった表情で、一生懸命話しかけても「うむ」と返すだけ

男ばかりの営業部で、課長と部長に助けてくれと頼まれて
事務の私も参加した
スポンサードリンク

このページのトップヘ