スポンサードリンク

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:36:11.27 ID:C8aaZlff0
久しぶりに声をあげて泣いたよ
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:37:26.13 ID:lcJEMEMkO
何があった
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:39:25.84 ID:C8aaZlff0
>>2
街中で久しぶりにあった同級生のバックをひったくって
女がキャってなって振り向くと男がよっ!久しぶりっていうのあるじゃん
それをやったら警察沙汰になった
9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:41:16.27 ID:0imgn6n8O
>>5
それはないわ…
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:39:50.63 ID:ca68BOz1O
その時お前は主役だったはずだ
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/25(金) 09:40:49.58 ID:mX9V2lpM0
>>6
どう見ても脇役です
スポンサーリンク

753 : 名無しさん@おーぷん 2015/05/24(日)17:07:37 ID:L9H
やたらと顔に自信があって産まれてくる子供は美形で間違いない!と思ってたA男。子供が産まれる前は良き旦那さんとして評判だった。
奥さんも美人で優しく気遣いができて誰からも好かれるタイプ。
でも産まれてきた子供は一重瞼だった。A男も奥さんも二重瞼なのに。
スポンサーリンク

48 : 名無しさん@HOME 2010/10/03(日) 14:49:13
うちの長男嫁がそうなだけかもしれないけど…
去年、同じような感じで義兄子の運動会に呼ばれて行ってがんばって作った重箱弁当を食べ
「(うちの子供の運動会に呼んでね」と言われたので素直に呼んだ。
料理も同じくらい作らなきゃいけないんだろう、と実母に手伝って貰って前日から準備して6時起きで作って詰めた。
そしたら呼ばれてきた義兄嫁の顔がどんどん能面化して怖いことになった。
夫が義兄に聞き合わせてくれたんだけど、義兄嫁的には「自分と同等か超える弁当作ってきた」時点で宣戦布告と受取ったらしい…


52 : 名無しさん@HOME 2010/10/03(日) 15:18:49
>>48
げー…疲れる義兄嫁だね…。

子どもの頃から「役立つ子だから可愛い」「成績がいいから可愛い」って
条件付きの愛情しか親から貰ってない人が育つとそうなるって言うし
そんな歪んだ育ちの人には近づかないのが一番だ。


スポンサーリンク

193 : 本当にあった怖い名無し 2006/06/30(金) 17:34:08 ID:uoC/HSlxO
自分なりに恐かった事を書いてみようと思う。
もう4、5年は経ったし、何より関係者全員無事に生きてる。
恐い思いだけだったんだからいいやと思う反面、やっぱりあれは何だったのか不思議で仕方がない。
つたない文章だし、あやふやな表現もあるかもしれない。そこは勘弁してほしい。
本当に体験した出来事なのにいまいち自分の中で未消化なもので。

スポンサーリンク

362 : 愛とタヒの名無しさん 2010/08/19(木) 20:27:31
新郎の就職した会社が良く言えばアットホーム、悪く言えば公私混同DQNで
一番の新米でしかもお調子者系だった新郎は
職場ではいじられキャラだったらしい(俺は新郎友人)。

まあ職場のそれはいいとしても、
式&披露宴でも新郎を立てる気がないらしく
いつも通り?高砂まで行っていじったり小突いたりする同僚たち。
職場での立場を悪くしたくないからだろう、へらへらかわす新郎。
へらへらしてるのがまた気に入らないのか、のび太のくせに生意気だ的にさらにからむ同僚と上司。
スポンサーリンク

560 : 名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)00:36:01 ID:???
友達だと思っていた奴等にされたドッキリが衝撃的だった。

俺と友人4人は高校からの付き合い。
所謂カースト下位のグループで高校時代はみんなモテなかった。
でも4人は有名大に進学したこともあり彼女が出来、彼女がいないのは俺だけになった。
スポンサーリンク

168 : 名無しさん@おーぷん 2014/12/29(月)17:13:57 ID:eS0
高校の時の部活の修羅場。

部活に最悪な先輩がいた。
そいつはやたらと女の子に馴れ馴れしい不潔な油デブで、部活中にも平気で下ネタ言ったり、女子部員にセクハラ発言したりと色々最悪なやつだった。
顧問も手を焼いていて、部員全員そいつが嫌いだったが、大きな出来事が在るわけでもなく中々問題に出来なかった。

ある日、そいつが部活で一番おとなしい女の子の胸を触ろうとした。
スポンサーリンク

昔、車で帰宅途中の出来事。

買い物帰りで高速道路を走行中、どこからか「ニャーニャーニャー」と子猫の声が聞こえた。
何度か周りを見渡しても「ニャーニャー」と子猫の声は聞こえるが姿が見えない。
気のせいかな…疲れてるのかも?と車を走らしていると、

突然前の車の下から子猫が落ちてきた!!

慌てて車を止め、直ぐに猫を捕獲したものの
高速のど真ん中で野放しにしとく訳にもいかず、我が家まで連れて帰ることに。

今思えばかなり危ない行為だった…。後ろに車が居なかったのが幸い…

その後、子猫は我が家に受け入れることにして、今ではデブ猫になるほど家族に愛されています(笑)
スポンサーリンク

先日、大学から新幹線へ乗って、自宅から近い駅へ降りると、後ろから見知らぬ男に声をかけられた。

そいつの見た目はちょっとガリガリな体格をしていて服装は長袖の白いTシャツに紫のジーンズをはいていて
顔はよくいる中年の男だった。

で、その男が俺に何の用かと思っていたら、

男「すいません、ちょっといいですか?」
俺「はい?」
男「ここから、○○駅の~」

俺(あ、旅行者の人か)

男「○○クリニックってとこまで行きたいんですけど~」

俺「○○クリニック?」(あれ?ホテルとかじゃねぇの?)


すると、男はえ~とと言い、近づいてきて紙のようなものを見せてきた。
だが、俺に見せた紙は地図ではなく診断書?のようなもだった。

男はその「診断書のような紙」を見せながら、
男「ちょっとね?この近くの駅まで行きたいんだよ~。でも俺お金持ってないから~
  ん~お願いしてもいいですか?」
俺「お金がないんですか?」
男「そーなんっすよね~」

貧食かよ・・・と思った俺はとっとと逃れたいために嘘を言った
俺「あ~今、お金ないんですよ~30円なら出せますけど・・・」
すると、男は急に白けた顔になり「そうですか、すいませんね」っと何処かへ行ってしまった。

俺もなんだアイツ・・・と思いつつその場を離れた。

後々、気づいたんだが男が近づいてきた時、腕に刺青があるのを見たんだ。
あれは威嚇だったのかな?

スポンサーリンク

このページのトップヘ